近場でラベンダーを済ませようと思ったら

花/植物(Flower/plant)
ラベンダーかと思ったら

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f5.0, 1/80s(絞り優先)



 小牧市民四季の森へバラを見に行ったら、ちょっとしたラベンダー畑があった。おっ、こんなところに。こりゃいいやと思い、あちらからこしたから、上から下から横から撮りまくり。でも、ラベンダーってもう咲いてたかなぁ? まあ、いいや。たくさん撮ったし、もうこれで今年は遠いラベンダー畑まで見に行かなくていいな、と喜んで四季の森を後にした。
 家に帰ってきて、ラベンダーの種類を調べようとしたところ、似たものが見つからない。はてな? こんな葉っぱのラベンダーはどこに載ってないぞ。それに、よく見るとなんか姿もラベンダーっぽくない。ラベンダーはこんなに一本が独立して真っ直ぐ立ってないし、もっとかたまって放射状になってるじゃなかったか。それとも、こういう種類のラベンダーなんだろうか。
 そんなことを考えてるとき、一枚の写真が目に止まった。サルビア? ええー! これってサルビアだったの!? 見れば見るほどその写真と似ている。名前はブルーサルビア。こりゃ間違いない、サルビアだ。ラベンダーじゃない。時期的に早すぎると思ったのだ。
 結局、ブルーサルビアと判明。正式名称は、サルビア・ファリナセア。その中のビクトリアブルーまたはビクトリアと呼ばれる品種のようだ。それにしてもなんて紛らわしい。これを見て、すっかりラベンダーと思い込んで最後まで気づかない人もけっこういるんじゃないだろうか。できれば花壇のプレートに書いておいて欲しい。これはラベンダーではありません、と。

 サルビアというと、一般的には街でよく見かける赤い花(スプレンデンス)を思い浮かべる人が多いと思う。でも、サルビアというのはすごく種類が多い。メキシコなどの中南米から地中海沿岸のヨーロッパを中心に、世界で900種類もあるという。日本でいうと、アキノタムラソウなどが仲間だ。
 サルビアはシソ科に属する。ただ、セージのグループに入れられてしまうこともあり、やや混乱しがちだ。ラベンダーやローズマリーなどもシソ科に属している。

 ビクトリアブルーの原産地は、メキシコやアメリカのテキサスで、石灰岩土壌の中低山などに自生している。
 宿根草でありながら日本では越冬できないため、一年草となる。
 アメリカなどでも人気のある花らしく、花壇に植えたり、切り花として売られてたりしてるそうだ。
 草丈は60センチほどで、花穂は20センチくらい。
 これの白花もある。でも、そうなるとブルーサルビアというのはおかしなことになる。またの名を、化粧サルビアともいう。
 ラベンダーとの決定的な違いは、やはり葉っぱの形だ。こんな細長い普通の花のような葉をしてるラベンダーはない。花も近づいてよく見るとけっこう違っている。
 日本には昭和になってからやって来た新顔だ。

 近場でラベンダーを見ることができてよかったと思ったら大間違いだった。こんな落とし穴があるとは。見た目はたとえラベンダーそっくりだったとしても、満足感は大きく違ってくる。ラベンダーには見た目がきれいだという以上の意味や価値がある。それは、「北の国から」があったからだ。ラベンダーといえば富良野、富良野といえば北の国から、さだまさし、純に蛍に五郎父さん。イメージは連鎖して、甘く切なく懐かしい思い出がよみがえる。
 ラベンダー名所ということでは、名古屋なら荒子川公園、愛知県なら新城市のつくで高原、岐阜県なら郡上郡の牧歌の里や高山市の清見、三重県ならメナード青山あたりが有名だ。でもやっぱり、ラベンダーを見るなら富良野、それもファーム富田でないといけないという絶対的な思い込みが私の中にある。いつの日か行けるだろうか。行きたい気持ちが半分、行って観光地だと分かってしまうのを恐れる気持ちが半分で、毎年7月になると気持ちがザワザワする。もしかしたら、私の中では永遠の憧れにとどめておくのがいいのかもしれない。
 そして、ラベンダーの香りは、時をかける少女の香りでもある。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 全く、同感です。
    2006/06/14 07:27
    今日の後半の文は、私の思ってる事と全く同じでビックリです。私も、ラベンダーは富良野で、北海道に行くなら、ラベンダーの時期に、富良野にって、決めていました。が、去年、思いかけず北海道に行く機会に恵まれ、11月に行ってしまいましたが、本当は、ラベンダーの時期に行きたかったのです。北海道のラベンダーは富良野が有名でも、美瑛も良いことがわかりましたから、今は、富良野じゃなくても、美瑛でも良いかなと思っています。お互い、どっちが先に行けるでしょうね。
  • 始めまして^^
    2006/06/14 09:36
    *ゝω・)ノ[★+:;;;;;:+☆訪問ァリガトゥ☆+:;;;;;:+★]*ゝω・)ゞ

