300年の歴史と物語に思いを馳せながらいただいた赤福 2006年11月14日(火)

食べ物(Food)
伊勢の名物赤福

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f2.8, 1/80s(絞り優先)



 赤福を目にしたとたん頭の中で、♪伊勢~の名物~ 赤福持ちはええゃないか♪というCM曲が流れ出す私は、三重県生まれの名古屋育ち。子供の頃からさんざん聞かされて、もはや忘れることが不可能なほどこびりついてしまっている。
 三重県生まれとして赤福の存在というのはちょっと心強い。全国に誇れるみやげがあるという安心感のようなものがある。逆に言うと、これしかないので迷いようがない。名古屋だと、ういろうは人によって好き嫌いが分かれるし、それをはずすと全国区のみやげ物というは意外と少なくて困ることがある。食べ物は多くても持ち帰ったり贈ったりするものというとパッと出てこない。「なごやん」あたりになるのだろうか。個人的には青柳の「かえるまんじゅう」が好きだ。
 赤福ファンは全国に多い。どこででも買えるわけではないというのも、贈って喜ばれる理由だろう。昔は伊勢にまで行かないと買えなかった。今ではかなりあちこちで買えるようになったとはいうものの、東は名古屋まで、西は神戸までで、それより東西の地区では買うことができない。中部地区の人間は、こんなものどこでも買えると思っているかもしれないけど、そうじゃないのだ。
 けど、ホントにあちこちで目にするようになった。JR線の駅、近鉄の駅、百貨店、空港、サービスエリアでさえ売っている。東京でも売ればもっと売上げは伸びるに違いないけど、それをしないのは正解だ。東京で買えるようになってしまえば、おみやげものとしての価値を失う。
 年間の売上げは、104億円。これは全国のおみやげでダントツの1位だ。2位の北海道・六花亭の「マルセイユバターサンド」でさえ75億円なのだから。その後は「白い恋人」の70億が続く。三重県のようなローカル地区のおみやげとしてこれは立派だ。やはりお伊勢さんの威光というものも多分にあるのだろう。

 創業は江戸時代の1707年。遠く全国からお伊勢参りに訪れる参拝客のために、伊勢神宮内宮の五十鈴川(いすずがわ)のほとりで餅屋を開いたのが赤福の始まりだ。
 当初は、みやげ物というよりもファーストフード的な存在だったのだろう。すぐに食べられて腹持ちがよく、疲れた体に甘いものは染みたに違いない。テイクアウトして帰り道で食べることもできる。評判を聞きつけた旅人で賑わうようになり、まわりにはそれにあやかってたくさんの餅屋ができたという。
 時は流れて戦時中。赤福の原材料である小豆、もち米、砂糖はすべて統制品指定になり、まったく作れなくなってしまう。戦争って本当に不便なものだ。思いがけないところでいろんなしわ寄せがある。ようやく戦争が終わったものの、相変わらず材料は揃わない。出回っているのは闇市だけだ。そのとき、赤福はぐっとこらえた。江戸時代から続く老舗の意地もあっただろうし、お伊勢さんで商売させていただいてるという思いもあったはずだ。正装堂々と商売ができるようになるまでは赤福作りが再開されることはなかった。
 ようやく原料が入手できるようになったのは、昭和24年のことだった。その頃までには類似の店が14軒も出ていたという。しかし、そこは老舗の力。再び元祖お伊勢名物としての地位を取り戻すのに時間はかからなかった。
 会社としての設立は昭和29年(1954年)。赤福というのは、なかなか志のある立派な会社で、商売気だけに走ってないあたりに好感が持てる。
 平成5年。江戸時代の伊勢の街並みを再現したオープンセット「おかげ横丁」も、当初は儲け目的ではなかったという。シャレで作るには費用が莫大すぎる。しかし、レジャーランドのようにしなかったのがよかったのだろう、これは大成功だった。今では年間250万人以上が訪れるそうだ。なにしろこれが出来る前の昭和50年代、このあたりはかなり寂れていたという話を聞いた。ある日、店の店員があまりにもヒマなんで店の前を通る人数を数えてみたら10人だった、というエピソードがあるほどだ。
 おかげ横丁というのは、江戸時代、お伊勢参りのことを「おかげ参り」と呼んだところから来ている。当時の日本国民の2割が伊勢神宮を訪れたというからすごいことだ。昔は交通機関もないから歩いて行った2割ということだから。

