千種公園のユリは大遅刻

花/植物(Flower/plant)
千種公園ユリ-1

PENTAX K-7 + TAMRON 90mm f2.8



 千種公園のユリが見頃だという話は聞いていたのに、出向いていくのがすっかり遅くなってしまった。5月27日に下見をしたときはさすがに早すぎたとはいえ、6月17日ではいかにも遅すぎた。見頃は一週間くらい前だったんじゃないかと思われる状況だった。学校の授業でいえば、みんなが弁当を食べ終えて5時間目が始まったあたりだ。遅刻しすぎっ。
 全体的に傷んだ花が多く、落花盛んの中、咲き残っているものを撮ってきた。シーズンとして完全な終わりというわけではなく、まだつぼみもけっこう残っているから、来週いっぱいくらいは花が続きそうだ。
 撮り頃としては、やはり6月早々だっただろう。

千種公園ユリ-2

 千種公園は、住宅地の中にあって、周囲に小中高校が集まっているため、夕方はいつも大勢の人で賑わっている。人の出入りも多く、写真を撮るには少々落ち着かない。
 ユリは公園の一角に密集して植えられている。1万本と聞くと広大なユリ園のようなものを想像しがちだけど、あまり過度の期待を抱いていくとがっかりする。多少大きめの花壇にユリが植わっているだけだ。
 どういう品種のユリなのかはよく知らないのだけど、野生のササユリやヤマユリなどとは違って、色とりどりの園芸種が咲いている。それをきれいとするか、派手すぎると思うかは、それぞれだろう。ユリはやっぱり白に限るという人も少なくないのではないかと思う。

千種公園ユリ-3

 カラフルなユリの中にあって、純白のユリはホッとさせるものがある。地味なようでもあり、目立つようでもある。
 ユリの花粉はつくとなかなか取れないので気をつけないといけない。

千種公園ユリ-4

 ユリはおしべに特徴があって、これを撮りたくなる。形の整ったおしべを探して撮る。

千種公園ユリ-5

 おしべ探しは続いた。
 真ん中の一本がめしべだ。
 この造形が美しい。

千種公園ユリ-6

 ユリの造形を撮るとしたら、こういう撮り方もできる。よくチューリップでやるやり方だ。

千種公園ユリ-7

 蜘蛛さん発見。ユリの色と自分の体の色が保護色になっている。カラーコーディネートでこのユリを選んだのだろうか。

千種公園ユリ-8

 目にもまぶしい鮮やかな赤。南国の青空が似合いそうだ。

千種公園ユリ-9

 花の中では食事中の蜘蛛さんが。
 ユリの香りはチョウやハチにはあまり人気がないようで、ハエが多かった。人間にとってはいい香りでも、虫たちにとってはあまりかぐわしい匂いではないのかもしれない。ユリの香りは、部屋の中にあると人間でも濃厚すぎると感じることがある。

 遅刻はしたものの、どうにかユリも撮れた。季節の花がこれでまた一つ終わった。
 次はハナショウブとアジサイだ。この二つも早くしないといい時期を逃してしまう。来週まで持ってくれるかどうか。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • こんばんは。
    2011/06/19 01:23
    今週はじめに千種公園に行ってきたんですが・・・
    途中にであったチンシバイだけアップして、ゆりアップしてません。笑
    色と花の数に圧倒されてしまいました。あはは。^^;
  • いいタイミング
    2011/06/19 23:07
    >lavieさん

     こんにちは。
     lavieさんも千種公園行ってたんですね。
     今週はじめなら一番いいタイミングだったんじゃないかなぁ。
     あんなに密集して咲いていると、どう撮っていいものやらって感じですよね。
     やっぱりユリは山に咲いている姿がいいかな。
コメント投稿

トラックバック