多治見修道院との再会

神社仏閣(Shrines and temples)
多治見-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.4 / 10-24mm f3.5-4.5



 虎渓山永保寺に紅葉を撮りにいった日、近くにある多治見修道院にも当然寄っていった。
 もともと、修道院を見たくて多治見へ行ったのが最初だった。あれはもう、5、6年になるだろうか。永保寺と修道院は、歩いても10分かからない距離なので、それ以来毎回併せて行くようになった。
 近頃は中まで入ることはなくなった。中は撮影禁止だし、ひとりで行くとちょっと入りづらい。外から見るだけでも行く価値はあるし、ここのことがずっと好きなのは変わりない。


多治見-2

 裏手。



多治見-3

 少しモミジがある。このときはまだ紅葉が完成していなかった。


多治見-4

 ワインを作るためのブドウ畑を持っている。自家製ワインは、一般用にも小売りしてるので、買うことができる。


多治見-5

 沈みゆく夕日に照らされる。


多治見-6

 多治見北高のグラウンド。
 いつ行っても部活が練習していない。たまたまなのかもしれないけれど。


多治見-7

 初めて角を曲がって修道院の建物が目に飛び込んできたときのことを忘れない。唐突に中世が目の前に現れたようで、衝撃を受けた。
 帰り際、何度も振り返って修道院を見た。


多治見-8

 オマケの写真を少し。
 中央線の線路を見下ろす。俯瞰撮りのロケーションとしては、なかなか悪くない。


多治見-9

 スナック前の駐車場で昼寝をしていたノラ。
 猫の中で茶トラが一番好きだ。


多治見-10

 閉鎖されて久しそうなフォトスタジオ。
 夕焼け色に染められて。


多治見-11

 多治見へ行くのは、早くても来年の秋ということになるだろう。再来年か、もっと先になるかもしれない。

記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック