キセキレイを見て思うことあれこれ

野鳥(Wild bird)
キセキレイという響き

Canon EOS 10D+EF75-300mm USM(f4-5.6), f5.6, 1/80s(絞り優先)



 キセキレイという鳥がいる。この鳥の存在を初めて知ったとき、その姿ではなく名前に魅了された。キセキとキレイがリエゾンしているその響きに。なんて贅沢な名前なんだ。漢字を当てはめるなら、たとえば輝石麗。まるで宝塚星組のトップスターみたいではないか。読み方でキに力を入れずフラットにキセキレイと読ませると、今どきのJ-POPのアーティストにそんなのがいそうだ。
 しかし実物は奇跡のように綺麗とはいかず、写真のようにまあまあきれいな野鳥だ。名前も、奇跡や綺麗やから来てるわけではなく、単に黄色いセキレイだから黄鶺鴒。分かってしまえば、なぁんだとなる。

 同じセキレイの仲間としては、セグロセキレイやハクセキレイが馴染み深い。見かける回数も圧倒的にあちらの方が多い。キセキレイはそれほど珍しい鳥というわけではないけど、生息数が少ないのでそんなにしょっちゅう見かけるわけではない。だから、見るとそれなりに嬉しい。
 大きさは20センチとセグロセキレイやハクセキレイよりやや小さい。ただ、見た目がスリムなので、印象としてはもう少し小さく感じる。
 特徴はなんといっても黄色い腹だ。写真はメスなので黄色が薄いけど、オスははっきりと黄色いのでよく目立つ。夏場のオスは、のどのところが黒いのですぐに見分けがつく。ただ、冬羽になると全体的に色味が薄くなるので、分かりづらくなる。
 背中はグレー。面白いことに、英名はGrey Wagtailと、腹の黄色ではなく背中の灰色から名前を付けている。どう見ても黄色い腹の方がこの鳥一番のポイントだと思うんだけど。

 生息地は広く、西はイギリスから東はロシアまで、ユーラシア大陸全体とアフリカでも暮らしている。日本では九州より北では留鳥で、北海道は夏鳥、南西諸島では冬鳥となる。暑すぎず寒すぎない土地が好きらしい。
 基本的には水辺にいることが多く、都会よりも郊外や山の方を好む。ハクセキレイやセグロセキレイに比べると高い山や川の上流にもいることもひとつの特徴となっている。
 繁殖期以外は単独行動で、それが広い生息域につながっているのかもしれない。群れで行動してるとどうしても制約が多くなるのは野鳥も人間も同じだ。ひとりだと気ままにあっちへ行きこっちへ行きしていても許される。実際、キセキレイは引っ越し魔とも呼ばれているほど季節によってもいろいろとすみかを変える。
 エサは、主に水辺にいる昆虫などで、飛んでいるところをフライングキャッチしたりもする。カゲロウやハエ、ときにはクモなども食べる。
 子育ての時期になるとつがいになって、オスはなわばり意識が強くなる。他のセキレイにつっかかっていったり、車のバックミラーに映る自分に攻撃したりなんてこともある。カラスにも向かっていくほど気性の荒い面も持っている。
 木の上や民家に近いところでも巣作りをして、オスメス共同で子育てをする。

 キセキレイを見ると、子供の頃飼っていたセキセイインコのことをふと思い出す。最初にバザーで買ってもらったのが黄色いセキセイインコだった。そのつがいから卵が産まれ、ヒナが育ち、やがて私は世話に飽き、父親が木の板で巣箱を作って代わりにかわいがるようになり、ますますインコは増え、時が流れたある日の朝、巣箱を見るとインコが3分の1に減っているという事件が発生した。前の日の晩にエサを交換したとき入り口を閉め忘れたのだった。それでも逃げなかったインコは偉いなぁと私は子供心に思ったけど、父親の嘆きは大きかった。
 逃げ出したインコたちはあれからどれくらい生きられただろう。当時はカゴ抜けインコたちがたくさん野生化していた時代だったから、うまく群れに入って寿命を全うできただろうか。でも、たとえ短い間だったとしても、空を自由自在に飛びまわれたことはインコたちにとって幸せだったかもしれない。少年時代の私は、そんなことも思ったのだった。
 なあ、キミもそう思うだろ? と、特別出演の彼↓に訊いてみた。
どら猫の王道
 オレは知らん! とばかりに、どら猫はあさっての方向を向いたまま。
どら猫正面


記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2006/06/21 15:08
    こんにちは~!
    グハっ!なかなかいい顔してますね~。
    この猫ちゃん♪
    ドラ猫って感じの貫禄がある!
    白いソックスはいててすご~くメンコイです☆
  • もしかして緑地のアイドル
    2006/06/22 03:46
    ★kuronekoさん

     こんにちは。
     この猫、いい猫でしょうー。
     正面の写真を追加しました。この顔がまたいいんですよ。見るほどに味わい深い顔をしてます。
     なんか、顔のサイズが大きいですよね?(^^;
     この猫が家にいたら、毎日すごくなごみそうです。
     緑地にいて、全然逃げなかったから、誰かにメシもらってるんですね、きっと。
     もしかしたら、緑地のアイドル猫なのかもしれないです(笑)。
  • 2006/06/22 09:32
    オオタさん

