東山植物園便り ---紅葉の名残

植物園(Botanical garden)
東山植物園-1

OLYMPUS E-M5 + SIGMA 30mm f2.8



 今週前半の東山植物園。
 名古屋近辺ではどういうわけか東山植物園のモミジが最後まで残っている。日陰だからなのか、他に要因があるのかよく分からない。去年も12月後半まで散り葉撮りをやっていた。
 まだ慣れないE-M5を持って散り葉撮りに臨んでみるも、惨敗。まともなのは一枚も撮れなかった。慣れ親しんだα55のようにはいかない。レンズにピント距離の目盛りがないのもつらい。
 まだそれなりに葉っぱが残っていたから、来週ラストチャンスがあるかもしれない。
 散り葉撮りは適当なところで切り上げて、紅葉の名残と冬景色を探して園内を歩いた。紅葉が見頃だったときの賑わいはすっかり去り、いつもの静かな植物園が戻っていた。




東山植物園-2

 紅葉終盤になるにつれて落ちてくる葉っぱの状態が悪くなるから、散り始めがやはり撮りどきということになる。




東山植物園-3





東山植物園-4





東山植物園-5





東山植物園-6





東山植物園-7





東山植物園-8





東山植物園-9





東山植物園-10





東山植物園-11





東山植物園-12





東山植物園-13

 E-M5で撮るとやけに写真が暗くなる。自然とハイトーンになったα55とは対照的だ。E-M5の出してくる画がローキーに向いているからなんとなくそうなってしまう。それは必ずしも私の望むところではない。
 OLYMPUSの絵作りが全体的に高コントラストで硬調なチューニングということもある。これはメーカーによる思想なので、どうしても引きずられてしまう部分がある。
 大口径レンズを使うとどうなるか、今後確かめていくことになる。
 明るくて光が溢れた写真の方が幸福な気がするから好きだ。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2013/12/16 06:33
    お久しぶりです。こんにちわ。
    カメラを変えられたんですね。お写真を拝見して「あれ、雰囲気が変わった?」と思ったら。。。自分の性格を反映してか、ローキーな薄暗い絵がすきなので、今回のお写真は私的にはツボです。

    新しくなったカメラでどんな素晴らしい写真を見せていただけるのか楽しみにしています(^^
  • 小さく軽く
    2013/12/16 23:17
    >hydekyさん

     こんにちは。
     ローキーの写真、やっぱり好みでしたか。
     後半の暗い葉っぱの写真とか、RAW現像しながら、hydekyさんの写真みたいだなと思ってたんですよ。いや、ホントに。
     新しく買ったデジE-M5に引きずられてます。
     どこかで会ったら、ますます私のデジが軽く小さくなっているのをお見せできます。
     hydekyさんはますますバッグも大きくなってるようで(笑)。
コメント投稿

トラックバック