2011年秋のミスせともの撮影会 ~定光寺

人物/ポートレイト(Portrait)
ミスせともの-1

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di



 今年もミスせともの撮影会に参加させていただいた。
 去年2010年度のミスせともの撮影会に2度行って、今回が3回目となった。
 会場は去年の岩屋堂から定光寺に移された。
 今年2011年度のミスせとものも当たり年だった。というか、写真で見ても毎年ミスせとものは地方ローカルのミスとしてはかなりレベルが高いと思う。朝日放送に入社した角野友紀さんもいる。
 ミスせとものは、夏に行われるせともの祭りの前に選ばれ、そこでのパレードがお披露目となり、各地でのPR活動、秋の撮影会、七福神行列、陶祖まつりと出番があり、来年春の撮影会で一年間の役目を終えることになる。
 今年は大学生の3人が選ばれた。あの大学の近くでよく瀬戸電を撮っているので、もしかしたら目撃されているかもしれないから気をつけないといけない。

 前回2回の反省と経験を踏まえて、今回は一人に絞って撮ることにした。
 時間は2時間で、移動や準備の時間を除けば実質1時間ちょっとしかない。3人を追いかけていると、全部が中途半端になってしまう。
 誰ということを決めず、当日見たときの印象で決めればいいと考えていた。現地でぱっと見て、彼女に決まりと、小野汐帆美さんにした。せともの祭りのパレードのときとはずいぶん印象が違っていた。
 レンズは90mmマクロ1本。望遠で妥協したくなる気持ちを抑えて、とにかく90mmで撮るのだと押し通した。
 どうしても距離があって、いろいろと制約があるのだけど、限界の中でどう撮るか、限界の隙間を超えられるかが撮影会での勝負所となる。不満を言っても仕方がない。その場の状況の中で撮れるだけ撮るしかない。
 小野さんの場合、素材がいいので誰がどう撮ってもきれいに撮れるというのはあった。


ミスせともの-2

 開始直後、まだ少し表情が硬い。
 20人以上に半円取り囲まれて写真を撮られるという経験は誰でもないのが普通だ。


ミスせともの-3

 月並みな表現をするなら、アイドル並み。

ミスせともの-4

 誰に似ているというわけではないのだけど、表情の移り変わりの中で、いろんな顔が出てくる。人によって、誰々みたい、という感じがしたんじゃないかと思う。
 ときに相武紗季みたいだったり、山口もえだったり、平山あやを思わせたりする。
 若いときの浅茅陽子、なんて言っても本人は知らないだろう。


ミスせともの-5



ミスせともの-6

 彼女のすごいところは、ブレイク・ポイントが非常に遅いことだ。
 すまし顔のときはかわいいけどちょっと油断するとすぐに崩れてしまう人が多い中、彼女は崩れるポイントが少なく小さい。だから、ふっと力を抜いているときの表情もいい。
 ミスせとものさんを去年、今年で6人ファインダー越しに見てきて、表情の合間あいまにかわいく見える瞬間があって、そこを狙って撮るということをしてきたのだけど、小野さんはむしろ逆に緩んだ瞬間を狙いたくなる。しかし、それがなかなか訪れない。


ミスせともの-7



ミスせともの-8



ミスせともの-9



ミスせともの-10



ミスせともの-11



ミスせともの-12

 この日は小野さんにずっとついていたので他の二人はほとんど撮れなかった。
 神原碧さんは、笑顔よりもこんなクールな表情が似合うと思った。


ミスせともの-13

 真ん中がクイーンの三輪加津紀さん。
 瀬戸フォトコンの表彰式のときは清楚なイメージだったけど、この日はやや強めのメイクと衣装での登場だった。


ミスせともの-14

 実は行く前、ちょっと気が重かった。なんとなく気分が乗らず、上手く撮れないような気がしていた。
 撮っている間もあまり手応えがなくて、心の中で自分の力不足を嘆くばかりだった。
 帰ってきて写真を見たら、思っていたよりは撮れていて、ホッとした。これはもう、小野さんという素材に恵まれたとしか言いようがない。一人に絞って撮ったのは正解だったようだ。
 春までにはもっと撮れるように力を高めておかないといけない。それとやっぱり90mmでは届かないところも多々あった。春の撮影会までには180mmマクロを買うことにする。