 赤福の名前は「赤心慶福(せきしんけいふく)」から来ている。まごころ(赤心)を尽くすことで素直に人の幸せを喜ぶ(慶福)ことができる、という意味だ。赤福という文字も、あかふくという響きも、なんとなくめでたいような幸福感があるいい名前だ。ちなみに、CMのキャラクターは赤太郎という。アカ太郎って、2週間くらい風呂に入ってないやつみたいだな。
 使っている材料は、嘘はホントか(本当だと思うけど)、もち米と小豆と砂糖の3つだけだという。もちろん材料は厳選している。小豆は北海道十勝平野の音更(おとふけ)産のものを、もち米は北海道名寄(なよろ)産と佐賀県のものを、水は五十鈴川の地下水をそれぞれ使用しているそうだ。砂糖は昔、安価な黒砂糖を使っていて、明治44年に明治天皇の昭憲皇太后が赤福が食べたいと言ったとき初めて使って、それ以来白砂糖になったんだとか。
 しかし、原材料が分かっているから自分の家でも作れるかといえば、赤福はそう甘いものではない。作り方自体は単純だ。もち米と砂糖と水を混ぜて蒸して、小豆を水で炊いて砂糖を加えてつぶすだけだ。なのだけど、作った人によると、どうにも餅のやわらかさも餡のなめらかさも再現できないんだそうだ。単純なものだけに絶妙のさじ加減が必要なのだろう。私も機会があったら一度作ってみたいと思う。

 お伊勢さんでは昔から毎月ついたちの日に、神宮を参拝する風習があり(朔日参り)、その参拝者のためについたち限定の「朔日餅(ついたちもち)」が売り出される。赤福本店でも1978年に売り出すようになり、今ではすっかり名物として定着している(四日市市、名古屋市、大阪市、神戸市の百貨店内の直営店でも予約販売されている)。
 みんなこの日は気合いがすごい。朝っぱらの4時45分からの発売に長蛇の列を作る。最近はあまりにも過熱してしまったので整理券を3時30分から配るようになったのだけど、今度はその整理券をもらうのに行列ができてしまう。次はその整理券をもらうための整理券が必要なんじゃないのか。
 2月・立春大吉餅、3月・よもぎ餅、4月・さくら餅、5月・かしわ餅、6月・麦て餅、7月・竹流し、8月・八朔粟餅、9月・萩の餅、10月・栗餅、11月・えびす餅、12月・雪餅、(1月はなし)。こうして見てみると確かに魅惑的なラインナップだ。とりあえず全種類食べるために、おかげ横丁で1年間働いてみようかなんて考えてしまいがちだ。いや、それより名古屋で予約して買えばいいのでは?
 これ以外にも、夏期限定の「あかふく氷」と、冬期限定の「あかふくぜんざい」は、本店へ行かないと食べることができない。このふたつもぜひ食べてみたいところだ。
 赤福はなんといっても、おかげ横丁の本店で、五十鈴川の流れを見ながらできたてを食べるのが一番美味しい。気分の問題だけではなく、赤福は基本的に作った当日かその次の日には食べ切らなくてはいけなくて、それはできたとたんに餅が固くなり始めるからだ。なので、できたてホヤホヤに勝るものはない。ほうじ茶と3個セットで280円は良心的だ。
 日頃何気なくもらったり食べたりしている赤福にはこんなドラマや歴史があったのだ。好物の欄に堂々と「赤福餅」と書いてしまう香里奈でも、このことは知らなかっただろう。一度にひと箱でも食べられるという香里奈さん、大丈夫だろうかと心配になるのを通り越して、それは人としてどうなんだと思う。それが「私の生きる道」と言われれば返す言葉はないのだけど。東京暮らしでしばらく赤福を食べてないかもしれない香里奈さんに、ぜひ赤福を送ってあげたい。そのときはやっぱり、20個入り1,700円の一番大きいやつにしないといけないんだろうな。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • おはようございます(^▽^)/
    2006/11/15 08:32
    この前、名古屋に行った時、お土産に赤福買っちった。
    あと、子供達には、天むすと味噌カツ♪

    あ、思い出した!!
    伊勢神宮にも参拝したことありますよ。
    五十鈴川のほとりで記念撮影をパチリ!
    ん~若かりし頃の素敵な思い出です(*/∇\*)キャ

    オオタさんのブログは内容が豊富でええわ~v-411
  • 赤福
    2006/11/15 22:32
    v-353.....ヾ( 〃∇〃)ツ キャーーーッ♪
    勿論大好きですぅぅぅぅぅぅ
    くどそうに見えますが、あっと言う間に1箱終わっちゃうよね(笑)
    食べたくなってきました(><)

    お伊勢さんって、3回行くと大人になれるって話知ってます?
    私はまだ2回しか行った事ないんだ~
    だから、大人になりきれない精神でいるのね[壁]ノ_・。)

    それから・・・
    >江戸時代の伊勢の街並みを再現したオープンセット「おけげ横丁」

      「おかげ横丁」ですから(笑)

    追伸 伊勢うどんも食べたいです(><)
  • 伊勢検定
    2006/11/16 00:43
    オオタさん

    赤福は一人で一箱食べたことあります。
    おかげ横丁では赤福でお抹茶と御餅を頂いて、てこね寿司を食べる。
    ちなみに神宮横の五十鈴川で泳いだ事もあります。
    どうですか?この伊勢度の高さ。伊勢検定があれば準一級くらいかな
    いや、外宮から内宮さんにくまなくお参りしていないし、ついたち餅朝から
    並んで食べないから二級くらいでしょうか。初詣も近くのお寺だし、自分が思うより
    初心者かも、という気がして参りました。月読宮好きだけど。
    何度行ってもお伊勢さんはあの橋を渡ったところくらいから空気が違っていて
    穢れた自分も禊払いしていただけるような気がいたします。
    犬のうんこを踏んでも「ありがとう」と雅な気分でいえてしまうような高雅な畏空間。
    帰りの橋を渡る頃には世界平和と、すべての人の心の平安を水晶のような心で
    願ったりしてます。お土産の麩菓子と虎屋の羊羹は忘れぬけれど。

    信じようと信じまいとー
    お伊勢参りすると必ず知り合いに会います。
    名古屋では会わないのに。ちなみに三重県民ではありません。
  • お伊勢参りに行きたくなった
    2006/11/16 02:37
    ★miyuさん

     こんにちは。
     この前の名古屋は突然の訪問でしたね。
     急に予定変更してセントレアに降り立った中村獅童みたいに。
     miyuさんが来る日が分かっていたら、名古屋駅のホームで遠くから手を振ったのに(それだけか?)。

     赤福買いましたか。そういえば、miyuさんのところまで売ってないですもんね。
     あとは天むすと味噌カツか。そういえばこれって最近食べてないな。
     蓬莱軒のお持ち帰り用のひつまぶし弁当があるの知ってました? 高島屋の地下だったかな。

     伊勢神宮にも行ったことありましたか。
     私はもうずいぶん行ってなくて、一番最近でいうと、三重県の海へ行った帰りに、何故か気づいたら外宮の駐車場にいました。ここはどこ? って感じで。(^^;
     なんか伊勢神宮行きたくなってきました。近くて遠いお伊勢さん。
  • 早く人間になりたい
    2006/11/16 02:43
    ★もこさん

     こんにちは。
     当然、もこさんは赤福好きでしょう(笑)。
     あっという間にひと箱終わってしまいますか! あはは。
     すごいなぁ。私は3個も食べたら胸やけしそうです。(^^;
     たまに食べると美味しいけど、毎日はきついな。

     お伊勢さんに3回行くと大人になるなんてのは、まったく聞いたことなかったです。
     へー、そんな話があるんですね。もしかして、有名?
     私も、物心ついてからは3回は行ってないから、だから大人になれてないんだ。納得(納得してどうする)。
     じゃあ、早いところ行かないといけないですね。腰が曲がってしまう前に。

     それにしても、もこさんに突っ込まれてしまうとは油断してました(笑)。
     ですから! って、久しぶりにギター侍を思い出した。
     ツッコミのお礼に、今度伊勢うどんと赤福を送りましょう。
  • 白装束を着て五十鈴川でバタフライ
    2006/11/16 03:04
    ★magnoliaさん

     こんにちは。
     magnoliaさんも赤福ひと箱食べたことあるんですか。意外と世間ではそういう人が多いのか!?
     いや、やっぱり少数派だと思う。

     それにしても、お伊勢さんのベテランさんじゃないですか。
     なにより五十鈴川で泳いだってのがすごい。それは孫の代まで自慢できます。
     もしかして、赤福本店のみんなが食べてるところで泳いだりしてませんよね? もしそうだったら、私尊敬します。できたら、バタフライをリクエストしたい。白装束で。
     三重テレビのニュースを楽しみにしてます。

     お伊勢さんに行くと知り合いに会うというのは、なるほどあるかもしれませんね。
     何しろお伊勢さんですからね、それくらいのパワーがあっても不思議じゃない。
     今度行ったら、ばったり私と出会うかもしれませんね。ちょうどそのとき、五十鈴川でmagnoliaさんが泳いでるところだといいな。私が行く日を知らせますので、スタンバイしておいてくださいね。
     犬のフンを投げつけてもニッコリ微笑んでください。

     伊勢検定に通るには、三重弁にも通じてなければなりません。
     めっちゃごうわくのぉ、って分かりますか?
     みじゃける、とか、おいでる、とか。
  • 2006/11/16 03:35
    こんばんは、ま・・ま、まぁ、お久しぶりですこと。(笑)
    赤福の匂いにつられて、ちょっと浮上。

    赤福、私も大好きです。(^^)

    「伊勢だより」の話が全然出てこなかったのは、なぜ?
    今はもう入ってないのかしらん?
    って思ったら、ちゃんと続いているじゃん。
         ↓
    http://www.akafuku.com/f_365.htm

