日本にしか咲かない花だからもう一度ササユリの咲く国に

花/植物(Flower/plant)
花フェスタのササユリ

Canon EOS 10D+TAMRON 28-300mm XR(f3.5-6.3), f5.0, 1/30s(絞り優先)



 子供の頃はそのへんの野山にいくらでも咲いてたのにそういえば近頃はさっぱり見なくなったなぁ、ササユリ。そんなことをふと感じたことがある方もいるだろう。昭和30年代まではササユリは決して珍しい花ではなかった。……らしい。私の幼少期にはすでにササユリの姿は街中にも郊外にもなかった。たぶん、田舎にも。
 日本では古来からユリといえばこのササユリを指した。5月の終わりになると里山や田畑などで咲き始め、気ままに摘んだり、農家の人はひょいと引っこ抜いて捨てたりしていた。まさか数十年後ササユリなんかが貴重な花になるなんて思いもしなかったろう。今や自生をうたっている場所のものも、ほとんどすべて人の管理下に置かれたものだ。土地の人が守り育てているものだから、純粋な意味での野生のササユリは絶滅寸前と言っていいかもしれない。
 ここまで数を減らしたのは、人が抜いていってしまったり、野生動物が根を食べてしまったり、環境が悪化したりしたからなのだけど、人と里山との関わり方が大きく変化したことが一番の理由だと言われている。人が山には入らなくなったことで山や林が荒れて、結果的にササユリの育成条件と合わなくなってしまった。
 この花は気難しいというか、狭い条件下でしか育たない。陽が当たりすぎても駄目、当たらなすぎても駄目、西日も嫌い、適度な風が吹く水はけのいい斜面を好む。土は酸性じゃないといけない。理想が高いわけじゃなくストライクゾーンが狭いのだ(私みたい)。なので、たとえ根っこごと引っこ抜いて持ち帰ったとしても、庭で咲かすことはまず無理だろう。たまたま条件が合って次の年は咲いてもそのまま何年も咲くことはまずない。その育成の難しさから球根は市販されてないほどだ。種から育てると、花を咲かすまでに7年くらいかかる。
 ただし、花自体が弱いわけではないので、合った条件さえ見つければ庭はともかく山に咲かせることはそれほど難しくないという。特にかつて咲いていたようなところなら、草木を整備すればまた復活させられる可能性は高い。

 今となっては珍しいものとなってしまったササユリと意外なところで出会った。花フェスタ会場の山の中で。世界のバラ園を上から見下ろせるように山の中に散策路が作られていて、その脇でポツリ、ポツリと何本も咲いていた。おお、まさかこんなところにと驚いたのだけど、考えてみれば、大規模な自生地となっている「みたけの森」はお隣といってもいいくらいの距離だ。ここに咲いていても不思議ではない。
 みたけの森へは去年行ったけど、山の斜面一面に広がって咲いていて、なかなかの景観だった。
 ササユリなんて見たこともないしその存在自体知らないぞって人もけっこういるかもしれない。自生してる場所が中部より西ということで、北の人たちには馴染みがないと思う。北限は石川県から新潟あたりで、近畿、中国、四国、九州の一部にしか咲いてない。中でも東海地方に多いと言われている。
 今でこそ日本人とササユリのつながりは弱くなってしまったけど、かつては非常に身近で、日本人が昔から愛した花のひとつだった。「古事記」にも登場し、「万葉集」でも大伴家持などがササユリについて詠っている。歌の中で「さ百合」と出てくるのは、「さ」が稲の神様をあらわす接頭語なのだそうだ。
 別名のサユリは皐月百合の略で、古い呼び名「三枝(さきぐさ)」は、よく育ったものは茎先が3本に分かれて三つの花を咲かせるところから来ている。和名のササユリは、葉っぱが笹に似ているからと、笹の中に咲くことが多いから付けられたと言われている。
 花の色は白から桃色まで変化があり、上品で控え目な香りを発する。

 ササユリに対するイメージは人それぞれで、一般的には可憐とか気品のあるとかといったところだろうか。人によっては山の女王に見えるかもしれない。でも私は、すごく普通に思える。いい意味で。色や香りの自己主張はヤマユリのように強いわけではなく、タカサゴユリのようにだらしないわけでもない。テッポウユリのように真っ白で堂々とともしていないし、オニユリのような派手さも持ち合わせていない。言うなれば、きまじめな美しさといったところだろう。それはかつての日本人の姿と重なる。
 昔の日本人は、環境と共に暮らし、自分の分をわきまえ、時代が自分を必要としなくなったときは静かに消えていった。思えば日本人とササユリは似ている。今はササユリのような日本人は少なくなったけれど。
 ササユリは、咲いている場所でしか咲けない。コブクロが歌ったように、ここにしか咲かない花だ。ついては、ササユリ自生地で私と一緒にコブクロの「ここにしか咲かない花」を熱唱してくれる相棒を募集します。でっかい方(193cm)の担当をお願いします。豊田市松嶺町の「ささゆりの里」で待ってます。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2006/06/10 07:35
    ササユリも咲いていたんですか?得しちゃいましたね。193cmの相棒ですか?残念です。151cmしかないんで、ごめんなさい〔笑〕
  • 2006/06/10 11:42
    こんにちは~。

    オオタさんのストライクゾーンはササユリって事で(笑)
    自己主張しすぎていなくて、地味でも派手でもなく普通。
    普通が一番いいような気がするけど、その普通が意外と難しいんですよね~。

    私にはこの「ササユリ」上品で可憐に見えます♪
  • 190cm以上の相棒捜しは難航
    2006/06/11 04:26
    ★kattyanさん

     こんにちは。
     ササユリは、思いがけないところで済んでしまいました。(^^;
     ささゆりの里でも行かなくちゃいけないかなぁと思っていたんだけど。
     気持ち的にはこれですっきりして次に向かえます。

     kattyanさん、193cmないんですかー?
     それじゃあコブクロ組めないですね。
     って、190センチ以上ある人を探すのはかなり大変ですよね(笑)。
     あの人、なんでそんなに大きいんだー。(>_<)
     190cm以上の人なんて、私はプロレス会場でジャイアント馬場に触って以来、見たことがないです(笑)。
  • ミス・ササユリを探そう
    2006/06/11 04:30
    ★kuronekoさん

     こんにちは。
     私のストライクゾーンは狭いですよー。真ん中やや外角よりのベルトラインしか振りませんから(笑)。
     守備範囲も狭くて、ちょっとでも横のライナーでも取らないくらいです。
     って、それは大げさですけどね。(^^;

     でも、ササユリってそういう意味では私の好みなのかもしれない。言われてみればそんな気もしてきた。
     ということで、ミス・ササユリの人に出会ったら好きになるのかも?(笑)
     そんな大会あるんだろうか……。
コメント投稿

トラックバック