なんとなく徳川園

施設/公園(Park)
徳川園-1

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8 / DA 55-300mm / FA 50mm



 千種公園にユリを撮りにいく前に、徳川園にもちょっと寄ってきた。
 今の時期はあまり見所がないことは分かっていたのだけど、アジサイくらいは咲いているだろうと行ってみた。がしかし、ガクアジサイが何株か植わっているくらいで、他にもこれといって撮るものはなく、やや途方に暮れた。それでも入園料の300円分は撮らねばと貧乏根性でなんとか絞り出すように撮ってきたのが今日の写真だ。
 少ない収穫の中、大曽根の瀧の苔はよかった。夏の渓流を撮りに行きたくなった。

徳川園-2

 ハナショウブも少しだけ。徳川園は池泉回遊式の日本庭園で、季節を通じて花はそれほど多くない。花の充実度でいえば、白鳥庭園の方が多彩だ。

徳川園-3

 一応、アジサイが目当てだったから、一枚でも撮っておくことにした。選んで撮れるほど選択の余地はなかった。

徳川園-4

 キンシバイかと思ったけど、あまり自信がない。
 ヤマブキとかとちゃんと区別がついていない。

徳川園-5

 テイカカズラを撮ったつもりが、写真を見るとどうも違う。調べたらクチナシだった。
 それを知ったとたん、くちなしの~白い花~おまえのような~花だった~♪ という曲がよみがえった。
 い~までは指輪も~ ま~わるほ~ど~♪ と歌っていた渡哲也、当時まだ30代前半。貫禄ありすぎ。

徳川園-6

 もうハギが咲いていてびっくり。秋の七草の一つが、梅雨の6月半ばに咲いている。早ければ7月くらいには咲いてくる花だけど、6月は早すぎる気がする。
 蜜を吸っていたのはミツバチではなくハナアブだったか。

徳川園-7

 早いといえばこれ、セミの抜け殻なのか。こんな抜け殻を残す虫がセミ以外にいるとは知らない。抜け殻自体も見覚えのない形だ。ハルゼミか何かの抜け殻だろうか。

徳川園-8

 千種公園で撮ったのと同じクモだと思う。
 透明感のある草色をしていて、手足がちょっと毛むくじゃらのやつ。

徳川園-9

 竹で編んだ塀。昔の人の知恵だ。

徳川園-10

 雨上がりで葉の上に残った水滴。

徳川園-11

 いつ行ってももうひとつだったなという思いを残しつつあとにすることになる徳川園なのに、ときどきまた行きたくなる。そういう魅力があそこにはある。もしかしたら次は何かいいものがあるんじゃないかという期待感を持たせるものが。
 夏の盛りにまた行ってみようか。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/06/20 23:57
    こんばんは

    脱け殻。
    去年のだったりして。まさかねぇ(^^;。(常に掃除してる筈だし)
    ウチにもありますけど(いや、ありました、ですね)、雨露凌げるとこで脱皮したものなら次の年まで残ってる可能性大。
  • 管理人のみ閲覧できます
    2011/06/21 00:52
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 去年ものか
    2011/06/21 23:57
    >⑦さん

     こんにちは。
     去年のものって可能性は考えませんでした。
     でも、庭園の中だけに、やっぱりその可能性は低いかなぁ。
     通路からよく見えるところだったし。
     でも、正体は結局分からなかったのでした。
コメント投稿

トラックバック