誰ですか、バナナの天ぷらが美味しいって言ったのは 2006年11月5日(日)

料理(Cooking)
メイン食材はバナナサンデー

PENTAX istDS+Super Takumar 50mm(f1.4), f3.5, 1/30s(絞り優先)



 今日のサンデー料理のメイン食材は、バナナだった。いや、ホントに。これが今日のすべてといってもよかった。
 オレはバナナの天ぷらを食うんだという固い決意の元、始まったサンデー料理。その結論は、やっぱり、バナナの天ぷらはダメだこりゃ、だった。とにかく恐ろしく甘い。火を入れたバナナは、火を入れないバナナに比べて当社比3倍となってしまうのだった。おやつとしてはいけるかもしれないけど、おかずとして食べるには他のものとのバランスがあまりにも悪すぎる。一部ちまたではバナナの天ぷらは美味しいという説があったのだけど、あれは風説の流布に抵触すると思う。それとも、使ったバナナが間違いだったのだろうか。外国には食用バナナがあるから、あれを使えばバナナの天ぷらも美味なのかもしれない。
 とはいうものの、貴重な体験ができたという満足感は残った。今思い返してみると、あの甘みもあれはあれでいいのかもしれないと思えてきた。予想を超える甘みに面食らってしまって冷静な判断を欠いたきらいがある。その答えは、ぜひ各自で確かめて欲しい。もしくは、だまって家族に出してみるという手もある。テレビに気を取られながら何気なく天ぷらを口に運んだら予想しない味の広がりにダンナさんは思わず叫び声を上げるだろうか。なんじゃこりゃぁ! と。
 調理法はいたって簡単。皮をむいて薄めの輪切りにして、小麦粉をつけて揚げるだけだ。特に工夫の余地もない。ソースはお好みなのだけど、私はカレー味のタルタルソースでいってみた。が、少々のカレー味など吹き飛ばしてしまうほどのパワーは、日米野球の日本人ピッチャーの球をいともたやすく弾き返すメジャーのバッター並み。カレールーでも太刀打ちできないだろう。本来甘さは美味しさに直結するはずなのに、なんとかこの甘みを打ち消そうとする無駄な努力。太宰治は、「甲斐なき努力の美しさ」と言ったけど、太宰さん、これはいけませんよ。あらゆる食べ物に味の素を振りかけていた太宰治でさえバナナの天ぷらからは逃げ出すに違いない。

 天ぷらというか素揚げというか、他の具材はジャガイモとカボチャ。
 少し下茹でをしたあと、レンジで水分を飛ばして、小麦粉をつけて揚げた。ソースは、マヨネーズベースに、タマネギ、パセリ、からししょう油、ヨーグルト、黒コショウ、牛乳、カレー粉などを混ぜたもの。
 手前のは、ナスとトマトとタマネギの挟みチーズがけ。
 オリーブオイル、バター、コンソメの素で、ナスとトマトを焼いて、重ねた後とろけるチーズを乗せてトースターで5分ほど焼きを入れれば出来上がり。
 右奥は、白身とエビの和風ハンバーグ風。
 白身魚、エビ、タマネギを刻んで、卵黄とカタクリ粉、パン粉で混ぜたら、あとはフライパンで焼くだけ。
 ブロッコリーはゆがいて、たれは和風だれ(しょう油、酒、みりん)にカタクリ粉でとろみをつける。

