2011年 矢勝川のヒガンバナ風景

花/植物(Flower/plant)
矢勝川-1

SONY α55 + TAMRON 90mm f2.8 Di / 10-24mm / 50mm f1.7



 半田の矢勝川ヒガンバナも、今年は残暑の影響で開花が遅れた。見頃は9月の最終盤となった。
 とはいえ、さすがに10月に入ってからでは遅刻で、撮りどきとしては致命的な遅れだった。大部分が色あせ始めていて、撮るところを探すのに苦労することになった。
 それでも去年よりはずっと撮れた。一年の歳月は無駄に流れていなかった。
 矢勝川のヒガンバナも、今回で4度目となった。

矢勝川-2

 ヒガンバナの土手を駆けていく子供たち。

矢勝川-3

 光と影、赤と黒のコントラストに、緑の差し色。

矢勝川-4

 赤く染められた風景の中を行く。

矢勝川-5

 大勢の中からカワイコちゃん探し。

矢勝川-6

 一年の中で2週間だけ賑わう。

矢勝川-7

 密集。これぞ群生。

矢勝川-8

 記念撮影という幸福なシーン。

矢勝川-9

 主役の座を奪ったエノコロ。

矢勝川-10

 あと3日早く訪れていたら、もっと赤色は鮮やかだっただろう。

矢勝川-11

 白花もけっこうあって、人気者となっている。

矢勝川-12

 土手に座ってのんびりおしゃべりを楽しむというのも、贅沢な時間だ。

矢勝川-13

 ヒガンバナと青空を映す水路。

矢勝川-14

 しばらく見ていてもピクリとも動かない。最近は凝ったカカシを作るもんだ。農作業している姿を模しているのか。
 と思ったら、むっくり起き上がったので、ドキッとした。カカシじゃなく人だった。

矢勝川-15

 ヒガンバナ咲く土手の風景。

矢勝川-16

 日が傾き夕景へ。

矢勝川-17

 夕焼け時間のヒガンバナ。

矢勝川-18

 夕暮れのシルエット。

 これが今年の矢勝川で撮ったヒガンバナの風景だった。
 このあと、夕焼けの土手風景撮りへと続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • こんなものを
    2011/10/05 11:29
    矢勝川ではこんなものを写してきました。

    http://mouming.deca.jp/blog/2011/10/01/yakachigawa/
  • 赤い
    2011/10/05 22:03
    >moumingさん

     こんにちは。
     moumingさんが行った日は、やっぱり絶好調に赤いですね。
     しまったなぁ。
     1日、2日の遅れが致命的になることを再認識しました。
     今年のヒガンバナももう終わりですね。
  • 2011/10/05 22:14
    ええ、とても綺麗だったし、撮影が楽しかったので、今まではあまり好きではなかった、苦手だった彼岸花を少しは見直しました。
    最寄の名鉄半田口駅から大勢がいらっしゃっていました。

    私は「もしかしたらオオタさん、来てないかなぁ・・」なんてカメラマンを凝視していたりしました。怪しいカメラマンだったかも・・(笑)。
  • 週末
    2011/10/06 23:46
    >moumingさん

     こんにちは。
     今年はちょうど週末に見頃を迎えたので、タイミングがよかった人も多かったでしょうね。
     その前に中日新聞にも載ったんで、人が増えたというのもあったはず。
     あそこは特に明るいイメージで、ヒガンバナの暗さを吹き飛ばしますね。
     撮影中、確かにちょっと視線を感じたような。(^^;
     たまに知り合いに見られてるから気を付けないと。
  • 2011/11/16 05:24
    ひがんばなとてもきれいです。
  • 過ぎた花
    2011/11/16 22:55


     ありがとうございます。
     ほんのひと月ちょっと前のことなのに、彼岸花はもうすっかり遠い過去の記憶になってしまいました。
     花も過ぎ去ってしまえばあっけないものですね。
コメント投稿

トラックバック