雨の長久手花火大会

花火(Fireworks)
長久手花火-1

PENTAX K-7 + DA16-45mm F4



 土曜日は長久手の花火だった。一日小雨が降り続いていて、本当に開催するのかどうか半信半疑だった。サイトを見ると予定通りやるとあったので、行ってみることにした。
 雨降りでは晴れているときのような写真は撮れないだろうけど、どういうふうに撮れないのかを知っておくのも意味があるだろうし、自転車で30分の近場ということもあった。
 場所は長久手役場の北西で、土地勘があるところだったので、打ち上げ場所に近いところに陣取った。いや、行ってしまったというのが実際のところで、打ち上げが始まってすぐ、近すぎて失敗だったことに気づいた。もう手遅れだった。
 このあたりは一面田んぼ地帯で、向こうに町明かりがポツポツ見えているというシチュエーションだ。空だけがバックの花火写真はあまり好きではない。打ち上げ風景として撮るのが好きなので、なんとか横位置で撮りたいというのがある。しかし、横にすると高く上がった花火が入りきらない。前半は非常にまごついた。雨も降り止まない。
 花火数は2,000発と、ローカル花火大会にしたら立派な数だ。例年だと3万人程度の見物客が訪れるという。
 今年は雨ということで、観客の数はずいぶん少なかった。おかげで、前後左右に気兼ねなく撮れたのはよかった。

長久手花火-2

 どうやっても花火がはみ出してしまうので、町明かりはあきらめて、花火だけ撮ることにする。
 でも、それじゃあ、面白くない。場所を変えたいけど、雨は降ってるし、途中で場所を変えるといいことはないというのは経験的に学んだ。

長久手花火-3

 こうなったら合成しかない。やってはみたものの、これはやりすぎだった。
 少し離れた何箇所に分けて打ち上げてくれると、こんな写真も撮れるのだけど。

長久手花火-4

 打ち上げが続く中、なんだかだんだん煙が溜まりだした。雨が要因なのか、湿度の問題なのか、煙が全然流れていかない。風がなかったからだろうか。

長久手花火-5

 しまいには花火大会ではなく、煙大会みたいになってきた。煙の向こうにぼんやり花火が見えるだけになった。

長久手花火-6

 低い位置の花火はやや見えた。
 一体どうなってしまうのかと心配になる。このまま最後までいってしまうんじゃないかとも思った。

長久手花火-7

 そうこうしてたら、今度は雨が強くなってきた。レンズにタオルをかけて、傘を差しながら撮ってはいたのだけど、花火に近い分、レンズを上に向けているので、いつの間にか水滴がついてしまっていたようだった。気づかないまましばらく撮り続けていた。
 雨脚が強まったせいか、煙は消えて、花火はよく見えるようになった。

長久手花火-8

 雨はまた小降りになり、煙も消えて、空がクリアになった。
 レンズの水滴も拭きとって、ここからが本番のようなものだった。

長久手花火-9

 収まり切らないもどかしさから横位置をあきらめた。後半は縦位置で撮った。

長久手花火-10

 縦位置なら大きな花火もすっぽり収まる。
 けど、打ち上げ花火風景としての広がりはなくなる。

長久手花火-11

 終盤は落ち着いて撮れた。
 これで花火大会を10回くらいは撮ってると思うのだけど、毎回セッティングや構図が決まるまでに時間がかかる。

長久手花火-12

 前半は雨の中で失敗したかなと思った。後半になって、やっぱり来ておいてよかったと思い直した。雨の中での花火撮りを経験して、あれこれ分かることもあった。

長久手花火-13

 派手に重ねたやつも一枚。
 レイヤーについても、ようやく理解できてきた。

長久手花火-14

 違う仕上げを試みてみる。暗めにして、明瞭度を落とすと、繊細で渋い仕上がりになる。

長久手花火-15

 別仕上げをもう一枚。
 こういう表現もありだということが分かったのも、今回の収穫だった。

長久手花火-16

 最後は余韻で締めくくり。

 今年の花火大会はこれで終わりかなと思う。延期になった四日市花火にも惹かれるものがあるのだけど、その日は、どまつりがある。
 豊橋の手筒花火も、行けるかどうか。
 今年のレベルでは、花火撮りはこれくらいが精一杯なのだろう。来年までにもっと撮れるようになっていなくてはと思う。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/08/24 14:09
    我が家でも花火の音だけはドンドンと響いてきました。「こんな雨の日に花火大会やっているんだぁ・・」と感じていましたが、あの雨の下で撮影されていたのですね。

    オオタさんの花火で一番印象深いのは、観客がデジカメで花火を撮影しているところを撮影しているものが何年か前にありましたよね。あの写真を見たときのショックは今でも鮮明です。こんな撮り方があったのか・・と。

    勿論、今の花火写真からも沢山の刺激を頂戴しています。花火は昔、高校生の頃に撮影して以来、真面目に撮影した事が無くて、どう撮ればいいのか、さっぱり見当がつかないのが現状です。オオタさんが仰るように、現場の雰囲気を取込む為には相当なロケハンや足しげく通う事が必要かな、と思っています。

    それだけにオオタさんの撮影記録は大変貴重な情報です。ありがとう御座います。
  • 花火撮り
    2011/08/25 00:39
    >moumingさん

     こんにちは。
     そうなんですよ、あの日は雨の中、長久手の花火撮りでした。
     やっぱり、雨の花火は厳しかったです。(^^;
     どうしてもその日にその花火じゃなければダメ、という以外は、雨の花火を撮ることはもうないだろうなぁと思います。
     むしろ、雨を逆手に取って、雨と花火を撮るような撮り方ができれば、チャンスに転じますね。

     あの花火撮り花火写真、覚えていてくれたんですね。もう何年も前のものなのに、嬉しいです。(^^)
     あの写真は、デジタルカメラマガジンのフォトコンで佳作をもらったんで、私もよく覚えてます。
     たぶん、選ばれたのは2回目だったかな。まだ下手くそだった頃で、選んでくれたのが広田尚敬さんだったんですが、今でも恩義を感じてます。
     写真は必ずしも、上手い下手じゃないんですよね。
コメント投稿

トラックバック