名古屋ウィメンズマラソン2012を撮りにいく

イベント(Event)
ウィメンズマラソン-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 100-300mm / 10-24mm



 昨日、名古屋ウィメンズマラソン2012が開催された。
 毎年行われていた名古屋国際女子マラソンが、あらたに女性ランナーだけの大規模な一般参加型の大会に生まれ変わった。1万3千人を超える女の人が名古屋の道路を埋め尽くす光景は、なんだか言葉を失うほどのすごいものがあった。
 マラソンはけっこう好きで、テレビではちょくちょく観ているものの、生で観戦したことは一度もなかった。今年初めて、ウィメンズマラソンが行われるということで、かなり前から楽しみにしていた。
 ただ、実際に見たことがないので、沿道の様子やレースの進行などもよく分からず、撮影は行き当たりばったりの手探りになった。前の日に予習をして、コース図は持っていたし、土地勘のある場所だから、ぶっつけ本番でもなんとかなるだろうと思ったのだけど、なかなかそう上手くはいかなかった。
 何しろ、コースは当然ふさがれてしまうから、道路の反対側に渡ろうにも渡れない。自転車移動だったので、よけい小回りがきかず、わざわざものすごく遠回りして、選手を手前で待ち構えるなんてこともした。歩道橋を渡れればいいことに気づくのはだいぶあとだった(自転車を担いでいかないと渡れないところもある)。
 そんなままならないことがありつつも、見ている間にだんだん楽しくなっていった。撮ることも面白かったし、マラソン大会の場に自分が参加している感じが楽しかった。スポーツでも何でも、ライブ感がもたらす高揚感といったものが確かにある。
 少し写真の枚数が多くなってしまったけど、私が見て感じたウィメンズマラソンの風景をお届けします。
 モノクロは最初から頭にあって、現像したときカラーよりもモノクロの方がいいと判断した。



ウィメンズマラソン-2

 この日、一番楽しみにしていたのが、野口みずきだった。
 最初に野口の姿を見たときは、すでに先頭グループから遅れだしたあとだった。ああ、やっぱり駄目か。4年以上のブランクは大きかったのかと思ったのだけど、その後、粘りで追いつき、折り返しではトップに立っていた。
 ひょっとして奇跡の復活優勝かという期待も抱かせた。しかし、34キロで再び遅れ、最後は6位に終わった。
 初めてのマラソンは10年前の名古屋国際女子マラソン。初マラソンで初優勝を飾った。野口みずきは本当に強い選手だった。アテネオリンピックの金メダルだけでなく、6回走ったマラソンで5回の優勝。1回は全盛期のヌデレバに負けた2位だ。怪我との戦いから戻った野口が、今度も見事な快走を見せて優勝してくれるんじゃないかと信じた人も多かったに違いない。
 沿道からは、野口がんばれー、みずきあきらめるなー、という声援がたくさん飛んでいた。どの選手よりも応援する声は大きかった。見ているこちらも胸が熱くなった。



ウィメンズマラソン-3

 作戦ミスというか、見通しの甘さから、上位グループの走りをじっくり見ることができなかった。先頭の方がいってしまうと、やはり観客は少なくなるので撮りやすくなる。
 渋井や尾崎も見たかったのに、確認できなかった。たぶん、目の前を通ってはいたのだろうけど、トップランナーはさすがに速い。自転車でも精一杯こがないと追いつけないスピードだ。
 有名人では、安田美沙子や道端ジェシカなんかが走っていたらしい。それも見られずじまいだった。



ウィメンズマラソン-4

 38歳になったリディア・シモンは、後半疲労の色が濃かった。
 優勝は、ロシアのマヨロワ。尾崎好美が2位で、オリンピックの代表選手に選ばれた。



ウィメンズマラソン-5




ウィメンズマラソン-6




ウィメンズマラソン-7




ウィメンズマラソン-8




ウィメンズマラソン-9




ウィメンズマラソン-10




ウィメンズマラソン-11




ウィメンズマラソン-12




ウィメンズマラソン-13




ウィメンズマラソン-14




ウィメンズマラソン-15




ウィメンズマラソン-16




ウィメンズマラソン-17

 名古屋では初の試みということで、いくつか問題もあったようだけど、マラソン大会としてはおおむね成功だったんじゃないだろうか。個人的にはすごくよいことだと思う。学生時代には走ることがあんなにもみんな嫌いだったのに、今や好きこのんで走る人がわんさといる。東京マラソン以降、ランニングブームを超えて、フルマラソンのランナー人口が飛躍的に増えた。みなさん、なんだかんだで初心者でも4時間、5時間で走っている。練習している人なら3時間台だ。
 山登りと同じように、マラソンには特有のカタルシスが得られるであろうことは想像ができる。普通に考えたら40キロも走れないだろうと思いながらも、やってみると案外できるものだ。達成感が癖になるというのも分かる。私も撮影行きでは10時間以上歩くことがある。
 今回の成功で、来年は更に盛り上がりを見せそうだ。街ではお洒落ウェアに身を包んで走っている女性が増えた。毎年続けて開催していって、名古屋の春の風物詩になるといい。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2012/03/12 22:42
    こんにちは!
    やはり行かれてましたか!
    僕も悩みに悩んだ末に「マラソンは撮ったことないから・・・」と思い、瀬戸線と中央線に乗ってゆっくり大曽根、千種、金山、副都心?巡りをしておりました。
    とてもよく撮れておりますね。
    来年こそは行こうとここで決意します。
  • 楽しいのでぜひ
    2012/03/13 22:54
    >Darrellさん

     こんにちは。
     ウィメンズマラソンは、去年から楽しみにしてました。
     女性だけのマラソン大会ってことで、どうなんだろうと思ったら、とても健康的で楽しいイベントでした。
     カメラの人もわんさかいました。
     Darrellさんも来年はぜひ。
コメント投稿

トラックバック