熱田神宮の御衣祭 - 現身日和 【うつせみびより】

熱田神宮の御衣祭

熱田神宮-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 55-300mm f4-5.8 / DA 16-45mm f4



 昨日5月13日、熱田神宮で御衣祭 (おんぞさい)が行われた。
 熱田の神に、衣を新調して奉納する祭りで、いわば神様の衣替えの儀式のようなものだ。
 伊勢神宮は神衣祭 (かんみそさい)、京都の上賀茂神社では更衣祭 (ころもがえのまつり)と呼ばれて、同じような祭事が執り行われている。
 熱田神宮では、6月5日の大祭の前に行われていて、初夏の風物詩となっている。
 こういった神社の祭事はあまり見る機会がなく、どんなものか見てみたいと思い、出向いていった。
 宮司を先頭に、大一御用(だいいちごよう)と染められた大幟を掲げ、約300人が列を作って本宮へと歩いていく。
 なかなか厳かな雰囲気で、普段の熱田さんとは少し空気が違っていた。

熱田神宮-2

 雅楽の調べに乗って、列はしずしずと進む。
 熱田の杜と5月の太陽が作る光と影のコントラストは強い。

熱田神宮-3

 想像していた以上に古式ゆかしい伝統に則ったスタイルで、ずっと昔から続く神社の伝統的儀式の一端を垣間見た気がした。
 日本人は、飛鳥、奈良、平安の昔から、ずっとこんなスタイルで神に礼を尽くしてきた。

熱田神宮-4

 列の後ろの方では、親に手を引かれた稚児たちが続く。
 何が行われているか理解できなくても、真面目な行事ということは分かっただろう。

熱田神宮-5

 神職は、本宮前に正座して並び、宮司の祝詞で祭礼は始まった。
 一般の見学者は拝殿の外から見ている。

熱田神宮-6

 奉献使によって、和妙(にぎたえ・絹布)と荒妙(あらたえ・麻布)が奉献される。

熱田神宮-7

 時代を遙かにさかのぼったようなトリップ感を抱いた。
 それは日常の中では味わえない感覚だった。

熱田神宮-8

 神職になりたての若手たちも外から見学をしていた。中で祭事を行えるようになるまでにはまだしばらく歳月がかかる。

熱田神宮-9

 儀式は45分くらいだっただろうか。途中で飽きてしまって辛抱できなくなった子供達もいた。小さな子供にとって祭事の45分は長い。

熱田神宮-10

 巫女さんが8人くらいで、お見送りをする。参列者に記念品を渡すのも彼女たちの仕事だった。

熱田神宮-11

 お役目を終えた巫女さんたちは、それぞれの札所に戻っていった。この日は総動員だったかもしれない。

熱田神宮-12

 私をお見送りしてくれたのは、こいつだった。境内で放し飼いになっているニワトリさん。たぶん、名古屋コーチンだ。

熱田神宮-13

 ご神木の大楠にも挨拶していった。
 新緑の5月になって、ますます元気に葉を茂らせていた。

熱田神宮-14

 拝殿前にあった立派な松。松も巨木になると迫力がある。

熱田神宮-15

 境内に露店が並んでいた。けど、普通の夏祭りなんかとは違って、花屋さんとか、金魚を売っている店だったりする。
 こんなあたりも、なんだかいい感じだった。

熱田神宮-16

 いいものを見せてもらえて満足した。
 6月5日の例祭は、もっと賑やかなお祭りだそうだ。できれば行きたいと思っている。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/2193-9a62ab5a