東山植物園便り ---曇り空の下

植物園(Botanical garden)
植物園便り-1

SONY α55 + SIGMA 50mm f2.8 DG MACRO + 3600HS(D)



 東山植物園のこの日の天気は曇り。ときどき薄日が差した。
 季節は6月の後半。初夏から夏へと移り変わる時期だ。
 トンボの数が一気に増えたのが印象的だった。



植物園便り-2

 トンボたちの縄張り争いが激化した。
 常に何匹か飛び回っているので、写真に撮るには好都合だ。難しいことに変わりないながらも確率は上がる。



植物園便り-3

 ネジバナが咲き始めた。



植物園便り-4

 ハナショウブはそろそろ終わり。



植物園便り-5

 翅がだいぶ傷んでいるシジミチョウ。



植物園便り-6

 アジサイも少し撮る。



植物園便り-7




植物園便り-8

 晴れていればカタツムリは動かない。



植物園便り-9




植物園便り-10




植物園便り-11

 ハッチョウトンボはまだそれほど増えていなかった。未成熟を含めて見たのは4匹だけ。



植物園便り-12

 見たことのない謎の虫。



植物園便り-13

 ストロボ撮影もだいぶ分かってきた。ワイヤレスでの当て方については、更なる試行錯誤が必要だ。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2012/06/25 01:31
    ちょっと質問なんですが
    昼にストロボを焚くということは当然FP(ハイスピードシンクロ)
    なんですよね?

    マニュアル露出で1/4000、F2.8、減光フィルターで暗めに設定しつつ
    ストロボで方向(逆光)や表情を作る・・・みたいな

    ちなみにペンタックスの場合、ワイヤレス+FPは
    外付けストロボが2台必要と説明書にも明記されてまして、、、
    なんとも現実味がありません。

    うーーむ、ソニーいいっすね^^;
  • ワイヤレス・ストロボ
    2012/06/25 21:28
    >sinさん

     こんにちは。
     他のメーカーのことは詳しく知らないのだけど、αはMINOLTA時代から普通にワイヤレスが使えるみたいです。
     もちろん、全速ハイスピードシンクロします。
     ペンタもいけるような感じがするんだけど、どうなんでしょう。
     前にK10Dだったかのとき、ファームのアップでワイヤレスが使えるようになったとかどうかって読んだから、K-5なら最初から使えそうな気が。内蔵フラッシュと同調して光るんじゃないかなぁ。
     それで駄目なら、ケーブルでつなぐという手はあります。
     ワイヤレスのフラッシュを使いこなしているとは言えないけれど、サイド光とかを作れるので、使いようによっては面白いのが撮れそうです。
     右手でカメラ、左手を伸ばしてフラッシュってのが、人から見てどう見えるのかは分からないのですが。(^^;
     そんな人、見たことない。
コメント投稿

トラックバック