桜便り 第十四弾 ~最終回

桜(Cherry Blossoms)
桜便り14-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4



 桜便りの最終回として、本編から漏れた写真などを集めて載せて最後とする。
 今年くらい桜を撮った年はなかった。ピークは短かったものの、その後粘りを見せて、いつもの年以上に長く楽しませてくれたように思う。
 個人的に散り桜を撮ることをテーマにしていたので、最後の最後まで撮り切れた感がある。
 桜の魅力を再認識する年になった。
 最後に感謝の思いを込めつつ、もう一度桜を振り返ってみたいと思う。
 一枚目は、満開の香流川から。香流川もたくさん写真を撮らせてくれた。

桜便り14-2

 藤が丘へ至る桜トンネル。
 今年も見事なものだった。散り始めを撮れたのもよかった。

桜便り14-3

 長久手古戦場近くの川沿いの桜並木。ここに桜があったとは気づかなかった。
 芝桜も咲き始めていた。

桜便り14-4

 アドバルーンとは懐かしい。近年、ほとんど見かけなくなっていた。
 桜咲く4月の空とアドバルーンの組み合わせはよかった。

桜便り14-5

 足助方面の里で咲いていた桜。ソメイヨシノではないようにも思う。彼岸桜だろうか。

桜便り14-6

 尾張旭の定番桜風景。
 ここも毎年外せないと思いつつ、いつも終わりかけになってしまう。今年もやっぱりそうだった。

桜便り14-7

 月と桜。
 夜桜をあまり撮れなかったのが心残りだ。満月と夜桜なんてのも撮ってみたかった。

桜便り14-8

 たぶん、新地蔵川の桜並木。
 以前に載せたのは順光バージョンで、こちらは逆光バージョン。桜も逆光が好きだ。

桜便り14-9

 小牧の名古屋空港へ向かう途中、道に迷っているときに出会った光景。
 なので、どのあたりなのか、よく分かっていない。
 こんな何気ない風景でも、桜があるだけでなんとなく華やいだ感じになる。

桜便り14-10

 雨の日、大森の川沿いで。この川は何川なのか知らない。

桜便り14-11

 浮かび流れる桜の花びら。

桜便り14-12

 堀川らしい花筏。ペットボトルやらゴミやらがたくさん浮いている。そんなものも一緒に運んで花筏はゆっくり流れていく。

桜便り14-13

 花筏の魅力に目覚めたのも今年の桜シーズンだった。

桜便り14-14

 ほぼ終わった頃の堀川桜風景。できればこちらも咲いているときに撮りに訪れたかった。
 名古屋城天守閣が見えるポイントは、大がかりな工事中で近づくことができなかった。

桜便り14-15

 春日井の二子山公園に行くことができたのは、五条川の帰りだった。ライトアップはなく、公園の明かりを頼りに撮る。

 長々と私の桜便りにおつきあいいただきありがとうございました。
 まだ他のところで撮った桜の写真が少し残っているのだけど、桜便りとしては今回が最終回となる。
 桜は今、北関東から北陸地方あたりで見頃になっているようだ。東北は特別な思いで今年の桜シーズンを迎えることになるだろう。
 日本各地で、多くの人たちが桜を撮り、南から北へ桜をリレーしている。北海道の人たちがアンカーだ。私たちが送った桜のバトンが完走することを願っている。よろしく頼みます。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/04/21 20:11
     私も愛知県在住ですが、私にとっての花見の時期はゴールデンウィークです。十数年前、大型自動二輪免許を取った年から、毎年飛騨荘川桜へツーリングへ行っていました。
     今はバイクも無く、クルマでの移動になりましたが、GWに荘川桜を見に行きそのまま富山県砺波市へチューリップを見に行くと云うのが、恒例となっています。
     そんなわけで、水を差すようで申し訳ありませんが、私の桜は未だ咲いてもいないのです。
  • まだ蕾
    2011/04/22 00:11
    >gatoさん

     こんばんは。
     ありがとうございます。

     荘川桜はまだ蕾なんですね。
     あれは物語のある桜で、私もいつか見てみたいと思ってます。
     今年こそ、根尾村の薄墨桜を見にいこうと計画していたのに、もう散り始めてしまったようで、時期を逃してしまいました。
     富山までとなると、長いドライブになりますね。気をつけて行ってきてください。
コメント投稿

トラックバック