酸素入りの水を飲んで21世紀を生き延びろ 2006年8月26日(土) - 現身日和 【うつせみびより】

酸素入りの水を飲んで21世紀を生き延びろ 2006年8月26日(土)

時代は酸素水

Canon EOS 10D+Super-Takumar 50mm(f1.4), f2.0, 1/15s(絞り優先)



 21世紀を生きる私たちのカラダは酸素を求めている。単に酸素ブームに乗せられているとか、飲料メーカーに踊らされているというだけではない。消費者が求めるからメーカーは作るのだ。たとえば10年前、20年前に酸素入りの水を売り出してもほとんど売れなかったに違いない。両者の思惑が一致して初めてブームというのは生まれる。
 最初に酸素入りの水を知ったのは去年だった。たまたまドラッグストアで売ってた日本食研の「酸素プラス」というのを見つけて、それ以来気が向くとちょくちょく買って飲んでいる。常飲するのは普通のミネラルウォーターなのだけど。
 飲んでみると、心なしか目がパッチリするような気がする。眠気も飛んで、頭もはっきりするような感覚もある。そんなに即効性があるのかどうかは分からないのだけど、そんな気がすることは確かだ。酸素不足のカラダが酸素が入ってきて喜んでいるのかもしれない。減量中のボクサーが極限状態で水を飲むと、水が体内のどこを流れているか分かるというから、ぜひボクサーの人に飲んでもらって意見を聞きたいところだ。輪島功一も酸素入りの水を飲んだとたんにシャキッとしてハキハキしゃべるようになるかもしれない。
 今回、今年の5月に発売されたという新製品の「酸素水」というというのを初めて買ってみた。メーカーはアサヒだ。サントリーも同じ時期に「新呼吸」というのを出している。
 酸素プラスが10倍の酸素なのに対してこれは5倍。効果は半分なのだろうかどうか。こういうのはメーカー独自の発表なので当てにはできない。490mlで150円だから、そんなに高いものではない。ただ、水が150円もするのは高いっていえば高いか。
 アルミ缶なのは、その方が酸素が逃げにくいからだそうだ。炭酸が抜けにくいのと同じ理屈だろう。逆に言うと、ペットボトルのものはフタを開けると酸素が逃げやすいと言える。
 味に関しては普通のミネラルウォーターと変わらない。それぞれ水自体のクセによって味は違ってくるけど、酸素が入っていることで味が変わることはない。当たり前だけど。

 どうして今、酸素がこんなにも話題になっているかといえば、そこにはちゃんとした理由がある。
 数百年前まで大気の中で30%以上あった酸素は、現在21%程度まで薄くなっているという事実がある。この100年で4%濃度が下がったとも言われ、15%を切ると人間の体は正常に機能しなくなるという。ひとつの原因として森林破壊がある。
 更に、車の排気ガス、農薬、化学物質などで空気が汚れたことで、有毒物を体内で解毒するために昔より多くの酸素を必要とするため、結果的に酸素不足に陥っているという面もある。
 その他、ストレスによる酸素消費や、運動不足による酸素取り込み量が足りなくなるなど、さまざまな原因で現代人は酸素が足りていない。
 実際、体内酸素濃度を測ってみると、現代人の多くが基準値を下回っているという。酸素不足は決して気のせいなんかじゃないのだ。
 酸素は言うまでもなく人間だけでなく生き物には必要不可欠なものだ。地球に生まれたものの宿命として常に酸素を取り込まなくて生きていけない。人間の場合、特に脳と肺で多くの酸素を必要とする。脳に酸素が送られなくなると、2~3分で脳細胞が死に始め、元に戻らなくなるし、息を止めておけるのも、一般人で1分~2分くらいのものだ。
 酸素が足りなくなると何がいけないかといえば、まずドロドロ血液になってしまう。ドロドロ血液選手権で毎回優勝してる元近鉄の金村のようになりたくなければ、酸素は絶対は必要だ。血管の流れが悪くなると、心臓にも脳にも悪影響を及ぼす。神経や排泄にも支障を来すなど、いいことは何もない。野口英世も、すべての病気の原因は酸素不足だと言っているくらいだ(それは極論だけど)。
 これまでは、イライラしてる人を見るとカルシウム不足だから牛乳を飲めなどとからかったものだけど、これからはおまえ酸素吸った方がいいぞなんてことになるかもしれない。
 酸素を取り込むことで何がいいか。疲労回復やケガが早く直るなどの他に、ダイエット効果や美肌効果もある。血管の流れがよくなって身体機能が上がれば、それにつれていい影響が出てくるのは当たり前の話で、酸素は多いに越したことがないというわけだ。
 酸素を取り込みすぎることで人体に有害な活性酸素も増えるのではないということが言われ始めているようだけど、このあたりのことは今後の研究課題となっていくだろう。私は知らんっ。

