桜が咲いていた頃のモリコロパーク

施設/公園(Park)
春のモリコロ-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 / DA 55-300mm f4-5.8



 リニアに乗ってモリコロへ行こう、と思うのだけど、やっぱり自転車で行ってしまう。リニアはまだ一往復しか乗っていない。赤字続きのようだけど、存続は大丈夫だろうか。
 水源公園に桜を見に行った日、モリコロパークに寄ってから行った。正確に言うと、猿投の桃畑を見にいこうとして上り坂で断念して引き返してモリコロへ行った、ということになる。
 目的はギフチョウだった。結果から言うと、この日は出会うことはできなかった。少し風があって、日差しも弱かったから、ギフチョウが飛ぶ条件ではなかった。
 ギフチョウと初めて出会ったのはおととしのモリコロだった。去年は出会えず、今年もう一度行って、またいなかった。今度こそ飛んでいるところを撮りたいと意気込んでいたのに。今年はもうシーズンは終わってしまっただろうか。
 というわけで、写真は10日以上前のものとなる。桜満開で、ちょっと季節外れだけど、春のモリコロパーク風景をお届けします。

春のモリコロ-2

 いつもは西入口から入るから、北入口からの風景は新鮮だ。リニアで訪れると、ここが入り口となるから、一般的にはこちらが正門ということになると思う。
 エレベーターを下りるとすぐ前に大芝生広場がある。暑かった2005年の夏の終わり、歩き疲れてここでへたり込んだのを覚えている。もう6年近くも経ったとは、信じられない。

春のモリコロ-3

 桜と観覧車。
 このときはまだ桜がよく咲いていた。

春のモリコロ-4

 今年はあまり桜のアップ写真を撮らなかった。これは珍しく撮った一枚だ。
 桜シーズンが終わってみると、もっとあそこへ行けばよかったとか、ああ撮ればよかったとか、心残りが出てくる。

春のモリコロ-5

 木橋と桜。
 構図は決まった。あとは人が通るのを待つだけ。
 ……誰も来やしない。
 10分待って、あきらめた。この日、園内は閑散としていて、いつ来るか分からなかった。それに、どうしても待ちたいと思えるほどの場面でもなかった。

春のモリコロ-6

 赤いけど睡蓮の葉だろうか。桜の花びらが彩りとなっていた。

春のモリコロ-7

 春真っ盛りの派手な風景。桜に、花桃に、レンギョウ、ユキヤナギも。
 4月初めが一年で最も華やかなときで、桜が終わると春の花も一段落して、だんだん少なくなっていく。

春のモリコロ-8

 ギフチョウには会えず、飛んでいるキチョウも撮り切れず、やっと撮れたのはタンポポにとまる蝶だけだった。
 こいつはなんだろう。タテハチョウっぽい感じがするけど、詳しくは分からず。

春のモリコロ-9

 チューリップのイメージはなんとなく5月の花なのだけど、実際は4月の花だ。撮るなら今撮っておかないと、次の花に追い越されてしまう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック