ダザイオサム ハ トオク ナリニケリ?

未分類
桜桃の季節

Canon EOS 10D+EF50mm(f1.8), f2.8, 1/13s(絞り優先)



 今年も親戚からサクランボが送られてきた。ああ、もうそんな季節なんだと思う。意識しないまま6月19日も過ぎ去った。
 サクランボといえば桜桃。桜桃といえば太宰治、太宰治といえば6月19日。太宰治の誕生日でもあり、命日ともなった日だ。

 桜桃が出た。
 私の家では、子供たちに、ぜいたくなものを食べさせない。子供たちは、桜桃など、見た事も無いかもしれない。食べさせたら、よろこぶだろう。父が持って帰ったら、よろこぶだろう。蔓を糸でつないで、首にかけると、桜桃は、珊瑚の首飾りのように見えるだろう。
 しかし、父は、大皿に盛られた桜桃を、極めてまずそうに食べては種を吐き、食べては種を吐き、食べては種を吐き、そうして心の中で虚勢みたいに呟く言葉は、子供よりも親が大事。
  太宰治「桜桃」より


 太宰治が玉川上水に入水心中したのが昭和23年6月13日。友人たちの必死の捜索でようやく見つかったのが6月19日で、その日は太宰治39歳の誕生日だった。
 翌年、友人や家族などが太宰治を偲ぶためにために集まり、桜桃忌と名づけた。当初は関係者などで行われていたものがだんだん一般的になり、その後大勢の人たちが集まるようになっていく。いろいろ問題があったり縮小の動きがあったりもしたようだけど、今年もまた多くの人が三鷹の禅林寺を訪れたことだろう。
 私はその年初めてのサクランボを見ると6月19日のことを思い出す。そして私も、まずそうに桜桃を食べては種を吐き、まずそうに食べては種を吐きしてみるのだ。本当は美味しいのだけど。

 サクランボは「桜の坊」、つまり桜の子供というところから来ている言葉だ。とはいえ、普通の桜の実というわけではない。食用にしてるのは専用の桜桃の木だ。ソメイヨシノは実さえつけないのでソメイヨシノのサクランボというのはない。
 桜桃というのは変わった性質をしていて、同じ種類の木では受粉しないのだそうだ。なのでサクランボ農家では何種類かの桜桃を植えて、異種受粉させてるという。花が咲いたところでミツバチを放したり、手作業で受粉させるというから大変だ。その組み合わせもどれでもいいというわけではなく、相性があるとかで、なかなかに育てるのはやっかいなようだ。
 雨にも弱くて濡れるとすぐに駄目になってしまうらしく、暑さも苦手なのでほとんどは北日本で作られている。一位は山形が二位は北海道というのは、6月に雨が少ないからだ。
 サクランボは古代ギリシャ時代から食べられていたと言われている。当時のものは強烈に酸っぱかっただろう。欧米に広く伝わったのは16世紀頃のことで、日本には江戸時代に中国から伝わった。西洋のものが日本に入ってきたのは明治初期で、北海道での生産が日本における本格的なサクランボ作りの始まりとされる。

マツヨイグサが月見草

 太宰治絡みでもう一枚。「富嶽百景」に出てきた月見草がこのマツヨイグサだとされている。

 老婆は何かしら、私に安心していたところがあったのだろう、ぼんやりとひとこと、
「おや、月見草。」
 そう言って、細い指でもって、路傍の一箇所をゆびさした。さっとバスは過ぎてゆき、私の目の前には、いま、ちらとひとめ見た黄金色の月見草の花ひとつ、花弁もあざやかに消えずに残った。
 三七七八米の富士の山と、立派に相対峙し、みじんもゆるがず、なんと言ふのか、金剛力草とでも言ひたいくらい、けなげにすっくと立っていたあの月見草は、よかった。富士には月見草がよく似合ふ。
  太宰治「富嶽百景」より


 太宰治が見たのは、オオマツヨイグサだったのではないかと言われている。写真のこれは、たぶんコマツヨイグサだろう。いずれにしても、アメリカ大陸原産の帰化植物で、月見草というのは正しい呼び名ではない。本来のメキシコ原産の月見草は白い花だから。
 それでも、この花を道ばたで見かけるとやっぱり太宰治を思い出して、富士には月見草がよく似合う、と心の中でつぶやくのだ。

 待宵草と漢字で書くとこの花の特徴がよく分かる。宵を待って咲く花。夕方になるとゆっくり咲き始め、朝にはしぼんでしまう一日花だ。
 帰化したマツヨイグサの仲間は10種類ほどあり、ツキミソウやユウゲショウなどもそうだ。夜に咲く花なので、夜を舞う蛾が花粉を運ぶ。
 宵待草と間違えて覚えられてしまっているのは竹久夢二のうたのせいだ。

 まてどくらせどこぬひとを 宵待ち草のやるせなさ
 こよひは月もでぬさうな
  竹久夢二


 太宰治が死んだ年齢に自分が近づきつつある中で、今でも太宰治は心の何いますかと問われると、うーん、と少し考えて言葉に詰まる。もちろん、消えてはいないし、終わってもいない。自分の中で消化済みの問題というわけでもない。心の奥の方に深く沈殿していて、今はそれをかき回したくないというところなのだろうと思う。
 私は全作品の中で『津軽』が一番好きだ。あの中にこそ、太宰治の一番いいところが全部出てると思うから。人としても、小説家としても。
 太宰治の小説を読んでいた20歳の頃から月日は流れた。それでもまだ、太宰治の生き様も、あの頃の自分も、笑い飛ばすことはできない。もう少し時間がかかる。今はまだ、泣き笑い。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 玉川上水って
    2006/06/27 18:56
    たまに通るんですけど、あまり水、多くないんですよね(おいらが見る意外は多いのかな?)

    なんか、やはり近くを通るときは思い出してしまいます

  • サクランボ・・
    2006/06/27 22:54
    今年は、たくさん食べたけど、また、食べたくなりました。
    そうそう、サクランボって、違う種類の木を何本が植えてないと実が生らないんですよね!
    で、同じサクランボが出来るって、とこが不思議~。
    相性が分からん。。(ーー;)
  • 太宰好きにとってはいいけど
    2006/06/28 03:59
    ★ただときさん

     こんにちは。
     太宰治好きにとって玉川上水は特別な場所なんだけど、周辺の住民にとってはたまったもんじゃないでしょうね。(^^;
     あのへんって水道水を取ってそうですもんね。
     今は桜が植えられてるんでしたっけ?
     昔とは何もかも変わってしまったんだろうなぁ。
     今は水が少ないらしいけど、当時の新聞記事の写真なんか見ると、雨で増水したってのがあるにしても、かなりごうごうとした流れって感じだから。
  • サクランボは買ったことがない
    2006/06/28 04:03
    ★miyuさん

     こんにちは。
     miyuさん、サクランボたくさん食べたんですかー。ぜいたくな(笑)。
     旬のサクランボって、買うと高いんですよね。もらいものは贈答用だから、けっこうするんだろうなぁ。自分では買ったことがないからよく分かってない。(^^;

     桜桃は違う木同士じゃないと受粉しないって、ホント不思議ですよね。相性のよしあしがあるってのも。
     実は元々もの木のやつがなるんですよね? だんだん変化していったりしないのかな。

     そうえば、今日やっとファイナルファンタジー12が終わりました。3ヶ月以上かかってしまった(笑)。
コメント投稿

トラックバック