桜便り 第十二弾 ~東谷山フルーツパーク編

桜(Cherry Blossoms)
フルーツパーク-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 / DA 16-45mm f4



 映り込む桜と池を泳ぐ鯉。写真の天地をひっくり返して、空を飛ぶ鯉の図を作ろうと目論むも、やってみたら鯉の格好が不自然になるのでできなかった。残念。
 それでも、なんだか不思議なスケール感の絵になった。鯉が大きすぎるのか、桜が小さすぎるのか。

フルーツパーク-2

 毎年、桜の締めくくりとして最後に東谷山フルーツパークを訪れることが多い。ここのしだれ桜は、ソメイヨシノから一週間ほど遅れて満開を迎えるため、ちょうどタイミングがいい。行かずに済ませてしまう年は、なんとなく桜の終わりが曖昧になって落ち着かない感じがする。今年もやっぱり行っておくことにした。
 写真は先週後半の様子だから、今はもうかなり散ってしまっていると思う。今年はここも満開になるのが遅れたようで、少し遅刻気味にもかからわずほぼ満開の状態を見ることができた。
 園内に入って一番最初に会いに行くのが、奥にある一本の桜の木だ。この木が一番姿がよくて気に入っている。今年もよく咲いていた。

フルーツパーク-3

 芝生の丘を囲むようにしだれ桜が咲いている。シートを広げたお花見客もたくさんいた。芝生では子供たちが駆け回り、老夫婦が座って園内を眺めたりしている。
 平和で幸福な春の光景だった。

フルーツパーク-4

 しだれ桜は、下に潜って広角で撮りたくなる。24mmでも全然収まらない。

フルーツパーク-5

 フルーツパークの名前の通り、果樹園があって、たくさんの果物の木が植えられている。それらの花も見所ではあるのだけど、この日は桜ばかり撮った。

フルーツパーク-6

 紅しだれ桜は、ソメイヨシノとはまた違った魅力がある。華やかで明るい。ソメイヨシノのセンチメンタルと比べてずっと陽気だ。

フルーツパーク-7

 アメンボに被写体としての魅力や可能性を感じていて、もっとよく撮りたいのだけど、なかなかいないし、いても近づいてくれない。
 この日も映り込みとアメンボの組み合わせを狙ってずいぶん粘ったのに、結局ほとんど撮らせてくれなかった。
 昔は雨上がりの水たまりにもいたアメンボも、今やあまり見られない貴重な生物となってしまった。

フルーツパーク-8

 水芭蕉の池か。違うかもしれない。
 水芭蕉もそろそろ季節のはずだ。松平郷に行けばあるけど、あそこは自転車では行けない。近くで水芭蕉が咲いているところがあるだろうか。

フルーツパーク-9

 今年も猿投の桃畑に行けなかった。今年こそ行こうと思っていて、実際、向かったものの、グリーンロードのアップダウンのきつさにギブアップして、途中で引き返してしまった。水源公園へ行った日だ。距離的には行けない距離ではなかったのだけど。
 フルーツパークの桃畑で、ちょっとだけ行ったような気分になった。こんな風に一面、桃畑が広がっている。

フルーツパーク-10

 閉園間際。人が少なくなったとき。

フルーツパーク-11

 満開のしだれ桜を見られてよかった。これで気持ちの上でも桜に一区切りついた。ただ、それからも名残の桜をたくさん撮っていて、桜撮りはこれで終わりではない。桜便りはまだ続くのであった。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 私も行ってきました
    2011/04/19 22:23
    私も先週末の土曜日に行ってきました。「枝垂桜まつり」は終了していましたが、少し天候が不安定だったにもかかわらず、大勢のお客さんがやってきていてました。午前中だけでしたが楽しんできました。私もフルーツパークの枝垂桜だけは毎年外す訳にはいかないです。
    また、色々と教えて下さい。

    http://mouming.wordpress.com/2011/04/16/2011年春東谷山フルーツパークの枝垂桜/
  • 締めくくりに
    2011/04/19 23:33
    >moumingさん

     こんにちは。
     ご無沙汰してます。
     moumingさんもフルーツパーク、行ってきましたか。
     ちょうどソメイヨシノが終わる頃なんで、タイミングがいいんですよね。
     私もあそこで締めくくりという年が多いです。
     今年は少し人が少なかったような気がしたんだけど、たまたまだったでしょうか。
     いよいよ桜も終わってしまいましたね。
コメント投稿

トラックバック