美しき馬はもう一度アメリカ大陸の荒野を駆ける夢を見るか - 現身日和 【うつせみびより】

美しき馬はもう一度アメリカ大陸の荒野を駆ける夢を見るか

アイボクのお馬さん

Canon EOS 10D+EF75-300mm USM(f4-5.6), f7.1, 1/80s(絞り優先)



 すべての馬がそうではないけれど、ときどきハッとするようなきれいな馬がいる。愛知牧場で見たこの馬もそういう馬だった。馬同士の美しさの基準はよく分からないけど、人間から見てきれいな馬とそうじゃない馬というのが確かにある。個人的な感覚による差はあるにしても。

 人と馬との歴史は長い。有史以来、ずっと近くで寄り添って生きてきた。農耕民族は農作業の友として、好戦的な集団は戦いの相棒として。つい最近まで乗り物としても大いに活躍した。ときにはその肉を食べたりもしつつ。
 人の暮らしにこれほど密接に関わってきた生き物は馬を置いて他にはない。犬は相棒でいろんなところで活躍してけど、犬には乗れないし、犬を食べたりはしてこなかった(中国人は別にして)。猫は一緒にいるだけで働かないし、牛や豚などは相棒というのとは違う。
 今でこそ、競馬や乗馬をする人たち以外に馴染みが薄くなった馬だけど、本来もっと近くで常に接していくことで人は今より幸せになれるような気がする。彼らは強くて美しくて賢い。生き物の傑作だと私は思う。猫と馬を作った担当者は掛け値なしに天才だ。

 野生馬の原産地は北アメリカ大陸だと言われている。それが世界各地に広がり、家畜化され、今に至っている。すでに紀元前4,000年頃には人と共に暮らしていたようだ。それ以前には狩猟の対象であったと考えられている。その結果、北米にいた純野生種は数千年前に絶滅してしまった。
 口にくわえさせて人の言うことを聞かせるための銜(はみ)も、この頃に発明されている。有名なラスコー洞窟の壁画(旧石器時代)にも馬の姿が描かれていたのを覚えている人も多いだろう。
 馬の祖先は、200万年ほど前に登場したそうだ。もっとさかのぼれば数千万年前まで一応分かってるらしい。
 馬にとっての転機は、なんといっても車輪の発明だろう。紀元前2,000年頃のメソポタミアで馬車として使われるようになって以来、世界各地で一気に数を増やし、広まっていった。
 ただ、日本では馬車は流行らず、もっぱら人が乗ったり荷物を背中に乗せて移動する手段として使われた。山道が多かったり、道幅が狭かったりして、馬車はかえって不便だったのだろう。
 日本にはもともと馬はおらず、入ってきたのは、大和朝廷が朝鮮半島を攻めたとき(三韓征伐)、向こうから持ち帰ったのが始まりのようだ。
 一番活躍して、最も不幸だった時代は、やはり戦国時代だろう。たくさんの名馬が生まれ、死んでいった。
 現代において、馬といえばやはり競馬場のサラブレッドたちを思い浮かべる。すでに日本では平安時代に競馬が行われていたというが、サラブレッドの歴史となると、始まりは18世紀のイギリスになる。アラブ馬やハンターなどから競走用に品種改良された馬をサラブレッドと呼び、サラブレッドの両親から生まれた馬だけがサラブレッドとなれる。
 馬の種類では、アラブ馬、ポニー、木曽馬、道産子などの有名なものから、セルフランセ、トロッター、ペルシュロン、クライズデールなど、聞いたことがないような種類など、いろいろいるらしい。