    せっかく訪問して頂いたのに返事遅れてすいませんでした ペコリ

    明治村行きたいです!撮影ポイントあれば教えてください。

    猫の画像いいですね!どこか我が家の愛猫に似ているのがまたいいなぁ。

    こんどアップしてみようかな。
  • プラスαがあると最高な明治村
    2006/06/23 03:16
    ★hideさん

     こんにちは。
     明治村のポイントは、どこもかしこもと言いたいところなんだけど、逆に言うとどこを撮ってもパンフレット的になってしまって難しいとも言えます。(^^;
     人物が上手い具合に入り込んでくれたり、夕焼けどきなんかだといいんですけどね。
     オススメといえば、やっぱり教会内部かな。一般の教会はなかなか内部は撮影できないので、そこが撮れるってのは嬉しいところです。ここは実際の結婚式も行われたり、よくドラマや映画の撮影などもあるんですよ。
     私が行ったときは、たまたま『春の雪』の撮影に来ていた行定勲監督とすれ違ってびっくりでした。(^^;

     この猫とhideさんちの猫が似てるんですかー。それは相当インパクトありそうですね(笑)。
     アップ楽しみにしてます。(^^)
  • 2006/06/23 11:58
    オオタさん。教会内部はなかなか撮影出来ないから貴重ですね。

    僕は趣味程度の撮影だから下手ですが自分が撮りたいなぁと思う物を撮影するから

    構図は気にしませんよ(笑)

    教会内部は撮影できなかったけど先日神戸北野で外から撮影したから更新します。

    綺麗の画像じゃないけど(汗)

    猫は黒と白のコントラストなんですよ。雰囲気が似てるようです。

    携帯で撮ったのがあるからアップしますね。



  • 22才はすごい
    2006/06/24 03:27
    ★hideさん

     こんにちは。
     明治村は、また近いうちに行く予定なんで、行ってきたら写真も紹介しますね。
     あそこは大好きなところなんで、もう少し近ければ年間パスポートを買ってしょちゅう行きたいところです。
     が、遠いし、高い。(^^;
     入場料と駐車代金で2,400円は高すぎ。(>_<)

     hideさんちの猫、見せてもらいましたね。
     ホント、似てますねー。模様だけじゃなく貫禄充分なところも(笑)。
     それにしても22才ってのはすごい。そこまで長生きの猫ってめったにいないんじゃないかな。
     猫の年齢換算はいろいろな方法があるけど、1才で人間でいう20才になって、そこからは1年で4才っていうふうに換算すると、100才超えてるってことですもんね。(^^;
     いいもの見せてもらいました。画面に向かって拝みたいくらいです(笑)。
  • 確かに高い
    2006/06/24 13:10
    明治村ってそんなに高いんですか?でも見る価値十分みたいだから金額のことは気にせず行きたいですよ!

    まっディズニーに比べりゃ安いですから(笑)

    我が家の猫見て拝むんですか~?(笑)きっと愛猫も成仏すると思います(激笑)

  • 1,500円くらいなら
    2006/06/25 03:47
    ★hideさん

     こんにちは。
     明治村は、入場料が1,600円で、駐車代金が800円もするんですよ。あんな田舎なのにー。
     しかも、山に囲まれた場所なんで、周辺に路上駐車しておくスペースがないという悪条件が重なります(笑)。
     さらに言えば、ディズニーランドの満足感には遠く及びません。(^^;
     私はいつも、オークションで半額くらいの入場券を買って行きます。あと、何かのキャンペーンとかで半額になったりすることもあるんで。
     駐車場とあわせて1,500円くらいが適正価格なんじゃないかなぁと個人的には思います。

     hideさんちの猫の22才はやっぱりすごいですよ。あらためて周りに聞いてみたけど、20才超えって聞いたことないって言ってました。15才くらいまではいるんですけどね。
     充分拝むに値します(笑)。
  • キセキレイ
    2020/05/06 02:55
    キセキレイの話??猫の話??? 明治村の話??
    なんだか、つぶやきにくいけど、心をしっかり持って、つぶやかせていただきます!!
    そうなんです。私にとっては奇跡のセキレイなのです。明徳公園でたった一度 見かけただけです。カワセミはよく見かけます。もちろん、ハクセキレイやセグロセキレイは川辺にいくらでもいます。もう一度 カメラを持っている時に出会えたらいいのにな~!!
    おじゃましました。
  • 郊外の川なら
    2020/05/07 16:36
    >安部さん

     最近は鳥撮りもまったくしてなくなってしまったのですが、鳥を撮っていた頃はキセキレイはちょくちょく見かけました。
     でも、普通に暮らしているとキセキレイって見ないもんですね。たぶん、気をつけていると街中の川にもいるはずなんですが。
     郊外というか、もう少し山の方に入っていった川だとけっこう見ると思います。
     たとえば瀬戸市の岩屋堂とか、海上の森とか。
     あの鳥は姿よりも名前がいいですね。

     私がもう一度撮りたい鳥はヤマセミです。
     かつて三河の山近くの川沿いを車で走っているときに撮ったきりです。
コメント投稿

トラックバック