予定外だったサンデー料理は手探りで進み手応えなく終わった - 現身日和 【うつせみびより】

予定外だったサンデー料理は手探りで進み手応えなく終わった

手探りサンデー料理

Canon EOS 10D+SMC TAKUMAR 55mm(f1.8), f6.7, 1/20s(絞り優先)



 本来であれば今日はサンデー料理のことも忘れて田舎でのんびり過ごしてるはずだった。まさか直前になって車が言うことを聞かなくなるなんて思いもしない(何らかの原因でエンジンがオーバーヒート寸前)。いつものディーラーに電話したら、女の子の嬉しそうな声がお盆休みを告げていた。そっちもそうきたか。身動きがままらなくなった私は、なし崩し的にサンデー料理へと突入することになる。
 こんな状態なのでメニューはまったく考えてないし、食材も用意してない。かといって安易にどんぶりものなんかでお茶を濁したら負けのような気がした。誰かと勝負してるわけではないけれど、逃げるが負けだ。
 残りものを並べ、これまで作った料理を思い出しつつ、完成型が見えないまま手探りで作り始めた。そして、出来上がった料理を食べつつ思った。なんだかひどくとりとめがないなと。コンセプトもテーマもなく、とりあえず3品作りましたという感じだ。まかない料理かよ! と自分の家で自分のために作った料理を作った自分に対してツッコミを入れる私。劇団ひとりみたいだ。

 鮭は食べやすい大きさに切り分けて、塩、コショウを振ったあと、オリーブオイルとバターで焼く。ニンニクの刻みと、付け合わせのタマネギと一緒に。白ワインも振りかける。ソースは手作りホワイトソース。小麦粉、バター、牛乳でシンプルに。
 左のは見栄えが悪くなった。これを見てどんな料理か当てられる人がいたら、それは私の守護霊かストーカーくらいだ。勘では当たらない。
 イカを切り身にして、塩、コショウ、小麦粉、卵を付けて、バターで焼いたあと、とろけるチーズを乗せる。ソースは、マヨネーズと辛子しょう油をベースに、白ワイン、酢、砂糖、塩、コショウなど。
 奥のは、何を作ってるのか自分でも最後まで分からなかったやつだ。ジャガイモ、ニンジンを小さく切って茹で、切り分けた豆腐、枝豆も加えて煮込む。ソースがなんでこんな黄色なのかというと、カボチャをつぶして入れてあるからだ。ベースはヨーグルトと飲むヨーグルト。それに、卵白、山芋、マヨネーズ、塩、黒コショウ、バジル、白ワイン、砂糖などが加わっている。非常に微妙な味。甘いような酸っぱいような、形容しがたい未知の味だった。まずくはないけど、他のふたつとは合わない。作り終えたあとも、何を作りたかったのか自分でも分からなかった。

 今日はノートPCの入れ替え作業などもあって、てんやわんやの一日だった。のんきにサンデー料理なんて作ってる場合じゃなかったかもしれない。けど、もし今日料理してなかったなら、私はきっと敗北感のようなものを味わっていただろう。だから、やっぱり作ってよかったのだ。どうにかこうにか、最後は辻褄を合わせることもできたし。
 来週はもう少しまともな料理を作りたいと思っている。のだけど、もしかしたら来週こそ帰郷となるかもしれないので、まだ流動的だ。車のことも心配だし、落ち着かない日が続く。この夏はどうも腰のすわりが悪い。田舎に行って墓参りをして帰ってくるまでは気持ちのザワザワは収まらないだろう。
 料理に関しては、そろそろあちこちで行き詰まり感にぶつかっている。問題は食材だ。ここを広げていかないと、レパートリーは増えていかない。ご家庭で余った伊勢エビや越前ガニ、ウニ、イクラなどがありましたら、うちまで送ってください。美味しく料理して送り返しますので。私は美味しいものが食べたいわけじゃなく、美味しい料理が作りたいだけだから。料理を作っているとき味見してるだけで食欲がなくなり、回転寿司の回ってる寿司を見てるだけでおなかいっぱいになってしまう私なのです。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/337-955c897f