 今回ちょっとバナナに気持ちの比重がかかりすぎていたのだけど、完成したものを見たら、中途半端ながら図画工作的になっていることに気づいた。実は魚ハンバーグも、星形の型で焼いたのだった。そんな風には見えてないけど。これをもっと追求していけば顔とかアニメくらいなら描けそうだ。更に彩りも増やして。
 天ぷらの方にも今後のヒントがあった。色とりどりの野菜を様々な形に切って、モザイク画みたいにできるんじゃないか。調理すると型くずれするから細かいものは無理にしても、デザインさえちゃんと考えれば何かが描けるはずだ。できれば来週やってみたい。来週、私は山下清にな、なるんだな。そのときはちょっと寒くてもランニングシャツと半ズボンに着替えなくてはなるまいな。お、お、おむすびも欲しいんだな。
 味の方はバナナさえ除外すれば申し分なかった。充分日常の食卓において不満のないレベルだ。気づけば私の料理も学食や社員食堂は追い越した。先週でちょっと味にも目覚めて自信も出てきたから、もういつでも人に食べてもらえると思う。オオタさん、料理するんですか? うん、するよ。けっこう美味しいよ。とさりげなく答えられる私になった。ホントかなぁなどとイジワルなことを言う人にはバナナの天ぷらを出す。そして黙らせる。ぜひ一度食べてみたいですぅー、などと優しいことを言ってくれる人には、これなら大丈夫と思える5品くらいの中から3品を作って出してあげたい。
 今後もまだまだレパートリーを増やしていきつつ、あらたな食材にも挑戦していこうと思っている。バナナがダメだったからといって甘いものや果物が全部使えないと決まったわけではない。とりあえずいろんなものを天ぷらにしてみるというのもいいかもしれない。果物総天ぷら化作戦。中には意表をつく美味しさをかもしだすフルーツがあるかもしれない。キウイとかはどうだろう。マスカットの天ぷらなんかは形が面白そうだし、リンゴの酸味がどうなるかにも興味がある。同時につけるたれの研究もしないといけないだろう。料理は味の追求だけじゃない。
 誰のために私が料理を作るかと訊ねることはない。それはあなたのためなのだから。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 美味しそうですぅ~
    2006/11/06 13:12
    美味しそうなだけでなくて、綺麗だしw
    よく読めば、バナナ・・・・・バナナ????
    バナナをお料理になんて考えてしまったオオタさんを尊敬いたします(笑)
    手前のへにゃへにゃ~ってのがバナナさんなのかな・・・
    怖いもの見たさで、ちびっと食べてみたい気もしますが(≧m≦)ぷっ!

    >ナスとトマトとタマネギの挟みチーズがけ
     は私も挑戦できそうだし、食べてみたいので、これは一丁頑張りますか(笑)
     もし、完成できる日がきましたら、UPさせて頂きますので、
     採点にいらいてくださいね^^
     今日のレシピをコピーさせて頂きます^^

    来週は山下清になるのねーー!!
    たのしみにしてます・・・まさか『おにぎり』じゃないよね?w(≧m≦)ぷっ!


    それから、リンクを貼らせて頂こうと思いますが、どうでしょうか。
    一応貼らせて頂きますので、もしヾ(≧へ≦)〃ヤメテェッだったら、即撤去致しますので、お知らせください^^
  • おむすびを持ってきてください
    2006/11/07 03:55
    ★もこさん

     こんにちは。
     もこさんは日頃高くて美味しいものを食べ慣れてなさそうだから(笑)、私の料理でも美味しいと思ってくれるかもしれない。
     日曜日の夕方、私のうちを探し当てたら食べさせてあげましょう!(^^)
     来週はねらい目ですよ。何しろ山下清ですから。おむすびを手みやげにやって来てください。

     バナナはちょっといけませんでした。
     美味しかったら、とっくに誰かが気づいて一般的な料理になってますよね(笑)。
     ただ、このままでは終われないって気持ちもあって、また挑戦したいとは思ってます。天ぷらがいけなかったのかも。焼きバナナはどうだろう。表面に焼きを入れて、中は半生って、それも気持ち悪そうだなぁ。(^^;

     もこさんもまた作ったらブログで紹介してくださいね。
     なんだかんだ言いつつ、けっこう美味しそうなの作ってるんですよね。はは。

     リンク、どうもありがとうございます。
     私の方も貼らせてもらいました。
     また明日にでも挨拶に伺いますので。
     よろしくお願いします。(^^)
  • オオタさん・・・
    2006/11/08 15:51
    >ナスとトマトとタマネギの挟みチーズがけ。
     オリーブオイル、バター、コンソメの素で、ナスとトマトを焼いて、重ねた後とろける  チーズを乗せてトースターで5分ほど焼きを入れれば出来上がり。

    真ん中のタマネギはどうしたらいいの?
    塩コショウで炒めるくらいでいいのかなぁ

    マジでやります!!
    もこさん頑張らせて頂きますペコリ(o_ _)o))
  • オレ流なんだけど
    2006/11/09 03:11
    ★もこさん

     これはレシピを見て作ったんじゃなくて自分で考えて適当に作ったんで、正確な作り方は分からないのだけど、たぶん、別々に焼いた方がうまくいくと思う。
     まずタマネギを焼いて、塩コショウして、取り出して、次にナスを焼いて、塩コショウ、コンソメと少し水を入れて蒸し焼きみたいにして、ナスを取り出してからトマトを入れて、軽く焼きを入れるくらいして、あとは重ねてチーズをかけてオーブンでチーズが溶けるまで。
     パン粉をまぶしてもいいかもしれない。
     あと、チーズを外国産の美味しいやつにすると更に美味しくなる可能性大です。
     そんなわけで、ぜひ作ってみてくださいねー。(^^)
コメント投稿

トラックバック
  • »
  • »
  • »
  • 誰ですか、バナナの天ぷらが美味しいって言ったのは 2006年11月5日(日)