 人との関わりが深いだけに、馬という文字が入った言葉も多い。馬の耳に念仏、生き馬の目を抜く、しり馬に乗る、馬子にも衣装、馬が合う。馬には乗ってみよ人には添うてみよ、という言葉はいい教えだと思う。野次馬、下馬評なんて言葉が今でも普通に使われ、絵馬もお馴染みだ。伝統行事としての流鏑馬や、遊びとしての竹馬や馬跳びなんてのもある。あいつは馬並みだとか。
 ……。
 それはともかくとして、ヴァイオリンなどの弓毛は、昔も今も馬のしっぽの毛から作られている。
 このように、馬というのはまだまだ今でも間接的に私たちの生活の多くの部分で関わりを持っているのだ。まったく無縁になったわけではない。お馬さんごっこだってするし、ポニーテールが好きな男子もいる。
 趣味は馬です、という人もけっこういるだろう。ただしその場合、ふたつにくっきり分かれる。競馬の人と乗馬の人と。乗馬というのは縁遠いという人が多いけど、思ってるよりも手軽なスポーツらしい。上流階級の人々のするお金のかかる趣味という思い込みが強いけど、考えてみたらゴルフより安いくらいだ。ゴルフ道具を揃えたり、打ちっ放しへ行ったり、コースに出たりなんてことを思えば、むしろ乗馬の方が安いかもしれない。
 安いところなら、入会費数万円、月の会費が1万前後、一日の乗馬料が数千円くらいらしいから、食べるのが精一杯のビンボー学生は無理にしても庶民でもさほど贅沢とは言えないんじゃないだろうか。
 あるいは思い切って馬を買ってみるという手もある。飼ってみるではなく、買ってみる。そう、乗り物として。最近の馬鹿高いガソリンのことを考えると、同じ金を馬の食事にした方がいいような気さえしてくる。馬は軽車両だから、自転車と同じだ。歩道を疾走したら叱られるだろうけど、車道の端をポッカポッカ歩いてる分には誰にも文句は言われない。コンビニの前につないでおいても、駐車監視員は手も足も出せない。猛烈に目立つのが難点だけど。

 馬には人の心をゆさぶる何かがある。ただ便利だからというだけでこんなに長い歳月を共に生きてきたわけではないだろう。最初に馬を見つけた昔の人は何を思ったのだろう。腹が減っていて食べ物にしか見えなかったのだろうか。けど、あの瞳を見たら、言葉は通じなくても何か感じるものはあったに違いない。
 馬を見ると、あの美しさゆえなのか、何もかもを悟ってあきらめてるような目のせいなのか、愛おしさと切なさがこみ上げる。何かしてあげたくなるけど何もできないのがもどかしい。馬たちは何を望み、何を夢見てるのだろう。またいつか、アメリカ大陸の荒野を仲間たちと駆ける日が来ることを思い描いているんだろうか。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

馬は綺麗ですよね。放牧されてる馬を一度でいいから眺めてみたいと思ってます。
乗馬が趣味と競馬が趣味ではイメージが雲泥の差のような気がしますが私は後者です(笑)
競走馬で好きなのはフサイチジャンクとアグネスラズベリです~(誰も聞いてないって)
確かに牡馬なら「かっこいい」牝馬なら「美人」の馬っているんですよね。
走る走らないは別として。。。

2006-08-06 14:02 | from spiny

馬の人

★spinyさん

 こんにちは。
 そうそう、spinyさん、馬の人でしたね。あっちの方の(笑)。
 最近の調子はどうですか?
 今年の秋のディープインパクトはどうでしょうね。
 フサイチジャンクはいい馬には違いないけど、スーパーホースというにはちょっと足りないのかな。
 関口のオヤジ、悔しそうでした。
 アグネスラズベリはちょっとマニアックかも?(^^;

 放牧されて仲間と疾走してる馬はきれいでしょうね。
 音がまたすごいんだろうなぁ。腹に響くような。

 もし乗馬を始めるようなことがあったら教えてくださいね。
 それはないって?(笑)

2006-08-07 03:38 | from オオタ | Edit

Deepimpact

写真はラムタラの子供みたいですね。

父は種牡馬としては振るわず、来日時の100数十分の一で売られていきました。

2006-08-09 16:45 | from G3 | Edit

そんなドラマチックな馬だとは

★G3さん

 おー、こんにちは。とってもお久しぶりです。元気でしたか?

