中6日のサンデー・クッカー

料理(Cooking)
しめじご飯とその仲間たち


OLYMPUS E-10+C-PL, f2.0, 1/25s(シャッタースピード優先)



 サンデー・ドライバーならぬ、サンデー・クッカーとなりつつある最近の私。ん? サンデー・クッキンガーか? いや、単純にサンデー・コックでいいんだろうか。サンデー・シェフってほどたいそうなもんじゃないし。サンデー・クックドゥードゥルドゥーじゃないことだけは確かだ。

 呼び名はともかく、今日も料理を楽しんだ。少しずつ手の込んだものを作ろうとして、だんだん手に負えなくなりつつある。素振りもそこそこにすぐにバッティングマシーンで打ち込みをしようとするお調子者みたい。もしくは、打ちっ放しでロクに練習もせずいきなりゴルフコースに出てみんなに迷惑をかける人のよう。
 って、両方私じゃん。昔から性格に進歩がない。基本を大切にしないからすぐに行き詰まるのだ。
 いかん、前置きが長い。

 今日のご飯は、しめじご飯。
 だし汁としょう油でしめじを少し煮て、しめじはボールで受けたザルにあげて取っておく。その煮汁にだし汁としょう油、酒をあわせたツユでご飯を炊いて(水は使わない)、炊きあがったところにしめじを入れて、15分蒸らす。その後かき混ぜて完成。至って簡単だ。
 しかし、どうも私には薄味過ぎた。関西風というか、上品すぎて名古屋人の舌には物足りない。最初にしょう油大さじ1、炊くときに大さじ1、とあったけど、もう少し増やした方がよさそうだ。他に好きな具材を入れてもいいだろう。あげとか。

 おかずは2品。なんだけど、写真を見ても分かるように、完全に作りすぎ。どうなってるんだ、私の食材の分量、って感じだ。満腹限界まで食べたけど無理だった。
 ひとつは、鮭とブロッコリーのチーズ焼き、右手前のがそうだ。
 でもこれ、見た目がレシピの完成写真と大きく違っているぞ。どうしてこんなことになってしまったんだろう。ブロッコリーの上に溶けたベーコンが乗っかってるみたいに見える。オーブンで焼く時間が長すぎてチーズが焦げてしまったからかもしれない。味はまずまずだったんだけど。

 もうひとつは豆腐のソテー。これは今回の中で当たりだった。美味しくできた。
 木綿豆腐をふきんでくるんで水気を取り、1センチくらいの厚さに切って、塩、コショウを振っておく。
 フライパンで、みじん切りにしたニンニクとタマネギを炒める(できればオリーブオイルで)。色が付いたら、そこにパン粉を投入する(カップ2/3くらい)。ここにも塩、コショウを少々。炒めたものはフライパンから取り出して別のところにキープしておく。
 次にトマトを6ミリくらいの厚さに輪切りして、フライパンで両面焼く。豆腐一丁に対して2個くらい。軽く焼いたら、それを食べる皿の上に盛りつける。
 最後に豆腐をフライパンで両面よく焼く。オリーブオイルがあればそれで。焼いたら、トマトの上に乗せて、さっきのパン粉たちを豆腐の上にばらまく。好みでみじん切りにしたパセリなどを振ってもいい(写真はパセリ多すぎ)。
 味付けがないようだけど、しっかり味は付いている。焼いたトマトと、ニンニク、タマネギ、パン粉が上手くマッチしてるのだろう。こういう料理は自分では思いつかない。

 まだ料理熱は冷めてないようだ。よかった。作りたい気持が続いている。来週もまた、サンデー・クッキング野郎と化す予定だ。
「サンデー兆治」に負けないように、私も中6日のローテーションでしっかり料理しよう。
 サンデー・クック、クック~、クック、クック~、青いと~り~~~♪ とご機嫌に歌を歌いながら。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック