名東区の3大緑地のひとつ明徳公園は何もない秋です 2006年10月26日(木)

施設/公園(Park)
明徳公園の風景

OLYMPUS E-1+Super Takumar 28mm(f3.5), f4.5, 1/160s(絞り優先)



 名古屋市の住宅地としてなかなかに評判がいい名東区。適度に静かで都会で、栄や名駅まで40-50分という距離が人気の秘訣だろう。私の住んでいるのは誰が呼んだか名古屋のチベット・守山区。道一本隔てているだけなのにこの扱いの違い。うちのベランダから生卵を投げたら名東区の民家にぶつかる距離なのに。
 守山区の愚痴は置いておいて、名東区は郊外なのでまだまだ緑が多い。特に、牧野ヶ池緑地、猪高緑地、明徳公園の3つの緑地は、一歩中に踏み込むと名古屋市内であることを忘れさせるほどの森林地帯となる。
 写真のここは、明徳公園の中心となっている明徳池だ。親子連れ、犬の散歩の人、鳥の人、釣り人、近所の人などが歩いたり、釣ったり、遊んだり、鳥の数を数えたり、走ったり、思い思いのことをして過ごしている。あまり写真を撮っている人はいないけど、私がいる。
 3つの緑地の中では、一番小さくてローカルなので、訪れる人は多くない。ただ、釣り人は多く、朝から晩まで釣りをしてる人が途切れることがない。朝一で来て、持参の弁当を食べて、日暮れまで釣ってる人もいるとか。しかも、毎日。労働に換算したらかなり稼げそうな気がするけど、釣りとはそういうものではない。そこまでいくともはや哲学の域だ。毎日行って飽きないほどウハウハに釣れるもんなんだろうかと不思議に思っていたら、フナを放流してるんだそうだ。半分自然の釣り堀がタダとなればそれは楽しいだろう。

 広さは18ヘクタール。と言われてもよく分からない。1ヘクタールがどれくらいなのか、上手くイメージできないから。ナゴヤドーム5個分くらいだろうか。新庄大泣き記念で札幌ドームに換算すると4個分くらいだと思う。
 特に何があるといわけでもなく、ちょっとした広場があったり、子供用のアスレチック遊具、野球グラウンドやサッカー場と、あとは散策路が整備されてるくらいだ。緑地と公園の中間くらいの森林散歩コースといったところだろうか。
 野鳥もそれなりにいるし、池にも渡り鳥が少し渡ってきたりするのだけど、数も種類もあまり多くない。というのも、野草が決定的に少なくて、それゆえに虫たちも少ないから野鳥が集まらないんじゃないかと思う。木の実もそれほどないようだし。生き物の豊かさという点では、ここははっきりと物足りない。
 ただ、池には人を襲うアヒルや、キケンなカメがいてエキサイティングだ。岸辺で人を待ち構えていて、誰かがやってくると食い物をよこせとガァガァ言いながら寄ってくるので、たまに子供が泣いたりしている。カメは、大人の指も食いちぎる実力を持ったワニガメが生息していて、「キケンなカメにご注意!」という看板も出ている。なかなかに油断できない池なのだ、ここは。
 その他のポイントとしては、竹林やめったにトンボがいないトンボ池、まったく展望の利かない標高72.8メートルの「からす山」あたりだろうか。木もれ日の小径も、残念ながら夕陽は木々の枝越しにしか見ることができない。遠くには名古屋駅方面のビルなどがわずかに見えるのだけど、枝の間から頭や体を動かしながら見てるときの様子は、露天風呂の女湯をのぞこうとしてる人の挙動に似てしまいがちなので若干の注意が必要だ。
 駐車場も無料で夜8時まで開いていて、一周ゆっくり歩いて1時間くらいなので、日常的な散歩コースとしては悪くない。アップダウンの変化もあるから、アスファルトの道をウォーキングするよりも体にはいいし、消費カロリーも高くなる。猪高緑地のように迷子になりやすいなんてもことなく、道が分かれているところには見やすいマップもあって初めての人も安心だ。

光りの中へ

 とまあ、オススメできるようなできないようなはっきりしない明徳公園なのだけど、うろうろと歩いていると、たまにこんないいシーンに出会うことがあるから侮れない。
 光りの中へ。まるでこれからスポットライトの当たる舞台に向かう人の後ろ姿みたいだった。

 近所に住んでるのに実は行ったことないんですよぉ、なんて方はぜひ一度行ってみてください。名東区の明徳公園に。めいとうくのめいとくこうえん……。うっ、苦しいっ。
 ちなみに、5月10日は「名東区の日」となっている。理由は察しのいい人ならすぐに気づくと思う。いや、私が作ったんじゃなく、ホントにそうなんですってば。私はこう見えてもダジャレは言わない男なのだ。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 名東区の3大緑地のひとつ明徳公園は何もない秋です 
    2020/05/06 02:41
    名東区の3大緑地のひとつ明徳公園は何もない秋です 2006年10月26日(木)
    ちなみに、5月10日は「名東区の日」となっている。理由は察しのいい人ならすぐに気づくと思う。いや、私が作ったんじゃなく、ホントにそうなんですってば。私はこう見えてもダジャレは言わない男なのだ。
    {{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{{
    ここ、とてもうけちゃいました!夜中に部屋でいきをころしながら、げらげら笑っちゃいました!ありがとうございます!ちょっと、心が和みました。そう、2006年の事なんですね。今は異常にタヌキが増えて普通に出会えます。
  • 名東区の日
    2020/05/07 16:31
    >安部さん

     はじめまして。
     コメントいただきありがとうございます。
     古い記事のコメントでも歓迎します。

     もう14年も前になるんですね。自分で書いておきながらすっかり忘れてました。
     そういえば、5月10日は名東区の日でした。
     最初に思いついた人は嬉しかったでしょうね。
     ただ、名東区民のどれだけがこのことを知っているでしょうか。(^ ^ ;

     タヌキって最近はそんなに増えてるんですか。
     私は2回くらいしか見たことがないのですが。
     夕方とかにばったり出会うと焦ります。
コメント投稿

トラックバック