瀬戸電風景を撮る ~夕景編

鉄道(Railroad)
瀬戸電夕景-1

SONY α55 + MINOLTA 50mm f1.7 他



 瀬戸電風景の写真がまただいぶたまってきたので、ここらで一回挟んでおくことにした。
 今回は夕景を中心にお届けします。

瀬戸電夕景-2

 喜多山駅ホーム。
 キバナコスモスが夏の終わりを彩っている。

瀬戸電夕景-3

 好きな踏切の一つ。
 鉄道風景には、スクーターではなくカブがよく似合う。

瀬戸電夕景-4

 城山の田んぼにて。緑と赤のコントラストが尾張旭の風景だ。

瀬戸電夕景-5

 瀬戸電のいいところは、線路沿いにずっと道があることだ。自転車で流しながら撮るには条件が整っている。

瀬戸電夕景-6

 旭前駅。通勤通学の自転車が並ぶ。
 ホームでは新旧の車両が行き違った。

瀬戸電夕景-7

 瀬戸電に最も近い場所はここだと思う。

瀬戸電夕景-8

 線路脇に生えるエノコログサなどに秋の気配を感じた。

瀬戸電夕景-9

 夕方の犬の散歩。

瀬戸電夕景-10

 通過する列車が、夏の終わりのひまわりを揺らす。

瀬戸電夕景-11

 孫を抱いたおじいちゃんは、線路脇で夕涼み。

瀬戸電夕景-12

 大森・金城学院前駅は、夏休みの間、人もまばらで閑散としている。

瀬戸電夕景-13

 高架ではないところで瀬戸電の列車が頭の上を走る区間はごく短い。
 ここでは夕日がもっと左の位置で沈むときに撮りたい。

 また、瀬戸電シリーズやります。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/09/02 21:25
    瀬戸電は「旅情」ではなくて、「日常」が似合う路線ですよね。
    沿線住民の足という雰囲気、生活の一部という雰囲気。
    オオタさんの瀬戸電には生活があって大好きです。
    夕日、夕焼の瀬戸電が良いですねぇ。
  • 今度は朝
    2011/09/02 23:06
    >moumingさん

     こんにちは。
     同じところばかり撮ってるとすぐに飽きるだろうと思いきや、通うことで見つかるものもあって今のところ楽しく撮ってます。
     そうですね、瀬戸電は、他の名鉄の路線とはちょっと違ってますね。ローカル線のようでローカル線ではなく、生活路線なんだけどそれだけじゃない。
     今度は朝の瀬戸電風景も撮ってみようと思ってます。
コメント投稿

トラックバック