名鉄三河線の廃線風景

飛行機(Airplane)
名鉄廃線-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4



 4月始めに足助にカタクリを見にいった日、名鉄三河線の廃線跡をmihopapaさんと一緒に少し歩いた。
 鉄道車両にはあまり思い入れがない私ではあるのだけど、鉄道風景は好きでよく撮っている。線路もかなり好きな方だ。廃線跡というのも、なにやら心惹かれる存在だった。
 足助方面へ行くとき、道路脇に線路がちらちら見えているのが前から気になっていた。あんなところを電車が走っていたことも知らなかった。
 名鉄三河線は、もともと北の西中金と南の吉良吉田を結ぶ長い路線で、2004年に両端の西中金-猿投間と、碧南-吉良吉田間が廃止になった。2004年というとまだ7年前だから、何度かこのあたりを走っている列車を目にしていてもよさそうなものなのに、まったく印象がない。その頃は鉄道そのものに興味がなく、まったく利用もしていないときだったから、目にしていても意識しなかっただけかもしれない。
 西中金から先、足助まで線路は延びる予定だった。しかし、戦争のゴタゴタで中断し、戦後もついに実現することはなかった。もし完成していたら、香嵐渓の紅葉渋滞もずいぶん違っていただろうけど、赤字路線で昭和のうちに廃線となっていただろうか。
 廃線区間は8キロ以上あるので、歩いて往復できるような距離ではない。その中の一部を断片的に歩いてきた。

名鉄廃線-2

 7年という歳月を考えると、駅舎も、ホームも、線路も、よく残っている。田舎の方のローカル線だと、現役でもこれくらいのところはある。
 ただ、線路は使わないとすぐに錆びてしまうから、錆色で廃線と分かる。もはや、空を映すこともない。

名鉄廃線-3

 駅舎は木造で、特に補修しているとか、手を加えているとかもなく、そのまま放置されている感じだ。立ち入り禁止でもなく、バス停の待合室のように使われているのかもしれない。
 廃線好きの人たちがポツポツ訪れていると思われる。

名鉄廃線-4

 線路脇には、オオイヌノフグリがよく咲いていた。春色の爽やかな青と、廃線路の茶色のコントラストが、少しもの悲しい。

名鉄廃線-5

 隣の三河広瀬駅も駅舎が残っていた。こちらは修繕されていて何かに使っているようにも見えた。
 広場に車をとめて散策しようとしたところ、おばちゃんが飛んできて、ここはとめちゃダメ、というので仕方なく退散する。
 次に矢作川にかかる鉄橋へとやって来た。
 その気になれば歩いて渡れそうではあるけど、さすがに見とがめられそうなのでやめておいた。渡った先は雑木林になっていて、進めそうにない。

名鉄廃線-6

 倒れた速度標識と枕木。
「電車でGO」ではよくスピード違反をして減点を食らっていたのを思い出す。電車の運転は、思っている以上に制約が多くて大変だということを、あのゲームで知った。

名鉄廃線-7

 橋から南へ、枝下(しだれ)駅を目指して歩く。

名鉄廃線-8

 それにしても、なかなかにローカル線風情のいい風景だ。廃線になる前の列車が走っているときに撮りたかった。

名鉄廃線-9

 何かの標識か合図なんだろうけど、鉄の人ではない私には分からない。

名鉄廃線-10

 枝下駅に駅舎らしいものはなく、ホームだけが残されている。このあたりは元々無人駅で、営業しているときからこんな感じだったのかもしれない。
 線路脇にしだれ桜の若木が植えられている。なんでこんなところにと思ったら、廃線跡を整備してサイクリングロードを造る計画があるそうだ。公園などもできるらしい。
 名鉄がそんな金がかかって儲からないことをするとは思えないから、きっと豊田市がやるんだろう。
 何年後かには、このあたりも風景が一変しているだろうか。

名鉄廃線-12

 横を走っている道路は、歩道もないほど道幅が狭いのに、交通量が多い。サイクリングロードができれば、子供たちも安全だ。

名鉄廃線-11

 枝下駅近くに、立派なしだれ桜が何本かあって、桜がきれいに咲いていた。近づいてみると、水車が回っている。実用しているとも思えないから、昔のものを再現して観光用に回しているのだと思う。
 思いがけず、ちょっといい風景に出会えた。

名鉄廃線-13

 枝下駅から先は、急に荒れた様相を呈している。線路は枯れ葉に埋もれ、季節が突然戻ってしまったように思えた。
 もう少し行けるところまで進んでみることにする。

名鉄廃線-14

 ますますワイルドさが増していく。川からも道路から離れ、人も歩いていないようだ。

名鉄廃線-15

 しばらく進んだところで完全に行き詰まった。藪が厳しさを増し、これ以上進むことはできなかった。
 全線踏破とかが目的ではないので、ここで引き返すことにする。

名鉄廃線-16

 廃線跡歩きはなかなか楽しかった。また機会があればやってみたい。次は猿投駅から歩き始めて、どこまで行けるか確認するのもよさそうだ。海側の碧南から吉良吉田までの間も興味がある。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/04/28 22:18
    いよいよ「鉄の人」ですね!(笑)
    廃線を専門とされている方々も大勢いらっしゃるようですし、オオタさんもお仲間入りでしょうか。

    2枚目の改札の写真が良いですね。

    標識は勾配標で、少し傾いていますが、これは今までが下り坂で、ここから水平になる、という標識です。反対側から見ると今までが平でこれから昇り勾配、という表示がされていたと思われます。
  • 鉄化
    2011/04/29 22:51
    >moumingさん

     こんにちは。
     私も少しずつ鉄化が進んでいるでしょうか。(^^;
     リニア・鉄道館も行かなくてはですね。
     午後から行けば並ばずに済むのだろうか。

     廃線好きの人も、思っている以上に多いんでしょうね。
     なかなか情緒があって、物語を感じさせる風景でした。
     あの標識は勾配だったんですね。なーるほど。
     ありがとうございます。(^^)
     そういえば、「電車でGO」でも出てきていたような。(^^;
  • こんにちは。^^
    2011/04/30 17:16
    山線は廃線後も面影を残す部分がけっこうありますよね。
    でも、海線は今はその名残を探すことは難しいかも。。
    終点の碧南駅で降り立つと、その先は線路がありません
    旧沿線を歩くと・・少しは名残があるかな・・^^
    高浜や碧南は港や川が近くにあるので、散策するには
    けっこう面白いところですよ^^
  • 碧南再び
    2011/05/01 00:04
    >lavieさん

     こんにちは。
     lavieさん、鉄道も詳しいんですね。やるなぁ(笑)。
     そういえば、碧南へ行ったとき、それらしい跡は分かりませんでした。
     もっとしっかり探せばあるのかもしれないですね。
     碧南はかなり気に入って、少し回りきれなかったので、もう一度行きたいと思ってます。
  • 詳しいというわけでは・・^^;
    2011/05/01 10:59
    こんにちは。
    三河線海線は生活圏なので、時々周辺をうろうろしたりしてるんですよ。^^
    碧南中央駅から続くてらまち辺りは歩くのにいいですよね~^^
    私もまた歩いてみようと思っています。^^
  • もう一度
    2011/05/02 01:12
    >lavieさん

     こんにちは。
     鉄子じゃなかったんですね(笑)。
     そうかぁ、あのへんもよく行ってるんですね。
     碧南の港の方を逃してしまったんで、もう一度あそこに行きたいと思ってます。
     吉良も、また吉良ワイキキビーチに行きたいなぁ。
コメント投稿

トラックバック