フォトコンで喜ぶ

フォトコン・写真(Photo Contest)
フォトコン-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 / DA 16-45mm f4



 カメラ雑誌「デジタルカメラマガジン」のフォトコンで、準優秀賞をいただいた。
 これは嬉しかったなぁ。昨日の夜中に結果を知って、大喜びした。
 これまで佳作は何度かあったけど、入賞以上は初めてだ。それもあるけど、この一枚は自分でも思い入れのあるもので、どうしても選ばれたいと思っていて、それを中井精也さんが選んでくれたことが喜びを大きくさせた。
 これまでずっと撮りたいと思ってきた写真の方向性が間違いじゃなかったことも分かって、その点でもとてもよかったと感じている。
 ちょっと写真でも撮ってみようかと思ったのが、もうかれこれ10年ほど前のことだ。初めてコンパクトデジを買って、あちこち出歩いて写真を撮るようになった。デジタル一眼を買ったのは愛・地球博が終わった2005年の10月だった。最初に買ったのは、中古のEOS D30だった。
 あれから5年半。去年あたりから、ようやく少し撮れるようになってきたと手応えを感じている。5年半というのは決して短い月日ではない。デジタル時代は、センスのある人なら1年もしないうちにいい写真を撮れるようになる。私は長くかかってやっとここまできた。
 撮り始めた頃はもちろんフォトコンなど遠い世界のことで、上のレベルの人たちは100点満点レベルで争っていると思っていた。ドラゴンボールで戦闘力を知ることができるスカウターというのが出てたけど、あれでいうと出発点の私は5くらいだったと思う。
 フォトコンが実際は1000点満点くらいで戦っていることを知ったのは、ずいぶんあとになってからのことだ。数百レベルのアマチュアはごろごろいる。
 それが海外に出てみると、1万とか10万レベルとかで争っている。1X.comなどは、国内のフォトコン受賞レベルでは全然太刀打ちできない。
 レベルの高い写真が必ずしも良い写真というわけではない。フォトコンに選ばれることが正解というわけではないことも分かっている。
 ただ、思いを乗せるためには確かな技術力が必要で、それは歌も絵も写真も小説も同じだ。スポーツも変わらない。基礎的な技術に支えられて初めて思いというものが表現できるものだし、人にも伝わるものだ。
 写真に限って言っても、上手い人は山ほどいる。上手いだけでは駄目だし、思いがあるだけでも充分ではない。上手くていい写真であればそれに越したことはない。
 上手くなるには勉強しないといけないし、練習や実戦も積み重ねる必要がある。
 自分のレベルを知る上で、フォトコンというのは一つの大きな指針になることは間違いない。選ばれるかどうかは選者さんとの相性もあるし、たまたまということもある。
「デジタルカメラマガジン」は、サイトGANREFで、予選通過作品を発表するようになったのは大きい。予選に通れば、まずは力のある作品と思っていい。あの中からどれが選ばれてもおかしくない。
 当面の課題としては、まだまだ基本的な部分でレベルアップしないといけないと感じている。スカウターで見れば、やっと100を超えて数百あたりだろうか。1000まではまだ遠い。超サイヤ人レベルは遙か彼方だ。それでも、スタート地点では並以下レベルだった自分が、ここまで撮れるようになったことを考えれば感慨深い。
 もっといい写真が撮れるように頑張ろう。

フォトコン-2

「駆ける園児」というタイトルをつけた。
 撮ったのは2月のことで、このときはただいいシーンに出会えたと喜んだけど、今見るとこんな平和な光景がいかに大切かということが分かって、心に染みる光景だということをあらためて思う。

フォトコン-3

「ローカル線ホーム」
 続くときは続くもので、同じく「デジタルカメラマガジン」の単発コンテスト「低彩度フォトコンテスト 低彩度&ローコントラスト部門」で佳作に選ばれたもの。
 この写真も好きな一枚で、辛口の田中達也さんが選んでくれたことが、個人的に大きなことだった。
 通常バージョンは予選通過のみで、低彩度に仕上げを直して選ばれた。

フォトコン-4

「黒猫様のお通り」
「ゆる・シャープ フォトコンテスト シャープ部門」の佳作。
 影が切れてしまったのが惜しまれるところだけど、バランスとしてはかえってこの方がよかったかもしれないとも思う。

フォトコン-5

 先々月の佳作とあわせて、一時的にフォトコン年度賞のトップタイになるという奇跡が起きた。春先だけ調子がいいチームのようなものだ。一瞬でもトップというのは、これが最初で最後になりそうだから、永久保存版にしないといけない。

 フォトコンはそれはそれとして、桜が終わった今、次に何を撮りに行くか考えないと。そうこうしているうちに藤が咲いてきそうだ。ゴールデンウィークも近づいた。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 管理人のみ閲覧できます
    2011/04/21 19:53
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • おめでとうございます
    2011/04/21 22:24
    フォトコン準優秀賞おめでとうございます!
    特にこの写真は印象が強かったことを覚えています。

    この刺激に受けて、僕も今年はフォトコンに作品を送ってみようと思います。
  • 2011/04/21 23:12
    おめでとうございます

    かつて私が向台に住んでいた時にサイトに訪れて(2005くらい)
    からフォローささていただいています。

    「駆ける園児」はホームグランドである矢田川でしょうか。





  • 励みに
    2011/04/22 00:15
    >Darrellさん

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。
     あんまり嬉しかったので、載せてしまいました。(^^;
     フォトコンは、励みになったり、落ち込んだりです。
     Darrellさんもぜひぜひ応募してみてください。
     いい知らせががあれば教えてくださいね。
  • 長いおつきあい
    2011/04/22 00:19
    >obadonaさん

     こんばんは。
     どうもありがとうございます。
     2005年というと、このブログを始めた年なので、ずいぶん長くおつきあいいただいているのですね。
     変わっているようで変わっていないですが、今後ともよろしくお願いします。
     あの写真は、たぶん、庄内川だったと思います。
     ああいうチャンスって、狙ってもなかなかあるものではないので、幸運な出会いでした。
  • おめでとうございます。
    2011/04/22 10:57
    最近、コンテストの話題があまり無かったので、どうなのかな~と思っていました。
    本当におめでとうございます。ファンの一人として私までワクワクしています。

    これからも素敵な写真を拝見させて下さいね。
  • 撮りたい写真を
    2011/04/22 23:23
    >moumingさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     フォトコンはどうなんでしょうね。続くときは続くんだけど、止まるとバタッと止まってしまいます。
     それより、自分の撮りたい写真を撮れるようになりたいという気持ちの方が強いです。
     心がふわっとするような写真を。
  • 2011/04/25 01:27
    おめでとうございます!
    本日、本屋で紙面を拝見してきました。
    ブログでの、こってり(?)とした色合いも好きですが、淡い感じも写真の雰囲気とマッチしていて素敵ですね。
    これからも陰ながら応援させていただきます。
  • ありがとうございます
    2011/04/26 00:16
    >Dannaさん

     こんにちは。
     ありがとうございます。
     雑誌を見ていただいたのですね。
     縦位置写真ということで、1ページ丸まるだったのも嬉しかったです。
     次はいつになることか。
     またいつでも遊びにきてくださいね。
コメント投稿

トラックバック