天白川を下る ---田植えの頃<前>

日常写真(Everyday life)
天白川1-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8



 6月はじめの天白川。
 天白川沿いを行くのはこれで三度目になる。最初は今年3月のはじめ。まだ冬の名残が色濃い茶色風景だった。
 二度目は桜の頃。
 そして、田植えの6月。季節は大きく進んでいた。
 川沿いには田んぼや里山の風景が残っている。日進市のエリアは特に牧歌的だ。
 水源の三ヶ峯池(さがみねいけ)近くまで行って、そこから天白区に向かって下った。




天白川1-2





天白川1-3





天白川1-4





天白川1-5





天白川1-6





天白川1-7





天白川1-8





天白川1-9





天白川1-10





天白川1-11





天白川1-12





天白川1-13

 後編につづく。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2013/06/05 22:21
    いいですね~
    ほっこりしますね。

    私も先月一眼レフ片手に田舎町にいってふらふら写真をとってきたんです。

    そういう時、普段は絶対嫌な虫でさえ愛きょうのあるものに思えるし、

    人との出会い、道とか尋ねるだけなんですけどそれにいやされたりする

    こんなカメさんが出現してくれたらなおグッドですね

    よいお写真です。
  • 牧歌的
    2013/06/05 22:41
    >みささn

     こんにちは。
     写真、楽しんでもらえたら何よりです。
     私は名古屋の郊外に住んでいるので、こういう風景はわりと身近なんですが、街中で暮らしている人にとっては非日常の田舎の風景に感じられるでしょうね。
     祖父母と両親が生まれた三重の田舎はこんなもんじゃないですが(笑)。
     みささんも一眼で撮ってましたか。
     機会があったら写真を見せてくださいね。
     そうそう、この亀は、道ばたに出てきていたので、草むらのほうに戻しておきました。めったに車の通る道ではないのだけど。
コメント投稿

トラックバック