小牧の岩崎清流亭に藤を撮りにいく

花/植物(Flower/plant)
清流亭の藤

 小牧にある岩崎清流亭(地図)の藤を撮ってきた。
 ここも今年は遅れていて、5月に入ってようやく見頃となった。
 何年も前から一度撮りに行きたいと思いつつ、なかなか行けずにいた。今年こそはと、昨日、自転車でひとっ走り行ってきたのだった。
 名鉄小牧線「味岡駅」のすぐ西、国道102号線と新木津用水が交差したところにある。近くまで行けば、道沿いからでも見えるからすぐに分かると思う。地元ではけっこう有名な藤スポットとして知られている。



水辺の映り込み

 水路沿いに咲く藤ということで、映り込みを狙って少し離れた橋の上から、三脚を立てて望遠で撮ってみた。NDフィルターとPLフィルターを重ねて、F10、15秒露光。
 思ったほどロケーションがよくない。障害物も多いのできれいに収めるのは難しいと感じた。



咲く藤の縦位置

 普通に縦撮りするとこんな感じ。
 脚立を持参していた人がいたけど、それは正解だ。高い位置から狙えば、より水面を活かして撮れる。



建物と藤

 清流亭というのは料亭の名前で、藤はその庭に植えられている。
 料亭に入れば、中からも藤を見られるし撮れる。コース料金は5,000円ほどだそうだ(2011年現在)。
 もともとは江戸時代に、平手柳左ヱ門が休憩所を開いたことに始まる。当時からすでに清流亭という名前だったようで、外郎(ういろう)なんかを売っていたらしい。
 藤は、柳左ヱ門が岩崎山(小牧長久手の戦いで秀吉が砦を築いたところ)に住む兼松七左ヱ門という人にもらったものなんだとか。樹齢は300年程度と考えられている。



清流亭の藤全景

 料亭の藤全景。
 川の手前にフェンスがあるので必ずしも撮りやすい状況ではない。



定番構図

 清流亭の定番構図。
 撮りにいってみると分かるけど、結局ここなんだよねとなる。



たれる藤と川

 ここの藤はなかなかフォトジェニックだ。公園の藤棚よりも変化があって、撮っていても楽しい。



藤のアップとクマバチ




下から見上げる

【アクセス】
 ・名鉄小牧線「味岡駅」から徒歩約3分
 ・駐車場 不明(ありらしい?)
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/05/06 09:00
    はじめまして、こんにちは。
    藤の淡い紫のグラデーションが綺麗に撮影されていて
    見ていて和まされます。

    わたしの地域ではもう藤が終わり
    撮影するタイミングをのがしてしまいましたので
    オオタさんの写真で楽しませていただきました。

    ありがとうございました。

  • もう少し藤
    2011/05/06 23:31
    >鹿太さん

     はじめまして。
     コメントありがとうございます。
     楽しんでいただけたようでよかったです。
     藤は見た目がわぁっときれいなのに、写真に撮るには難しい花だと感じます。
     桜よりも手強い。
     こちらはもう少し楽しめそうなので、あと一回は撮りたいと思ってます。
コメント投稿

トラックバック