桜便り 第十弾 ~黒川から五条川編

桜(Cherry Blossoms)
桜便り10-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4



 花筏と名残の桜を撮りたくて、黒川経由で五条川へ行ってきた。
 桜便りも今回で10回目となった。

桜便り10-2

 咲き残る桜と、川面のキラキラ。

桜便り10-3

 花筏の未完成品。
 いつか見た、五条川の川面を埋め尽くす花筏の写真が、ずっと頭に残っていた。いつかあんなのを撮りたいと思ってきた。

桜便り10-4

 五条川の手前で、川沿いに並ぶ桜並木があった。たぶん、合瀬川だったと思う。

桜便り10-5

 今年の五条川は、散った花びらを主役に撮ろうと決めていた。だからあえて満開のときには行かず、終わりかけの時期に行った。でも、タイミングとしては少し遅かったかもしれない。あと2日くらい早くてもよかった。

桜便り10-6

 シャッタースピードで変わる流れる花の表情。

桜便り10-7

 流すか、止めるか、それが問題だ。
 同じ場所で、高速と低速それぞれで撮った。シーンによって流した方がいいこともあるし、止めた方がいいこともある。

桜便り10-8

 桜を見ながらベンチで、おやじさんたちの語らい。

桜便り10-9

 シルエットのセルフポートレート。

桜便り10-10

 桜を映す水面を流れる花びら。
 桜時計はこれくらいの速さで動いている気がする。

桜便り10-11

 いつかこんな花吹雪を撮ってみたいという願いを込めて。

桜便り10-12

 夕陽と桜。

桜便り10-13

 夕焼け色に染まった桜の花を川面が映す。

桜便り10-14

 時刻は宵へ。空は蒼に。

桜便り10-15

 桜の花びらを捕まえた蜘蛛の巣。

桜便り10-16

 夜の花筏。
 水面が隠れるほどの花びらに覆われて、川はゆっくり流れる。

 これが今年の私の目に映った五条川の桜風景だった。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 2011/04/17 16:31
    こにゃにゃちは

    やっぱり柵が無い方が画(え)になりますよねぇ・・(四枚目)。
    まあ川の造りが違うんだからしょうがないか・・。
    近くにあるだけマシですか(^^;。
    なんせK川のほんの近く(おっと・・)ですから
    姿は見えずとも香りは漂ってきます。
    文句を言うのは贅沢ですよね(^^;。
  • 柵さえ
    2011/04/18 00:53
    >⑦さん

     こんにちは。
     あの柵、なんとかなりませんかね。(^^;
     あれさえなければ、香流川はかなりいい撮影ポイントなのに。
     昔はなかったですよね。あったのかな。
     歩いていける距離にあれだけの桜並木があるんだから、文句は言えないかとも思うのだけど。
コメント投稿

トラックバック