東山植物園の5月

花/植物(Flower/plant)
東山植物園-1

PENTAX K-7+PENTAX TAMRON 90mm f2.8



 5月終わりの植物園は、春の気配が消えて、初夏の風景に取って代わられた。それが少し、寂しいような気もした。春はますます遠ざかる。
 暑い夏が来る前に、雨の季節がもうすぐそこまで近づいている。新緑の緑は今月はじめよりも濃さを増したようだ。植物たちの命が輝いている。

東山植物園-2

 モミジのピンクプロペラもたくさんプルンプルンと回っている。

東山植物園-3

 水面に映り込む風景も、すっかり緑色になった。茶色が支配する季節は完全に終わった。

東山植物園-4

 映り込みを乱す鯉の泳ぎ。

東山植物園-5

 エゴノキは落花盛ん。見ている間にも、ポトポト花が落ちてくる。

東山植物園-6

 ユキノシタはわりとどこでも見ることができるからありがたみはない。めったに見られないダイモンジソウは貴重だ。台風の増水で流されてしまった岩屋堂のダイモンジソウは復活するだろうか。

東山植物園-7

 ナデシコの園芸種だと思う。
 野生のカワラナデシコが好きで、あちこち探しているのだけど、意外と見つからない。ここへ行けば確実にあるというところをまだ見つけていない。名前の通り、河原が狙い目だ。

東山植物園-8

 小さいバッタ的な虫。跳ねるかどうかは分からないし、そもそもバッタの仲間ではないかもしれない。
 あまりかわいくない。

東山植物園-9

 まぶしいくらいのバラの赤。
 朝まで降っていた雨が花の中に残っていた。

東山植物園-10

 バラのエッジとグラデーション。繊細で優美な色と線。

東山植物園-13

 美しいものには棘がある。棘もまた美しい。

東山植物園-11

 お馴染みのハナアブさん。蜜を吸っているのか、花粉を食べているのか、どちらにしても忙しそうで、こちらにかまっている暇はないといった様子だった。

東山植物園-12

 ハナムグリは花粉まみれになりながら、花の中でモゴモゴやっている。

東山植物園-14

 池の中で泳いでいるヒラタクワガタを救い出した。のんきに泳いでいるようでもあったけど、好きで水の中にいたわけではないと思う。
 茂みに置いたら、ゆっくり奥の方に歩いていった。

東山植物園-15

 この日もアメンボと遊んでもらった。アメンボ撮りは面白い。

 6月になればまた花の顔ぶれも変わる。梅雨の合間をついて、来月も出向いていこう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 花はかわいい
    2011/05/25 22:32
    こんばんは

    ユキノシタって言うんですか、ありがとうございます、今まで名前知らなかったので。
    (ちなみに、うちでは増えて増えて・・・。簡単に増えちゃいますね。)

    エゴノキも好きで、緑化センターで拾ってきた種を蒔いたら芽を出したのはいいんですが、夏のkuso暑い日にちょっとね・・・。
    てかわざわざ緑化センターまで行かなくとも区役所にありましたっけ(^^;。
  • 雪の下
    2011/05/25 23:51
    >⑦さん

     こんにちは。
     ⑦さんちの庭にはユキノシタがあるんですか。
     それはちょっと嬉しいかもですね。
     寒さに強くて、雪が積もっても緑色の葉が枯れないことから、雪の下って名付けられたらしいです。
     ダイモンジソウはその名の通り、大の字の姿をしてます。こちらはけっこう貴重。
     花って、弱いのか、たくましいのか、よく分からないところがありますね。
コメント投稿

トラックバック