今月のフォトコン

フォトコン・写真(Photo Contest)
フォトコン-1

「デジタルカメラマガジン 9月号」のフォトコンで、入選をいただいた。
 タンポポの綿毛は、被写体としてはありふれているもので、これまで何度となく撮ってきたの。その中でもこれは一番いい出来だと自分でも思った。
 それが入選だったので、喜んだ。長らく佳作と入選との間の壁を越えられずにいて、この頃やっと超えられたかなと感じている。
 一番撮りたいのは、日常の幸福といったテーマの写真であることはずっと変わっていない。ただ、花も虫も動物も、自分にとって大事な被写体だから、こういう写真で入選するのは励みになる。

フォトコン-2

アサヒカメラ.net」の「写真の殿堂」で、初めて入選したのがこの写真。
 ここのフォトコンは、選ばれている写真の質が他の雑誌のものと少し違っていて、初めて挑戦した半年前は、一体何をどう撮れば入選できるのか、見当もつかないような状態だった。ただきれいとか上手いとかでは選ばれてなくて、写真としての静かな力強さみたいなものが重視されている。
 選者の大山高は特に厳しく、「写真道場のようなものを目指す」と書いていたと思う。その大山高が若くして急逝し、後を受けた小林紀晴さんが遺志を引き継いでいる。
 自分の力ではまだまだ遠いと思っていた写真の殿堂だったのだけど、先々月、桜並木と園児の写真が初めて最終選考に残って、少し手応えを感じた。そして今月、初入選ということで、感慨深いものがあった。
 それでも、自分はまだまだということは分かっているから、もっと勉強して、もっとたくさん撮って、更に撮れるようにならなければいけないと思っている。自分の中では今、少し足踏み状態のようにも感じている。
 近い目標としては、もっといいお祭りの写真を撮りたいというのがある。来週末は、どまつりだ。この夏の間に、決定的な一枚が欲しい。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/08/22 00:29
    おめでとうございます。

    って、普通にコメントをさせて頂きましたが、覚えておられますでしょうか?
    大変ご無沙汰しております 笑

    最近は、私もiPhoneで写真を撮っております。
    本格的に写真を撮りだすのはいつになるやら…ですが。。
  • おめでとうございます
    2011/08/22 01:07
    おめでとうございます。

    コンテスト入賞が常連になりつつあるのですね!
    (もう、なってらっしゃる?)
    これは、
    俳優やバレエダンサーが上手く、
    演技が出来てくるのと似ていて、
    なにか一定の線を超えることなのでしょうね、

    年を取ってくると成長がないので、うらやましいです。
    おっと、これは凡人の愚痴でした・・・
  • 2011/08/22 10:00
    おめでとうございます。
    コンテストに対するオオタさんの気構えみたいなものがとても参考になります。いや、コンテストだけでなく撮影全般かな。

    入賞、評価される事が目的ではなくても、他人に分かってもらえる表現力をきちんと身につけたいと考えてはいるのですがなかなか定期的に応募する事ができません。

    オオタさんのこうしたコンテスト情報は私にとって、強い刺激になりますし、生意気ですがお手本とさせてもらっています。
    毎月楽しみに待っています。
  • 2011/08/22 23:07
    ご入選おめでとうございます。
    オオタさんの表現力の幅広さに、ただただ驚くばかりです。
    たんぽぽの写真を見ていると心が洗われるようですし、
    トラの眼差しからは、ひとつの生命(いのち)の想いが
    静かに語られているように感じます。
    これからも素晴らしい作品を拝見させてください。
  • 時代に遅れる
    2011/08/23 01:48
    >ビアンキさん

     こんにちは。
     お久しぶりです。元気でしたか?
     思い出すのに一瞬、時間がかかりました(笑)。
     iPhone、最近はコンパクトデジ並みの画質みたいですね。
     スマートフォンとか、iPadとか、そのへんは完全に時代についていけてません。(^^;
  • まだまだ
    2011/08/23 01:50
    >ごきげんさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     フォトコンは運が良ければ選ばれるくらいに思ってたんですが、最近は本腰を入れて取り組んでます。
     そのために写真を撮ってるわけではなくても、写真のセレクトをきちんとできるようになりたくて。
     もっともっと撮れるようにならなくてはと思ってます。
  • フォトコン
    2011/08/23 01:55
    >moumingさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     昔、ストイコビッチが選手だった時代、自分は他人に評価されるためにサッカーをやってると言ったことがあって、その言葉がずっと心に残ってます。
     写真は人に見てもらって完成だから、人と共有したとき、両方が幸せになれる写真がいいなと思ってます。
     家族写真なら、ただの記念写真でもいい写真なんだけど、他人となるとなかなか難しいものがありますね。
     フォトコンは、プロの写真家が見てくれるものだから、失礼のないものを送ろうという気持ちもあります。
  • あれもこれも
    2011/08/23 01:57
    >manunuさん

     こんんちは。
     ありがとうございます。
     写真はあまり幅広くあれもこれも撮ってると、なんだかとりとめがなくなってよくない気もするのだけど、好きなものを自由に撮れるのがアマチュアの特権ですからね。
     今のところ、興味のあるものはなんでも撮ろうと思ってます。
     まだまだ撮ったことがないものがたくさんあって、新しい被写体に挑戦したいと思ってます。
  • 2011/08/24 14:14
    ああ、良い言葉ですね。
    早速手帳にメモして、EverNoteにもクリップしました。

    >写真は人に見てもらって完成だから、人と共有したとき、両方が幸せになれる写真がいいなと思ってます。

    >プロの写真家が見てくれるものだから、失礼のないものを送ろうという気持ち

    そうか、なるほど。そうですよね。
    見て頂く気持。感謝の気持から写真を選んで。

    もう一度、しっかりとカメラを構えてやっていきます。
  • 提出
    2011/08/25 00:44
    >moumingさん

     写真家と行く撮影会みたいなのありますよね。私は参加したことはないのだけど、そのあとの合同作品講評会を見たことがあります。
     撮った作品を写真家や他の参加者と一緒に見て、写真家が褒めたり、欠点を指摘したりっていう光景を見て、フォトコンってこういうことなんだと思ったのでした。
     面と向かっていないから、選者さんのことはあまり意識してないのだけど、自分の作品を直接持っていって見てもらうという場面を想像したとき、ちょっと怖くなったのでした。
     それ以来、ちゃんとした写真を送らないとと考え直しました。
     応募するというより課題を提出するような気持ちというのか。
コメント投稿

トラックバック