 少し前まで、日頃運動不足のやつが急に激しい運動をして息を切らせてしまって、酸素スプレーを吸ってる姿は軟弱者の証であり、笑いの対象でさえあった。しかし、時代は変わった。甲子園で優勝した早実の斎藤くんも酸素を吸ったり酸素カプセルに入っていたという。ベッカムが骨折を早く治すためにカプセルに入っていたのも有名な話だ。
 アメリカなんかでは酸素バーが大賑わいだという。カウンターに坐ってみんなで酸素を吸ってる図はなんか間抜けだけど、日本でも少しずつそういうところが増えているらしい。
 酸素は肺から取り込むよりも水分で摂取した方が血液に早く吸収されるから水を飲むのも効果は高い。最近は酸素缶もコンビニ売ってるし、食べる酸素なんてのもある。いっそのこと水道水に取り付けてしまえということで酸素入りのウォーターサーバーも出てきた。より仕事の効率を上げるために導入する企業も出てくるだろう。酸素入りの水も、何年もしないうちに普通の飲み物になるに違いない。
 ただ、もっと遠い未来のことを考えると、数百年後の人たちは酸素ボンベを持ち歩かないと外へ出られないようになってしまうのかもしれない。家の中には酸素発生装置が必要不可欠となって。

 酸素入りの水が実際どれくらい効果があるのかは分からない。体内酸素濃度を測る機械で測ってみればはっきりするのだろうけど、それは「発掘!あるある大事典」に任せるとして、個人的には効果があると感じている。思い込みが入っているにしても、それだけじゃないような気がする。眠たいときに飲むと目が覚めるし。
 車を運転中や、テスト勉強前など、眠たいけど寝てはいけないときなどにおすすめしたい。ガムを噛むより効果があると思う。
 いずれにしても、私は幸せな性格をしてるなぁと思うのは、こういうどっちとも取れるものを意外と単純に信じてしまえるところだ。まず疑ってかかる人がいるけど、私の場合まず信じてしまう。それで効かなければ初めて信じなければいいと思うから。ま、こういう私みたいな人間がたくさんいるから、健康食品会社やサプリメント業界が潤っているんだね。
 酸素入りの水は今後ともいろいろ試してみたいと思っている。そして、超酸素野郎となった私は、サラサラ血液で22世紀まで生き延びるのだ。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

21・・・・ソウだったんですか~~

森林伐採・・・たしかに、木を切らなくては生きていけない人たちの、生計が他で補えるようにならないとストップしないのでしょうか?

490mlで150円・・・ハイオクガソリンの2倍ですね(笑)
いつもは「切ってしまえ」と思う雑草も、大事にしなくてはいけないのでしょうかね・・・

2006-08-27 09:01 | from ただとき

21世紀後半は水で走りたい

★ただときさん

 こんにちは。
 最近、酸素が薄くなってるって気づきました?
 気づかないですよね、普通(笑)。
 森林伐採だけが原因じゃないみたいなんだけど、森林の減り方は尋常じゃないですからね。そりゃあ酸素も薄くなろうってもんです。
 ただ、高地に生まれた人はそのように体が順応するわけだから、未来人は薄い酸素でも大丈夫な体になるんじゃないかな。

 酸素入りの水は、今のブームから完全に定着していくのかなぁ。
 私としてはとにかく、水で走る車を早く実用化して欲しいです(笑)。

2006-08-28 03:47 | from オオタ | Edit

酸素水

看護師をしていますが酸素水は意味ありません。血液の酸素濃度を測る機械があるのですが、肺炎などになっていない限り体内の酸素量が減ることはありません。酸素水を飲むより深呼吸をしたほうがよっぽど効果があります。無駄なお金をかけないでください。

2006-12-25 18:12 | from たまき | Edit

気休め効果

★たまきさん

 はじめまして、こんにちは。
 酸素水は体内に酸素取り込めませんでしたか。そんな気がしてました(笑)。
 まあ、あの手のものは最初から気休めみたいなものですからね。本気で信じてるわけでもなかったりします。
 無駄といえば、そもそも水道水があるのにミネラルウォーターを買うこと自体が無駄なようなものだし。(^^;
 深呼吸は必要だって私も思います。背筋を伸ばして、胸一杯に空気を吸うことは大切なこと。
 など言いつつ、やっぱりたまに酸素入りの水を買ってしまいそうな私です。人間の体は数値だけじゃ測れないぜ、なんて言いながら(笑)。

2006-12-26 06:11 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/350-868f872f