 馬のプレートを見たら、確かに父ラムタラになってしました。
 が、全然知らなかった私。(^^;
 調べたらすごい馬だったんですね。驚き。
 悲運に見舞われながらも欧州三冠馬、しかも無敗でって。
 日本には44億円でやって来たんですってね。でも、種馬としてはもうひとつだったんですか。それは残念。オグリキャップもそうだったんですよね。
 今はもう、サンデーサイレンスの子供たちが全盛で。
 この馬は、コンポートって名前らしいんだけど、検索しても出てこないところをみると、競走馬にはならなかったみたいです。
 気品のある美しさは血筋のよさだったのか。

2006-08-10 03:40 | from オオタ | Edit

コンポートはちゃんと競走馬でしたよ。競走馬時代とは名前が違うだけで。
今は引退しています。
彼はとても乗りやすく、動いてくれる素敵な馬です。
ただ鞭がちょっと苦手のようで。

2006-09-25 09:09 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

あ、きれい、と思ったのでした

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 コンポートは競走馬だったんですか。引退して乗馬になると名前が変わることがあるなんて知りませんでした。情報ありがとうございます。(^^)
 ふらっと立ち寄った愛知牧場でしたが、あの馬はひときわ美しい馬だと思ったのでした。肉眼で見たときも、写真を見ても。
 また会いに愛知牧場へ行ってみます。
 キバナコスモスはもう終わってしまったでしょうか。

2006-09-25 23:59 | from オオタ | Edit

先日行ったときはまだあったようにも思えます。
保証は出来ないです、すみません。
もうそろそろ終わりの時期だと思いますよ。
私も、初めてコンポートを見たときはとても美しい馬だと思いました。(牧場へは7月頃にやってきました)

2006-09-28 15:25 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

普通のコスモスの方がよかった

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 キバナコスモス情報、ありがとうございました。(^^)
 まだ今も満開近く咲いてるって話でした。一度行っておこうかなと思いつつ、行けないかもなぁとも思います。(^^;
 普通のコスモス畑だったら、きっと行ったんだけど。

 美しい馬が必ずしも速いというわけではないんだけど、速い馬はやっぱり美しいですね。
 馬券は買ったことがない私ですが、競馬のドラマが好きで大きなレースはけっこう観てます。
 凱旋門賞がいよいよ近づいてきましたね。ディープインパクトに中途半端な結果は似合わないから、ぜひ勝って欲しい。

2006-09-29 03:24 | from オオタ | Edit

こんにちは。
確かに、私も普通のコスモスがよかった(笑
数年前までは、秋は必ず普通のコスモス畑だったんですが・・今年はなぜか愛知牧場を含め、どこへいってもキバナコスモスばかりを目にしました。

そうですね、確かに速い馬は美しいです。
私も馬券を買ったことがありません。
競馬よりのんびり乗馬派ということもありまして。
でも最近はたまに放送されていたら、競馬の番組を観ています。
ディープインパクト、3位に終わってしまいましたね(汗
1位になれなかったのはやはり惜しいですが、武豊騎手もディープインパクトも精一杯頑張ってくれたと思います。

コンポートの競走馬時代の名前、先日会誌を見て分かりました。
ナリタグランドだったそうです。
色々調べてみましたが、やはり競馬ではそこまで活躍していなかったように思われます。
私は競馬には詳しくないので、何も言えませんが。
それでは。



2006-10-02 09:45 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

ドラマチックな馬を

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 キバナコスモスもそろそろ終わりかけでしょうね。
 あれは夏の花って感じがして、秋のイメージの普通のコスモスとはちょっと風情が違うんですよね。
 前は普通のやつだったんですか。そのときに行きたかった(笑)。

