楠ジャンクションで本番前の下撮りをする

建物(Architecture)
楠ジャンクション

OLYMPUS E-M5 + OLYMPUS 9-18mm



 黒川ジャンクションでの撮影が面白かったので他のジャンクションも撮りたいと思った。清洲ジャンクションはとっておきなので取っておくことにして、それに次ぐ存在として目をつけたのが楠ジャンクションだった。
 ジャンクション撮影は夜というのがお決まりではあるのだけど、中小田井へ行ったときの帰りにちょうど通りかかったので、本番前にロケハンを兼ねて下撮りをすることにした。
 しかし、楠ジャンクション、なかなかに手強い。これは攻略が難しいと見た。黒川ジャンクションのように定番ポイントが定まっておらず、撮れる場所がたくさんありすぎてどこから撮ったら一番いいのかが分からない。このときは時間もあまりなくて30分くらいで切り上げたのだけど、一回や二回ではとても撮りきれないと感じた。このとき撮ったのは北側エリアだけで、南側エリアはまた全然違った表情を見せてくれるのではないだろうか。
 とりあえず明るさが残る時間帯にある程度状況を把握することができたのは収穫だった。次回の本番につなげたい。
 それにしても、一般道とぐるぐる回っている歩道橋の関係性が把握できなかった。302号線沿いを東に向かって帰らなくてはいけないのに、歩道橋を渡って走り出したら41号線を北に向かっていた。全然方角が違ってしまっていた。その後も歩道を通って302号線に復帰することができず、仕方なく41号線を南下する道を辿った。撮影の攻略と同時に一般道の帰り道も攻略する必要がある。



楠ジャンクション2




楠ジャンクション3




楠ジャンクション4




楠ジャンクション5




楠ジャンクション6

 撮るのは難しいけど被写体としての魅力や可能性は感じた。次は三脚でしっかり撮りたい。
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • No title
    2016/11/20 21:28
    >清洲ジャンクションはとっておきなので取っておくことにして、

    あそこは、まさしくとっておきですね。写真、期待してます。
  • 清洲ジャンクション
    2016/11/20 23:11
    >keiichi_wさん

     こんにちは。
     keiichi_wさんも清洲ジャンクションご存じなんですね。
     あそこはふらっと行ってパパッと撮って終わりというわけにはいかないから、しっかり準備を整えて出向かなければと思ってます。
     本当は空撮したいんですよねぇ。夜の清洲ジャンクションを空から見たらいいだろうなぁ。
コメント投稿

トラックバック