桜便り<14> ---黒川から五条川へ - 現身日和 【うつせみびより】

桜便り<14> ---黒川から五条川へ

黒川から-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4



 雨が降った翌日は、よく晴れた穏やかな日になった。
 前日の雨と風で花はかなり落ちてしまっただろうと半ばあきらめていたら、思ったほどでもなくて、まだしっかり残っていた。
 とはいえ、結局、この日が最後の見頃となった。
 咲き始めると早いというけど、落ち始めるともっと早い。花のあとはすぐに葉が出てくる。
 香流川沿いを通りつつ黒川に向かい、その後北上して五条川を目指した。去年も経験した過酷な自転車行きだ。今年は更に距離を伸ばして、総距離は60キロを超えた。これまでの最長距離を更新した。足のへばりよりも気持ちが折れそうだった。



黒川から-2

 道はうっすら桜の絨毯になっていた。
 舞い散る花びらは、普通に撮ったのではなかなか写ってくれない。印象的に撮るには、ピントとシャッタースピードと背景をコントロールしなくてはいけない。



黒川から-3

 黒川は、香流川よりも先行していて、かなり花が落ちていた。タイミングとしてはもう遅すぎた。
 今年は川沿いの片側を通り過ぎただけだった。



黒川から-4




黒川から-5

 黒川は川幅が狭くて、両側からせり出すように咲くので、最盛期に撮るといいのが撮れる。
 土手に植えられたチューリップも、ちょっとしたアクセントになる。



黒川から-6




黒川から-7

 黒川を北へ進み、名古屋空港の西、豊山町にも、ちょっとした桜並木がある。
 冬に通ったとき、ここの桜に気づいて、花が咲いたら撮りに来ようと思っていた。



黒川から-8

 豊山グランド近くにも桜並木があった。
 豊山はイチローの故郷で、毎年イチロー主催の少年野球大会が開催される。イチローも訪れて挨拶をする。それがこのグラウンドだ。



黒川から-9

 途中でさくらまつりをしているところがあったので、寄っていくことにした。
 合瀬川沿いに1キロくらい桜並木が続いていた。



黒川から-10

 名鉄の徳重・名古屋芸大駅近くで五条川に出た。



黒川から-11

 五条川も、ここまでならそれほどの距離じゃない。大変なのはここからで、ずっと上流へさかのぼっていき、家からはどんどん遠ざかる。
 その様子は、また次回ということにしたい。

関連記事ページ
コメント
非公開コメント

こんばんは。
いつも美しい写真に脱帽です。
うーん。同じ所で同じ日に写した写真がどうしてこんなに違うのか、
写真って難しいですね。
ピントの取り方とか、シャッタースピードとか前回のブログで書かれていますが、
やはり撮りかたがあるんですね。
コンデジでは難しいんでしょうか?

2012-04-16 22:14 | from tmz

一眼でしか撮れないもの

>tmzさん

 こんにちは。
 コメントありがとうございます。
 tmzさんも五条川の南を自転車で行かれていたようですね。
 清洲は日を改めて私も行きました。そのときは鉄道と歩きだったのです。

 コンパクトデジでも撮れる写真と、デジタル一眼でしか撮れない写真がありますね。
 画質どうこうよりも、やはりレンズの問題が大きいです。
 開放F値が小さい明るいレンズでないと撮れない写真は確かにあります。
 最近はミラーレスが小さくて画質もいいし、レンズ交換もできるので、オススメです。

2012-04-17 21:43 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/2642-df5c25d2