 ミスせとものの三人さんと瀬戸の関係者のみなさま、大変お疲れ様でした。
 ありがとうございました。
 また春もよろしくお願いします。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/11/15 00:28
    おおっ、やはりオオタさんも行ってましたか!
    ・・・てことは帰り自転車に乗ってたのがそうだったかな?

    小野さん可愛かったですねー しかも外れナシ!?
    でも私は逆に、表情の固かった三輪さんが気に入って一番多く撮りました^^
    よければご覧下さいまし。

  • みなさん、本当におきれいですね~♪
    2011/11/15 22:37
    こんばんは。
    みなさん、本当におきれいですね~♪それぞれに個性があって素敵です。
    ところで....望遠で妥協したいところを、90mmマクロ一本で...というのは、
    どういうことなのでしょうか?
    背景をぐっとぼかして、人物を際立たせることができるということですか?
    (初心者レベルの質問で恐縮です)
  • また春に
    2011/11/15 23:13
    >レモン・リーさん

     こんにちは。
     レモン・リーさんのブログを見て、あ、行ってたんだと思ったのでした。
     気づいていれば一緒に撮ればよかったですね。
     って、私、目撃されてましたか?(^^;
     定光寺は行きも帰りも坂道が大変なんで、できることなら自転車では行きたくないところです。
     あの日は、小野さんの専属のようにあとをついてまわってました。
     彼女はまだまだ表情の引き出しがありそうだから、春も楽しみです。
     2回目の方が、撮る方も撮られる方も慣れて、いい表情が撮れるのです。

     定光寺といえば、23日から27日まで愛岐トンネルの一般公開があります。
     http://www.geocities.co.jp/ag_tunnel/index.htm
     例年なら紅葉が見事なんだけど、今年は遅れてるからタイミングが合わないかな。
  • 距離の問題
    2011/11/15 23:18
    >manunuさん

     こんにちは。
     人物のポートレイトは、やっぱり近づかないとダメだと思うんですよねぇ。
     理想は50mmの距離で、会話をしながらかな。
     でも、多人数の撮影会では一定の距離があるんで、どうしても近づけなくて、表情を撮ろうとすると望遠しかないということになります。
     90mmだと、ぎりぎり届くか届かないかという微妙な距離です。
     背景のボケということだけなら、200mm f2.8とかを使えばいいんだけど、そういうことではないんですよねぇ。
     でも、背景の選択と光の回し方はやっぱり大事で、どんなレンズでもそこが一番のポイントになります。
  • 2012/06/08 21:52
    こんにちわ。
    瀬戸市小学生のAyaです。
    瀬戸についてパソコンで調べていたら、陶彦神社でミスせとものが練り歩くという情報を発見し、このぶろぐを見させていただきました。
    やっぱりみなさんとってもきれいです!!
    やはりオオタさんはカメラを取るのが上手ですね~(*^。^*)
    またブログ訪問させてください。
  • ミスせとものさん
    2012/06/08 22:54
    >Ayaさん

     はじめまして。
     こんにちは。
     コメントありがとうございます。
     瀬戸市にお住まいなんですね。瀬戸は私も好きな街で、よく撮りにお邪魔してます。
     ミスせとものさんは、毎年きれいですね。
     今年も9月のせともの祭で、新しいミスせとものさんが登場します。
     陶彦神社やパルティせと、商店街なんかをみんなで行進します。
     Ayaさんも、せともの祭、行きますか?
コメント投稿

トラックバック