フォトコンと春の風景

フォトコン・写真(Photo Contest)
フォトコン-1

SONY α55 + SONY 35mm f1.8 他



「フォトテクニックデジタル 5月号」のネイチャー・風景部門で「舞い散る」が優秀賞。
 去年の紅葉は、舞い散る撮りに賭けていたから、結果につながって嬉しい。
 舞い散る撮りは、7日くらいかけてのべ10時間以上、紅葉の木の下でひたすら落ち葉を待ち続け立ち尽くすというのをやったので、特に感慨深い。
 これは最初の頃に撮った一枚だったのだけど、その後これを超えるものを撮ることができなかった。そういう意味では、これで優秀賞をもらってしまったことが残念というのではないけど、ちょっと早かったという気持ちもある。去年の最後に、来年こそもっといいのを撮ってみせると強く心に誓ったから。
 まだまだこれで完成だとは思っていない。完成度を上げる余地は十二分に残っている。葉っぱの数と位置だけでなく、背景、光を含めて、頭の中にはもっといい完成図がある。
 去年でだいたい感じは掴めた。とにかく後半になるほどチャンスは少なくなるから、散り始めが勝負どころとなる。50mmレンズより35mm、できれば更に広角で、ぎりぎりまで引きつけたい。
 今年の紅葉も、散り葉撮りは必ずやることになる。フォトコンとは別に意地でも撮ってやるんだという強い気持ちがある。


 このあとは、最近撮りためた春の風景をお届けします。



フォトコン-2





フォトコン-3





フォトコン-4





フォトコン-5





フォトコン-6





フォトコン-7





フォトコン-8





フォトコン-9





フォトコン-10





フォトコン-11





フォトコン-12

 冬がなければ春の喜びがないように、不幸を知らなければ幸福を喜ぶことはできない。
 平和な日常は、決して小さくない犠牲の上に成り立っていることを忘れないようにしたい。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2013/04/23 06:24
    優秀賞おめでとうございます。
    たくさん撮っても、結局、はじめの方に撮ったのが一番良かったって事ありますよね。
  • 2013/04/23 06:53
    おはようございます!
    hiroki147こと、高木博規でございます。
    フォトテク優秀賞おめでとうございます!!
    落葉する楓から、こんな写真をイメージされた事が素晴らしいです!
    僕は風景写真は全く苦手なので、こんな凄い写真を撮られる方は
    本当に尊敬してしまいます。
    AFを使われたのでしょうか?それとも置きピンですか?

    僕も何年もイメージして、追いかけているカットがあるのですが、
    これがなかなか果たせません(^-^;
    簡単に出来ちゃったら面白くありませんものね(と言い訳してみる 笑)

    最後になりましたが、いつもここはお邪魔してました。
    知っている場所を撮っていらっしゃるものですから、ああ、ここを
    こう撮られるんだと、感心させてもらってます。

    いつも素敵なお写真を見せて下さって、どうもありがとうございます!
  • 超えられず
    2013/04/23 21:01
    >keiichi_wさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     そうなんですよねぇ。その日最初に撮ったのがよかったというのもあるし、シーズンの最初に撮ったのを超えられないってのもある。
     あと、今年こそ去年よりいいのが撮れるはずと思っていても、去年の方がよくてがっかり、なんてこともありますよね。
     力が上がってもそのまま写真に反映されることがないというのが難しいところでもあり、楽しいところでもありでしょうか。
  • イメージ
    2013/04/23 21:12
    >hiroki147さん

     こんにちは。
     どうもありがとうございます。
     やっぱり高木さんですよね。すぐに気づきそうなものなのに、なんで気づかなかったんだろう。(^^;
     フォトコンで名前をお見かけするたびに、同じ名古屋なのでどんな方だろうと思ってました。
     これでようやくすっきりしました。

     ずっと追いかけているイメージってありますよね。
     高木さんのはどんなでしょうか。もし撮れたら教えてくださいね。
     私の究極とも言えるのは、実質的に絶対不可能なやつです。日本のどこかで起きているはずだけど、決してその場に居合わせることはできないというのもだから。
     でも、何かの奇跡が起きて撮れないかなぁと思ったりもします。

     舞い散る撮りは、最初1メートルの置きピンでやっていたんですが、だんだん、もっともっととなって、50センチ、30センチ、となっていきました。
     当然、引きつけるほどに難度は上がっていき、しまいには手で降らせてみたのですが、やっぱり無理でした。(^^;
     また今年もがんばりたいです。紅葉の木の下で、2時間も3時間も上を見上げている人って、絶対に危ないひとだよなぁ。
コメント投稿

トラックバック