 私は競馬ファンとも言えないくらいなんだけど、馬と人のドラマが好きで、そういう視点で見てます。
 きっかけはやっぱりオグリキャップかなぁ。(^^;
 大川慶次郎の有馬記念のライアン、ライアン、のつぶやきも素敵でした。
 好きな馬はドラマチックな馬で、ライスシャワーとかホクトベガとか、トウカイテイオーとか。

 ディープインパクトはどうだったんでしょうね。
 ちょっと意外な形だったけど、ああ、やっぱり世界には普通に強い馬がたくさんいるんだなぁと思い知ったのでした。

 コンポートはナリタグランドって名前だったんですか。教えていただきありがとうございます。(^^)
 名前は強そうなんですけどね(笑)。

2006-10-03 03:43 | from オオタ | Edit

こんにちは。
夏の花ですか、確かにそんな感じがしますね。
実は昨日と今日、牧場のほうへ行ってきたのですが、なんと普通のコスモス畑の迷路が出来ていました。
これには私も驚きで、花の見ごろもこれからのようです。(つぼみが沢山ありました)
それにしても、三連休だったからか昨日も今日もすごい人で、会員専用の駐車場もひとつしか空きがないという状態になっていました。
完成する頃から愛知牧場を見ていますが、ここまで観光地化されるとやはり寂しいような気もしてきます。
引き馬の馬のベルーガが、急遽足が腫れてしまったようで、今日の午後はコンポートが引き馬に出ていました。これには少し驚きです。
ラムタラをご存知のマニアな方がもし来ていたなら、その子供に乗るチャンスだと思ったかもしれないですね(笑)

ディープインパクトですか・・そう言われれば、気になります。
私も馬と人のドラマは好きですよ。
なんだか感動的な部分が多くて、ついつい見入ってしまいます。















2006-10-09 20:32 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

きっと行きます、アイボクのコスモス

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 アイボクでは、突如、コスモス登場ですか。コスモスって突然現れるもんなんですね(笑)。
 あ、HP見たら、トップにコスモスが咲いてるー。はは。
 写真で見る限り、見頃はまだ先になりそうですね。でもいいこと聞きました。ありがとうございます。(^^)
 今月中には行って、このブログでそのときの写真載せますね。
 これで「なばなの里」まで行く必要はなくなったかも。

 シーズンから少し外れるとアイボクも静かなんだけど、何かあるとけっこうな人が訪れますよね。私が思ってる以上にメジャースポットなのか。
 牧場っていうと、このあたりではあそこくらいしかないですからね。

 コンポートは思いがけない出番だったようですね。
 機嫌良くしてましたか?
 馬もそれぞれ性格がかなり違うんでしょうね。

 ディープインパクトは元気に帰国したようで安心しました。
 まだ引退は早いから、もっとレースして欲しい。
 私としてはライバル対決を見たいっ。歴代のスター・ホースはいつもライバルがいて盛り上げてくれたけど、ディープインパクトはライバルに恵まれなかったのが残念なところでした。

2006-10-10 03:13 | from オオタ | Edit

なぜか突然現れてました・・といいつつ、私がコスモスに注目していなかったのもあるかもしれません(汗
お出かけになる際は、どうぞお気をつけていってらっしゃいませ^^

そうですね、シーズンから外れれば静かなんですが・・。
牧場があの辺りしかないところの他に、駐車場が無料など魅力的な部分が多いのではないでしょうか。
引き馬も体験できますし、食べ物も手軽に購入できますしね。

機嫌はあまり伺えませんでしたが・・とにかく暑そうでした。
日差しがジリジリと照りつけていたので・・その後すぐに乗馬レッスンのほうで活躍していたりと、何かと出番が多かったようで。
やはり若い馬だからでしょうね、頑張ってほしいところです。

ディープインパクトは本当に残念です。
ニュースを耳にしたときは、思わず声をあげて驚いてしまいました。
確かにディープインパクトは強すぎたのか・・中々ライバルには恵まれませんでしたね。
まだ彼のレースを見ていたかった。





2006-10-15 20:17 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

そろそろコスモス満開近し?

