在庫一掃街の風景編

街(Cityscape)
街の風景-1

PENTAX K-7 + FA 50mm f1.4 / RICOH Caplio GX100 他



 本編から漏れた写真が、まただいぶ溜まってきた。ここらで一度、在庫一掃整理をしておくことにする。
 自転車移動の行き帰りに見た街の風景編ということで、お届けします。
 一枚目は、五条川へ向かっているときに見つけた風景。煙突なのか、塔なのか、田園風景の中に忽然と現れて、ぬっと立っている。
 横についているのはハシゴらしきもので、上の方に見張り台のようなものがついている。あんなところ、絶対登りたくない。

街の風景-2

 古出来町交差点の四角い歩道橋。
 歩道橋が安全なのは分かるけど、自転車だと面倒だ。

街の風景-3

 圧政?

街の風景-4

 クラッシュ・アンド・ビルド。
 街は常に変化し、姿は一定じゃない。昨日まであったものがなくなり、昨日までなかったものができる。
 自分の目に映る街の風景を、記録として撮っておくことは意味がある。

街の風景-5

 坂のある町は情緒的だというけれど、新興住宅地に情緒と呼べるようなものはない。
 暮らしている人は大変だろうなと思うだけだ。道路が凍り付いたら、どうにもならない。

街の風景-6

 名古屋地方気象台前の急坂。名古屋のジェットコースターの路と呼んでもいいくらいだ。
 ここを自転車で登れる人はどれくらいいるんだろう。スクーターでも下手したら登れない。

街の風景-7

 教会風結婚式場としては頑張っている方だ。それっぽく見えなくもない。
 これはこれで日本らしくて悪くないとは思う。

街の風景-8

 工場の屋根。ノスタルジックな風景に思える。

街の風景-9

 空に近いバス、ゆとりーとライン。このバスを格好良く撮りたい。

街の風景-10

 電線と鳩の群れ。
 鳥たちにとって電線は止まり木の代わりになっている。

街の風景-11

 住宅地を行く自転車のお仲間さんたち。
 ときどき、自転車集団に巻き込まれてしまうことがある。なんかちょっとおかしくて、笑いそうになる。

街の風景-12

 夕暮れ時のバスレーン。歩道橋の上から見る風景が好きだ。

街の風景-14

 夕陽とシルエット。雨上がりの夕方で、よく晴れているのに傘を持っている。

街の風景-15

 高架の造形。夕日色に染まる。

街の風景-16

 夜、遠くに見える滑走路の光。

 まだまだ在庫はあるから、放出は続く。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • こんにちは。
    2011/05/01 00:47
    こういった写真を見ていると写欲に駆られます・・!
    あぁ、撮りに行きたい!しかし日曜日は雨・・・。
    雨の風景もいいけど、どうしてもフットワークは落ちてしまいます。

    オオタさんの写真はとても奇麗な発色ですよね。僕からはなかなかうまく出ないものです。
  • 雨降り
    2011/05/02 01:06
    >Darrellさん

     こんにちは。
     きょうはやっぱり雨でしたね。
     お出かけできたでしょうか。
     雨はどうしても機動力が落ちるし、行動に制約も出てくるから、イヤになってしまいますよねぇ。
     できれば晴れて、日差しと青空が欲しい。
     明日からは晴れるでしょうか。

     私はPENTAXの発色が好きなんで、いろいろメーカー使ったけど、最終的にはPENTAXに戻ります。
     PENTAXの色が一番しっくりくるんで。
コメント投稿

トラックバック