四間道散策 <4> 浅間神社編 - 現身日和 【うつせみびより】

四間道散策 <4> 浅間神社編

四間道4-1

OLYMPUS E-M5 + Panasonic LEICA 25mm F1.4



 四間道シリーズの4回目は、浅間神社編をお送りします。
 四間道の町のはずれに、ひっそりというかこそっと小さく収まるように鎮座している古社が富士浅間神社だ。
 創建年ははっきりしていないようだけど、室町時代の1396年に富士山本宮浅間大社からコノハナサクヤビメ(木花開耶姫命)を勧請して建てたのが始まりという説があるようだ。
 その頃は東区にあって、現在の地に移ったのは、名古屋城築城の際の1610年とも、1647年ともいわれている。
 間口は狭く、奥行きがある境内は、しっかり神域の空気感を封印している。
 ここで撮っているとき、唐突に雨が降り始めて、やがてどしゃ降りになった。やむのを待つ間、蚊に刺されつつ、雨を撮りつつ、思いがけず長くとどまることになった。




四間道4-2





四間道4-3





四間道4-4





四間道4-5





四間道4-6





四間道4-7





四間道4-8





四間道4-9





四間道4-10





四間道4-11





四間道4-12

 つづく。 

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

雨もまた・・
たのしいひとときでしたね^^
街のなかに小さな神社
いくつもの時代をみまもり
歴史あり由緒ある神社なんですね^^

2015-09-09 21:14 | from nonno | Edit

雨はチャンス

>nonnoさん

 こんにちは。
 前触れのない突然の雨はまさかと思ったけど、あれくらい短い時間にざっと降る雨はいいですね。
 思えばもっと雨弾きとかしずくとか撮ればよかったなぁ。
 雨はピンチじゃくチャンスですもんね。
 のんのさんはどんなの撮ったかな。

2015-09-09 22:22 | from オオタ | Edit

円頓寺には富士という名が多い

円頓寺に嫁いできました。夫の家は以前、富士という名の喫茶店だったそうです。この辺りを歩いていると、富士という名の店が多いのです。浅間神社もあるし、富士山と関係あるの?って夫に聞いたら、よくわからないけどお浅間さんは二箇所あって、上浅間、下浅間っていうよ。富士山のことは聞いた事がないって、言ってました。その内、神社の役も回ってくるかもしれないので、いつかきいてみようと思います。なんで浅間神社なんだって、すごく疑問に感じていたので、この記事を読んで嬉しかったです。

2019-07-02 00:44 | from maria | Edit

浅間社

>mariaさん

 こんにちは。

 円頓寺にお住まいなのですね。
 円頓寺界隈は名古屋で風情が残っている数少ない町で、私も好きで何度も足を運んでます。

 名古屋における富士山信仰はなんとなく微妙な感じです。あるようなないような。
 古い浅間社は何社かあって、四間道の浅間社もそのひとつです。あそこもいい神社ですね。

 四間道の浅間神社については「名古屋神社ガイド」というサイトで書いてますので、よかったら読んでみてください。
 
 https://jinja.nagoya/top/nisiku/nagono-sengen-jinja

2019-07-02 20:31 | from オオタマサユキ

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/4207-6c0b329f