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 アイボクのコスモスは、だいぶ咲いてきたみたいですね。HPのトップの写真がかなり咲いてる感じ。
 見頃はもうすぐかな。
 よさそうなときに行ってこようと思ってます。今週か来週か。
 行くといつもソフトクリーム食べたいけどどうしようなと迷ってやめてしまう私です。(^^;
 あの牧場は、特に宣伝もしてない感じだけど、口コミで知られてるのかな?
 親子連れ確率がとっても高いですよね。

 馬たちにとっては、暑い夏が終わって、過ごしやすくなってる頃でしょうか。
 馬って、暑いのと寒いのと、どっちが苦手なんだろう。やっぱり暑い方かな。北海道で放牧されてるから、寒さには相当強いのかもしれないですね。

 ディープインパクトはびっくりですね。
 凱旋門賞で勝ってたら、どうだったんだろう。やっぱり引退は決まってたのかな。
 どうやらジャパンカップも回避して、有馬記念だけになるかもって話ですね。うーん、だとしたらますます残念。
 もしや、有馬はまた倍率1.0倍とかになるのかなぁ?(^^;

2006-10-16 03:51 | from オオタ | Edit

こんにちは。
今日牧場へ行ってきたのですが、ちょうどコスモスが満開でした。
迷路で遊んでいる親子連れが多くて、花の写真愛好家らしき方々も見かけました。
ソフトクリーム、とってもおいしいですよ。やっぱり市販のものとは一味違う感じです。
機会があったら、是非食べてみてください。期間限定のものもあります。
混んでいるときはならば並ばなければなりませんが・・(汗
これから冬にかけては、だんだんとソフトクリームの販売数も減りそうですね。
愛知牧場が雑誌に取り上げられたというようなことは・・耳にはしませんので、やはり口コミの効果かもしれないです。
あ、でも前に一度、夕方のニュース番組で放送されていたのを観ました。(牛だけでしたが)

馬達は暑さに弱いかもしれないですね・・。
夏になると、レッスン後に鞍を外せば汗をびっしょり掻いていますので。
冬のほうが馬達も強いのかな?
確かに北海道でも平気なくらいですもんね。

ディープインパクトの引退が決まっていたのかどうか・・私にも分かりませんが、まだそんなに年ではないんですよね?2、3歳だったような。
なおさら勿体無いです。
それと、薬物が検出されてしまったようで・・賞が取り消しにならないことを願います。
これもスタッフの伝達ミスだったんでしょうか。








2006-10-21 17:17 | from 愛知牧場乗馬クラブ会員26号 | Edit

コスモスが逃げていきそう

★愛知牧場乗馬クラブ会員26号さん

 こんにちは。
 アイボクのコスモス、そろそろ満開を超えて終わりかけみたいですね。(^^;
 まずい、急いでいかないと。来週中には行ってきますね。
 涼しくなってきて、ソフトの食べ頃も終わってしまいそうだし(笑)。
 ただ、ソフトは真夏よりこれくらいの季節の方がいいかもしれないですね。暑いと溶けとの戦いになってしまって、じっくり味わえないから。
 アイボクは、やっぱり季節ごとの花があったりして、けっこうローカルニュースなんかで登場してるのかな。
 新聞の威力もすごいもので、特に中日新聞に載ると(笑)、翌日からそこに一気に人が増えますからね。

 ディープインパクトは、ここへきて急にバタバタしてますね。
 ちょっと状況がよく分からないけど、誰がどうなってるんだろう。日本にいるときはそんな薬飲ませてなかったっていうし。
 とりあえず国内での出走は問題ないようなんで、ジャパンカップか有馬記念には見られそうです。
 来年もう一年やって下手に故障なんかさせてしまうよりも、今種馬にした方が儲かるって話なのかなぁ。だとしたら、悲しいこと。
 それにしても、あれほどのスーパーホースにこういう形でケチがつくのは珍しいですね。

2006-10-22 04:47 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/329-6a330873