    子供の頃から、ファンだったんですよ、「伊勢だより」。
    (渋すぎる子供・・・)
    永谷園のお茶漬け海苔に入っていた東海道53次カードみたいに
    昔、全部欲しいと真剣に思っていました。
    でも、買うのが、毎年8月15日前後なので、いつも同じカード。
    ガックリしながら、赤福をほおばった夏のほろ苦い(?)思い出です。

    今は、東京でも買えるんですよ。
    デパートの三重の物産展とかチェックして、たまに買ってます。

    では、では・・・
  • 赤福に釣られる人々
    2006/11/17 02:29
    ★maoさん

     こんにちは。
     お久しぶりです。です?

     maoさんも赤福に釣られてきましたか。さすが赤福、300年パワーですね。
     伊勢だより、そーなんですよねぇ。(^^;
     実は私、あれよく分かってなかったんですよ。調べてるときに店長さん(?)が手書きしてる紙が入っていて、それが毎日違うってのを初めて知ったんだけど、それまで意識したことがなかったんで、いまひとつ確信が持てなかったのでした。
     で、登場しなかったというわけです。入ってたのが、弓道の話だったんで、これって赤福に関係ないなと思ったってのもあって。

     永谷園の東海道五十三次も楽しみでしたねー。
     あれのセットを持ってたはずなのに、どこへやってしまったんだろう。ああいうものは捨てないから、どこかにあると思うんだけど。
     私はビックリマンチョコのシールをたくさん集めてました。チョコを食べきれずに捨てるくらいに。(^^;

     赤福は最近いろんなところで買えるようになりましたね。
     でも、東京はまだ物産展とか特別なときだけですよね? 東京駅のキヨスクなんかで常時売るようになったら、赤福も変わってしまうんじゃないかな。
  • お伊勢さんで会いましょう
    2006/11/18 01:48
    オオタさん

    ジムのプールで優雅にゆったりとノーブルな水着でクロールしていると
    いきなり土用波が襲ってきて、鳴門海峡の渦に巻き込まれ鼻から思い切り
    水を吸い込み溺死しかけた事があります。
    何が起こったのか良く分からず波にさらわれないようコースロープにしがみ付き、
    周りを見回したら波がプールサイドに打ち上げていました。ここは海か?
    前方を見ると、アザラシがバタフライで泳いで行くのが見えました。
    正確には体重0.1tはあろうかと思われるご婦人がものすごい波しぶきをあげて
    泳いでおられました。大きなタンカーが通り過ぎる時、小さな小船は転覆するくらいの
    引き波に煽られるのと原理は同じようです。どんな所に危険は待ち受けているか
    分からないものです。このときの教訓
    デブはバタフライ禁止。
    私が泳いでいたのは裏の駐車場下のちょっとしたジモティスポット
    飛び込む岩や浅瀬、深みもあって結構みんな泳いでいましたよ。
    年に数人溺れるらしいけど。

    伊勢の人は語尾に「さー」をつける技しか知りません。
    物凄く意地悪い事を言われていても優しく聴こえるので油断ならんと
    思っていますが何でも良いように取るようにしています。
    「めっちゃごうわくのぉ」は
    「富士山は日本で一番高い山です」でFA?


  • 驚きのなにな!?
    2006/11/18 03:46
    ★magnoliaさん

     こんばんは。
     私も高校の授業のバタフライで溺れかけたことはあったけど、あれは自爆でした。
     私のバタフライでmagnoliaさんが溺れることはないので安心してくださいね。私は水に浮かないほど脂肪がないので。

     それにしても、日常のどこに落とし穴があるか分かったもんじゃないですね。私も気をつけなくてはなるまいな。
     神社で神隠しに遭うかもしれないし。

     五十鈴川にも泳げるスポットがあるんですね。浅瀬で白装束のmagnoliaさんがバシャバシャしてるところを激写したかった。
     私は田舎の櫛田川で子供の頃ちょこっとだけ泳いでました。でも川は怖いんですよね。水が巻いていて。
     流れに乗ると気持ちがいいくらい速く泳げるから面白いんだけど。

     三重弁は、そうそう、さーが基本です。卓球の福原愛のサー! とは違います。
     昨日行ったんさー、とかね。
     ほにさー、とか。
     驚きの言葉は、なにな!? です。山・谷・山みたいな発音で。
     ごぉわくは、三重県でも東の方の言葉かもしれない。たぶん、業を煮やすから来てると思うんだけど、三重県人は頻繁に使います。腹が立つって意味で。
     名古屋弁の「机つる」も全国では通じないんですよね。でら、えらい、も。
コメント投稿

トラックバック
  • »
  • »
  • »
  • 300年の歴史と物語に思いを馳せながらいただいた赤福 2006年11月14日(火)