    足跡からきました♪
    愛知県の方ですよね~四季の森まだいったことありませんが
    一度は、行ってみたいと思ってます♪

    ブルーサルビア何年か前σ(^_^;)もだまされました♪


    素敵な写真満載のきれいなブログですね♪
    σ(^_^;)は、写真の載せ方がまだわかってません(ノ_-;)ハア…
  • きっと富良野
    2006/06/15 04:26
    ★kattyanさん

     こんにちは。
     kattyanさんも、「北の国から」の人ですか? 私は話し始めると長くなるので、またいつか機会があったらゆっくり。(^^;
     あのドラマが終わってしまって、ホントに残念な私です。自分自身の成長と重ね合わせてずっと観てたから。
     などといいつつ、いまだ富良野も北海道も上陸を果たせずにします。(>_<)
     いつかいつかと思いながらきっかけが掴めず。
     7月の富良野はすごい人なんでしょうね。ラベンダー畑を貸し切りみたいにして見られないものかなぁ? 早朝とかなら見られるんだろうか。
     kattyanさんは11月でしたか。時期的には紅葉でしたか?
     美瑛の丘風景もいいんですよねぇ。
     あのあたり一帯は、写真を撮るにも最高の場所だし、やっぱりいつかは必ず行かないと。
  • 尾張小牧地方に出没多し
    2006/06/15 04:32
    ★ゆうきさん

     はじめまして、こんにちは。
     ようこそいらっしゃいませ。いつでも歓迎します。(^^)

     名古屋の東のはずれに住んでます。そこは名古屋市内じゃないだろうって言われがちなところに(笑)。
     なので、愛知県でも尾張小牧あたりに出没しがちな私です。
     市民四季の森は、すごくオススメってわけではないけれど、きれいに整備されていて、なかなか気持ちのいい公園です。
     バラはそろそろ終わりだけど、これからはアジサイが楽しめそう。機会があればぜひ。(^^)

     ブルーサルビアは、あれはだまされますよね。(^^;
     パッと見た感じ、やっぱりラベンダーですもん。
     本物のラベンダーは、今年はどこに見に行こう。

     写真の載せ方は、「ファイルをアップロードする」のボタンを押すと別ページが開くので、そこで写真をアップロードして、「記事を書く」をクリックすると、前のページに自動的に戻って、写真が載るようになってます。
     って、分かりづらいかも。(^^;
  • 2006/06/17 18:41
    訪問履歴から訪問させて頂きました。
    綺麗な写真を撮られていますね。わたしは撮影技術はないけど写真撮影を趣味にして少ない休日に出かけています。

    これからも訪問させて頂きます!リンクしてもよろしいでしょうか?
  • なんだかんだでもう1年半
    2006/06/18 03:19
    ★hideさん

     はじめまして、こんにちは。
     いつでも歓迎しますので。(^^)
     リンク、ありがとうございます。
     私の方もさせていただきますね。
     よろしくお願いします。

     写真は私も、ちゃんと撮ろう、と思ってから1年半くらいなんですが、ようやくちょっとだけ分かってきました。
     やっぱり写真も基本が大事だと思い知らされる最近です。(^^;
     分かり始めるとまた楽しくなってきました。
コメント投稿

トラックバック