岩塚のきねこさ祭 ---本祭りと厄払い神事編 - 現身日和 【うつせみびより】

岩塚のきねこさ祭 ---本祭りと厄払い神事編

きねこさ祭本祭り




 岩塚きねこさ祭の3回目で最終回をお送りします。
 川祭り、古式行列のあとは、七所社に戻って、本祭りが執り行われる。
 これは関係者のみの神事で、見物人は外から見るだけだ。祝詞があげられたり、雅楽が演奏されたりする。舞の奉納もあったようなのだけど、そこは見逃した。



きねこさ祭草履と靴

 本祭りは30分ほど続いた。



きねこさ祭厄払い神事

 最後に行われるのが、厄払いの神事だ。
 境内の真ん中を空けて、見物人たちは輪になって取り囲む。
 役者さんたちが列を作って行進しながら口上を述べる。



きねこさ祭祭具で厄落とし

 役者さんが持つ祭具で、見物人たちの頭を叩いて回る。これで厄落としになるというので、人々は進んで頭を出していく。



きねこさ祭厄落とし

 前からも後ろからも、油断していると、いろんな道具でペチペチ叩かれる。頭を叩かれてみんな嬉しそうにしているというのも不思議な光景で面白い。
 ときどきふいをつけかれてゴツンとやられて、ちょっと痛かったりもする。



きねこさ祭礼服のカラス

 礼服に身を包んだカラスと呼ばれる人たちがいる。輪の内側に立っていて、その人たちは容赦なく叩かれる。背中とか、尻とかを。



きねこさ祭尻叩き

 笑ってはいないけど尻を思い切り叩かれる。



きねこさ祭獅子

 獅子もいる。獅子舞はなかった。



きねこさ祭眠る子

 この騒ぎの中、熟睡している子供はすごい。



きねこさ祭杵が突っ込む

 厄払いの主役とも言えるのが、杵をかたどった大きな祭具だ。
 ときどき登場して、観客の中に突っ込んでいく。


きねこさ祭杵が突っ込んでくる

 写真を撮りながら受けるのはちょっと危険なので、及び腰になった。
 それでもみなさん楽しそう。



きねこさ祭しゃがむ

 ここはしゃがんで頭を下げるところらしい。



きねこさ祭神事

 役者さんと観客が一体になって祭りを作っていく。こういう一般参加型の祭りというのは、意外と少ない。見物人は見るだけというものがほとんどだ。



きねこさ祭厄落とし神事

 厄払い神事だけで1時間以上やっていた。
 川祭りから最後まで通して見ることで、きねこさ祭のよさや楽しさを知ることができた。
 名古屋市内にも、こんなふうに地域に根ざした伝統の祭りが受け継がれていることを知って、なんだか安心した。時代が変わっても守られていくものはあるし、日本人の心はまだまだ失われていないと感じた。
 まだ見たことがない祭りはたくさんある。今後も機会があれば積極的に出向いていきたい。

 岩塚のきねこさ祭 ---七所社と川祭り編
 岩塚のきねこさ祭 ---古式行列と佐屋街道編

【アクセス】
 ・地下鉄東山線「岩塚駅」から徒歩約20分。
 ・無料駐車場 たぶんなし
 ・拝観時間 終日

 岩塚七所社webサイト
 
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

面白そう

“マサユキ”さん、こんばんは

祭りの寸景・・・「赤い鼻緒」の草履、印象に残るね~。
全国に何百という祭りがあるが、やっぱり村祭りが一番だね。
「叩く」、此の行為に昔の人は不思議な力を見たのでしょう。
それにしても、一風変わった祭りで面白そうです・・・

2012-02-12 20:49 | from てんくら

日本の祭り

>てんくらさん

 こんにちは。
 あの草履は、もっと近くから撮りたかったんですが、人目があって。(^^;
 有名ではない祭りが、日本全国にたくさんあるんでしょうね。テレビやネットでは紹介されないそういうお祭りこそ、素朴な風習なんかが見られるのかもしれないですね。
 最近は地区の盆踊りなんかもなくなって、祭りはすたれたのかと思ってたんですが、あちこち巡ればまだまだたくさん残っていることを知りました。
 それでなんだかホッとしたような気持ちになってます。

2012-02-12 23:52 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/2540-f2318694