幅下あたり

名古屋(Nagoya)
幅下-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4



 円頓寺の行き帰りに撮った町並みの写真が残っていた。番地でいうと、幅下あたりだ。
 地理的には名古屋城の南西で、円頓寺を含めて、名古屋ではもっとも下町の風景が残っているところだと思う。



幅下-2

 堀川も、昔に比べるとずいぶんきれいになったものの、長年蓄積したへどろがたまっているから、これ以上きれいにするのは難しいという話だ。
 ところで名古屋城下に、伊勢神宮のおかげ横町のような金シャチ横丁を作るという計画が出ている。上手くすればここ5年以内に実現するかもしれない。堀川沿いも、まだまだ再開発の余地がある。



幅下-3

 ちょっと大きめの地蔵さん。
 かつてお寺があったところらしい。今はプレハブ住まい。



幅下-4




幅下-5




幅下-6

 駄菓子屋の問屋が集まった明道町。
 以前に一度、写真を撮るために訪れた。
 このときは自転車を押しながらだったので、しっかり撮れなかった。あらためて出直して、もう一度じっくり撮りたい場所だ。



幅下-7




幅下-8




幅下-9




幅下-10

 帰りに市政資料館に寄ってみた。早咲きの桜があるところで、その様子見のために。
 さすがにまだまだ桜の気配さえなかった。咲いてくるのは3月の半ば以降だろう。
 名古屋の桜は、市政資料館と、高岳から始まる。今年もまた、桜の季節が近づいた。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2012/03/08 04:26
    一枚目の写真、素敵です。
  • この一枚で
    2012/03/08 20:52
    >mistyさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     これは私もお気に入りで、この日の最初の頃に撮ったのですが、今日はもうこの一枚でいいやと思ったくらいでした。
コメント投稿

トラックバック