キビタキと遭遇して夏鳥シーズンが突然の開幕 - 現身日和 【うつせみびより】

キビタキと遭遇して夏鳥シーズンが突然の開幕

キビタキ遭遇

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f4.0, 1/125s(絞り優先)


 あ、キビタキ。心の中で小さく叫んだ。
 もちろん、今シーズン初遭遇。冬場は東南アジアに渡って過ごしてきた彼らが、春になってまた日本へと戻ってきた。おかえりなさい。無事に帰ってきて何よりでした。秋までゆっくり日本で過ごしてくださいね。そして、いい歌声を聞かせてください。
 気がつけば夏鳥のシーズンが始まっていた。季節はとどまることなくどんどん先へ進んでいく。待ったなし。野草も、木々の花も、虫も、鳥たちも。ぼんやりしてると季節に置いてけぼりを食ってしまう。こちらも足取りを早めなければ。

 暖かくなって、木々の緑が濃くなると、鳥の姿を見つけるはとても難しくなる。声はすれども姿は見えず、これからはそういうことが多くなる。このキビタキを撮ったときは、運良く見える位置に止まったのだけど、レンズがタムロン90mmマクロ(トリミング有り)ということで、小さくぼんやりした写真になってしまった。撮れたのはこの一枚だけで、すぐにどこかへ飛び去った。渡ってきたばかりは特に人に慣れてないので、近づくのが難しい。
 キビタキはやっぱりいい鳥だなと思う。メスは緑がかった褐色で地味なのだけど、オスは写真のように鮮やかな黄オレンジ色をしている。鳴き声がまた美しくて、野鳥好きの中にもこの鳥のファンは多い。それほど珍しい鳥というわけでもないのだけど、人を惹きつけるものがある。
 大きさは13センチくらいと、スズメより少し小さめ。漢字は黄鶲。黄色いビタキとそのままでひねりはない。目の上の黄色いまゆ毛もチャームポイントだ。森の緑の中では目立つようだけど、木漏れ日の中では保護色になって、かえって見つけにくい。見つけるには鳴き声が頼りとなる。ただ、いろんな鳴き方をする上に他の鳥の鳴き真似をしたりするので、そう簡単でもない。地方によっても鳴き方が違うんだとか。

 エサは主に虫で、たまに木の実を食べる。飛んでいる虫を空中で捕まえて食べることから、フライキャッチャーというのがキビタキ類の英名となっている。
 それができるのは、羽ばたきのスピードが速くて、飛ぶ速度も高速だからだ。こいつの飛んでいるところを流し撮りするのは相当難しい(林の中ではほとんど無理)。双眼鏡でも追いつけないくらいだから。
 春先は平地の林の中で過ごし、夏が近づくともう少し高度の高い高原や、北の方に移動していく。
 一夫一夫で、産卵は5月から8月、卵は4、5個。さかんにさえずっているのは、メスを呼び寄せるためと、縄張りを主張するためだ。キビタキの恋の季節はもう始まっている。
 メスが卵を温めて、オスは巣の見張りをする。エサ運びはオスとメス共同で行う。
 子育てが終わって、秋風が深まる11月頃になると、だんだん寒さがイヤになってきて、マレー半島やインドシナ半島などの暖かい東南アジアに渡っていく。
 こんな小さい体で1年に2度、何百キロも海を渡って旅をするんだから、それはもう大変なことだ。偉大なる旅人として敬意を払いたい。

 これからの季節、木々の葉が鳥の姿を隠して写真に撮るのが難しくなる。望遠レンズも300mm程度では役に立たないことが多い。それでも、少しでも撮りたい。運を味方につけて。
 今年の目標は、なんといってもオオルリだ。去年は撮る以前に姿さえ見ることができなかった。今年こそなんとか撮ってみたい。本当は早朝にフィールドへ出向いていくべきなんだろうけど、私にそんな根性を求めるのは間違いだ。ホンモノじゃないんだから。寝ぼすけのオオルリが、ぼんやりした頭のまま私の前にフラッと出てきてくれることを、ひたすら期待しよう。キビタキももう一度近くからちゃんと撮りたい。
 ついては、視力が異常にいい助手を募集します。視力両目とも3.0あるぞ、とかいう方、私と一緒に森を歩いて鳥ちゃんを見つけてもらえませんか? 付随条件として、首が丈夫であることも必要です。何しろずっと見上げてることになるので、普通の人間だと首がすぐに痛くなるんですよ。F1レーサーの卵でも雇うか!?
 我こそはという方、海上の森の入り口に集合です。合い言葉は、片方がこまどり? と言ったら、もう一方は、姉妹? です。ただし、三味線を持参する必要はありません。


関連記事ページ
コメント
非公開コメント

オオタ様

 オオタ様

 自然って、本当に生きているんですね、一刻一刻と。
私が、そこに、いたら、道具持ちして、お供するのですが~!

いいな~、鳥探し。そいうの、好きです~!
視力は、3.0はないんですが、、、ガハハ。

家の傍の木に、カニエステルなんですが、同じ枝に
小鳥が止まります。場所が気に入ってるのか、木を気に入ってるのか
小鳥の声に癒されます。

オオルリに出遭えるといいですよね!

ハワイにいた頃に向こうでハワイの鳥の鳴き声の本とカセットを
買いました。まだ絶滅しない頃の、鳥の声も入っていて、、。

小鳥達の住みやすい環境であってほしいですよね!

素敵な写真をありがとう。

2006-04-21 12:28 | from ルナレインボー | Edit

こんばんは♪

おぉ♪キビタキ♡

鳥の雄は、とても綺麗♪
雌に求愛する時などは、もっと自分の存在を美しさで主張する^^

ポチッと応援v-154

2006-04-21 18:46 | from †Tiara†

日本の長さ

★ルナレインボーさん

 こんにちは。
 沖縄はもう夏が近づいてきましたか?
 名古屋はまた初春に戻ったような寒さで、季節が少しだけ足踏みしてます。
 でも、花や虫は着実に前へ進んでますね。自然は偉大だなぁと思います。

 日本は縦に長いから、それも面白いですよね。沖縄はもう海に入れるくらいなのに、北海道じゃまだ雪ですからね。(^^;
 南は桜も遠い出来事になってるだろうに、北はこれからだし。

 夏鳥探しは今後ますます難しくなります。ルナレインボーさん、視力3.0ないんですー。って、誰もないですよね(笑)。
 じゃあ、地面の野草探し担当になってくれますか? はは。
 オオルリは、かなり運が良くないと見られない気がする。撮るとなると、更なる運が必要です。期間も短いからますます難しいー。(>_<)

2006-04-22 03:56 | from オオタ | Edit

着飾らないといけないので大変?

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 キビタキ初遭遇は、やっぱり嬉しかったです。特にオスだったんで。
 メスだと微妙に残念だったりします(笑)。
 オスは恋のライバルに勝たないといけないから、着飾ってみんな大変ですね。人間だけ逆ってのは不思議だなぁ。
 熱帯魚なんかもそういうのが多いですよね。
 どっちがいいだかどうなんだか難しいところだけど。(^^;

2006-04-22 04:00 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/222-3c70bdd4