どまつり前夜祭 <後編>

イベント(Event)
どまつり前夜祭2-1

SONY α55 + SIGMA APO 170-500mm f5-6.3



 今年のどまつりは、日曜日の今日、さきほど無事幕を閉じた。
 結果はここで発表しない方がいいのかもしれない。前夜祭で上位チームをひと通り見たとき、今年は鯱がやるんじゃないかと思ったとだけ言っておこう。いや、ホントに、後出しジャンケンじゃなく。
 私は日曜の今日も、大津通のパレードを撮りに行ってきた。その写真はまた来週ということにして、今日は前夜祭の後編をお届けします。

どまつり前夜祭2-2

 今年の鯱は、衣装もよかった。去年は確か青だったと思う。鮮やかなオレンジを基調にしていて、よく目立った。
 衣装もけっこう重要な要素だ。かなり印象が違ってくる。

どまつり前夜祭2-3

 このあたりも見た目からチーム名が分からない。

どまつり前夜祭2-4

 後半はだいぶ動きを撮れるようになった。6時から9時まで、3時間も同じものを撮っていれば、それなりにコツも分かってくる。
 分かってはくるけれど、個人の表情に迫るほど引き寄せることができず、もどかしさが募る。

どまつり前夜祭2-5

 みんな楽しそうだ。
 この日のために、一年間練習を重ねてきた成果を発表する場でもある。

どまつり前夜祭2-6

 鳴海商工会 猩々だろうか。マークに見覚えがある。
 常連チームで、ファイナリストによく名を連ねている。

どまつり前夜祭2-7

 ふんどしいっちょうになっているのは、ゲストチームの北海道大学 縁の面々だ。

どまつり前夜祭2-8

 ここからが去年のTOP3だったんじゃなかったか。
 だとすると、これは笑゛(じょう)だ。
 今年も好成績だった。

どまつり前夜祭2-9

 上位チームの共通項として、一体感と躍動感がある。見ているこちらの心を浮き立たせるチームが、やはり上位になっている。

どまつり前夜祭2-10

 信州大学YOSAKOI祭りサークル 和っしょい。
 ここも上位の常連チームだ。
 信州だけに御柱祭をモチーフにしていたと思う。

どまつり前夜祭2-11

 いよいよ最後のチーム、2年連続大賞のD.D.Mカンパニーが登場した。

どまつり前夜祭2-12

 このあたりになると、それはもうカッコイイのだ。
 舞台で続けて演舞を見ていると、チーム力というものの差がよく分かる。何をどうすれば上位チームになれるのかはよく分からないけれど。

どまつり前夜祭2-13

 D.D.Mカンパニー、今年も強しか、と思う一方で、もしかしたら少しまとまりすぎていて弾け足りないのかもしれないとも感じた。
 これまで3年連続大賞をとったチームはない。

どまつり前夜祭2-14

 3時間はちょっと長いかなと心配していたけど、退屈することなく最後まで楽しむことができた。
 ただ、観覧席はちょっと問題がある。ステージまで遠すぎるし、固いベンチに3時間はおしりが痛い。段差が小さいから、クッションなんか敷いたら後ろの人が見えなくなる。
 観覧席よりも、フリースペースの一番後ろで立って撮った方がいいんじゃないかと思う。
 まあ、それもこれも観覧席を買って観たから分かったことで、去年感じていたモヤモヤ感は消えたので、よかった。

どまつり前夜祭2-15

 前夜祭フィナーレは観客席も含めた総踊りになった。
 そうして、撮影は日曜のパレードへ移っていくのであった。
 つづく。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/08/28 23:53
    うううっ・・・・。
    続きが楽しみです。

    ステージの撮影ではこれくらいの距離があると、パターンの面白さを狙うか・・うーん。私には難しい。やってみないうちから音を上げていてはいけないのですが。

    何を写していいのやら、皆目見当がつきません。
    どうしたら、自分が見て楽しいと感じた事を表現できるかなぁ。
  • ステージは遠かった
    2011/08/30 01:13
    >moumingさん

     こんにちは。
     去年初めてどまつりを撮りに行って、今年は初めて久屋大通会場のメインステージで撮りました。
     有料なのに無料席より遠いって(笑)。
     遠すぎて500mmでもあそこまでしか引き寄せることができずに、変化をつけるのが難しかったです。
     でも、いい予行演習になりました。
     で、次の日曜の大津会場へ続いたのでした。
コメント投稿

トラックバック