超広角は難しい

日常写真(Everyday life)
超広角風景-1

PENTAX K-7 + TAMRON 10-24mm f3.5-4.5



 久しぶりにレンズを買った。TAMRONの超広角ズーム10-24mm。35mm換算で15mm-36mmになる。
 超広角は前から一度使ってみたいと思っていたのだけど、具体的に使い道があまり思い浮かばず、ずいぶん先送りになっていた。初めて興味を持ったのは、もう何年も前だ。
 せっかく買ったので、まずは広いところを撮ってみようと思った。近くに海があればいいのだけど、海らしい海へ行こうとするとバスと鉄道を使って2時間以上かかる。身近なところで広いところといえば、河原ということになる。
 しかし、このレンズ、思った以上に手強い。手持ちの広角ズームは16mm(24mm換算)で、ずいぶん前に銀塩で少しだけ使った17mmよりも更に広く、イメージする広さとファインダーをのぞいたときの広さが一致しない。目の前の風景を見て、これくらい広い範囲が入るかなと思ってファインダーを見ると、それより遙かに広い範囲が写る。カメラをちょっと下に振ると自分の足さえ入ってしまうくらいだ。
 あと、露出がとにかく暴れる。普段-0.3くらい撮っているのだけど、それでは全然オーバー過ぎて、空など完全に白飛びしてしまう。写る範囲が広いから明暗差が大きく、暗いところを明るくしようとする方向にセッティングされているようだ。-1.0でもまだ明るすぎるくらいで、シーンによっては-2.0とかで撮らないといけないこともあった。
 非常にクセの強いレンズのようだ。第一印象としては、面白いというより難しいという方が強く、正直あまり楽しくない。もうしばらく慣れが必要のようだ。

超広角風景-2

 広角特有の歪みや傾きは味として許容するしかない。
 隅の像の流れは大きめだ。F8まで絞っても解消されない。これ以上絞ると回折現象でかえって解像感が落ちる。
 総合的な画質では、SIGMAの10-20mmの方が評価が高い。

超広角風景-3

 超広角はとにかく被写体に寄らないと始まらない。広角と同じように撮っていたのでは、すべてが小さくなってしまって、何も写っていないようなことになりがちだ。
 寄ってもよっても被写体は小さく、もどかしい思いがする。ある意味では広さを捨てる勇気のようなものも必要で、とにかく寄らないと話にならない。

超広角風景-4

 露出との関係もあるのだけど、太陽を上手く撮れなかった。ぐっとマイナス補正すると、画面すべてが暗くなってしまうし、両立させようとすると太陽の形が出ない。
 太陽の光芒を写すには、夕陽とかの条件が揃わないと難しいのかもしれない。

超広角風景-5

 ゆとりーとラインの高架も広々写る。これは気持ちがいい。
 でも、バスはこんなに小さくなってしまう。けっこう近くから写しているのに。
 右端のツバメも実際はかなり近い。

超広角風景-6

 超広角でしか撮れないのは、こんなシーンだ。
 手前の被写体に寄れるだけ寄って大きく写しつつ、遠くの被写体や背景との関係を確立させること。
 超広角ポートレートなんかも面白い。

超広角風景-7

 せっかくのズームだし、広角の10mmにこだわらず望遠側の24mmも使っていくことを心掛けたい。35mm換算の広角レンズとして使ってもいいのだから。

超広角風景-8

 鉄道写真もシーンによっては使い勝手のいいレンズとなる。
 近くから新幹線を撮っても全部入れられそうだ。

超広角風景-9

 小牧空港まで足を伸ばしてみた。
 飛び立ってすぐの真下あたりで撮っているのにこの遠さというか小ささ。
 ジャンボが頻繁に離発着していた時代の名古屋空港ならよかったけど、今は国内線と自衛隊機くらいしか飛んでいない。

超広角風景-10

 コントラストの強いシーンでは、露出がかなり難しい。このレンズを使うときだけはカメラの設定を変えないといけないかもしれない。

超広角風景-11

 城北線と高速道路の立体交差。
 列車が来るまで待とうと思ったのだけど、10分であきらめた。上下線あわせても1時間に2本の城北線では、何分待てば来るか分からなかった。
 超広角を買ったからには、夜のジャンクション撮りは必須だろう。まずは一番近い上社ジャンクションからいってみよう。

 このレンズの出番が今後増えるかどうかはまだ分からない。使いこなせるようになれば楽しいのだろうけど、そこまでいかないうちに飽きて手放してしまうかもしれない。とりあえずいつでもバッグに入れておくには、大きくて重すぎる。自転車移動が基本の今、重さは敵なのだ。
 高いビルがある街撮りなんかでも威力を発揮しそうだから、次は都会編をいってみようかと考えている。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/06/22 08:31
    B001ですね
    私も2年ほど前に購入して最近はお気に入りのレンズです
    最初は戸惑いますがなれると病みつきになります
    PLは少し高いですがいつもPLを付けて-1.0で撮ることが多いです
    次回の写真、楽しみです ^^
  • こんにちは。
    2011/06/22 22:40
    都市景観が大好きな僕には超広角レンズは必需品です!
    あえて超広角レンズだけを装着して、街に出かけて楽しんでます。
  • 10-24mm使い
    2011/06/23 00:13
    >sirubeさん

     こんにちは。
     sirubeさん、よく10-24mm使ってますもんね。
     それも買うきっかけの一つになったのでした。
     露出オーバーはこのレンズの特徴のようですね。
     -1.0でも明るすぎて-1.3とかでちょうどいいくらいな感じです。
     使いこなせるようになるには、まだしばらくかかりそうです。
  • 街中撮りも
    2011/06/23 00:15
    >Darrellさん

     こんにちは。
     Darrellさんも超広角使ってるんですか。
     私はまだ完全に初心者です。
     人入り写真を撮ろうにも、人が米粒のように小さくなってしまいます。(^^;
     至近距離から撮らねば。
     街中撮りも挑戦したいと思ってます。
     まずは栄と名駅かな。
コメント投稿

トラックバック