食材整理のわりには上手くいったサンデー

料理(Cooking)
サンデー1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4



 今週もあまり手間暇かけずに作ったサンデー料理。たまには丼ものにしようかなと考えたのだけど、そこまで手を抜いてはいけないと思い直して、普通に作った。買い物は最小限にとどめ、在庫の食材を整理することを優先した。
 以前はメニューを決めてから作っていたサンデー料理も、最近は食材から出発することが多くなった。趣味の料理からだんだん主婦モードになりつつある。今ではちょっとした食材があれば、食べられるものを作れるようになった。それも進歩といっていいのかもしれない。言い方を変えると、何を使ってもオレ流料理になってしまうということでもある。下手したら、伊勢エビやアワビでさえ刻んでしまいかねない自分が怖い。

サンデー2

「蒸し焼きマグロのショウガソースがけ」
 マグロは塩、コショウ、酒を振って、タジン鍋で蒸し焼きにする。
 レタスを刻んで敷く。
 たれは、酒、みりん、しょう油、ショウガたっぷり、白だし、砂糖、塩、コショウ、唐辛子を煮詰めて作る。
 ショウガだれで、マグロとレタスを一度に食べると美味しい。マグロを豚肉に変えても、そのままいけそうだ。

サンデー3

「ナスと鶏肉とエビの中華甘酢あん絡め」
 今回のヒットはこれ。
 ナスは乱切りにして、水に浸す。
 エビの下処理をして、塩、コショウ、酒を振ったあと、水気を拭く。
 鶏肉、エビ、ナスに、それぞれカタクリ粉をまぶす。ビニールに一緒に入れて振ると早い。
 ごま油で炒める。
 酒、みりん、しょう油、中華の素、酢、砂糖、塩、コショウ、唐辛子で味付けをする。
 水を少しずつ加えながら、味ととろみを調整する。
 最後に、黒コショウ、パセリ粉、白ごまを振りかける。
 あんがしっかり絡まって美味しい。オススメ。

サンデー4

「変わり卵焼きのトマトソースがけ」
 卵料理のレパートリーを増やすための試みを、前回に続いて今回もやってみた。これも成功だった。
 卵をとじ、コーン、とろけるチーズ、マヨネーズ、砂糖、塩、コショウ、コンソメの素、からしを混ぜる。
 タマネギ、ニンジン、キャベツの刻みをオリーブオイルで炒める。
 卵を加え、固まらないように混ぜながら加熱していく。半熟のところで止める。
 トマトソースは簡易版。オリーブオイル、酒、みりん、しょう油、コンソメの素、ケチャップ、砂糖、塩、コショウ、トマトを煮込んで作る。
 軽く茹でたアスパラを乗せて完成となる。
 見た目も華やかで、コーンの甘みがよく効いて美味しかった。

 全体の統一感は今ひとつながら、個別にはどれも上手くいったので、夕食のおかずとしては申し分なかった。
 今週はそんなサンデー料理だった。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック