桜便り 第五弾 ~名古屋城と夜桜編

桜(Cherry Blossoms)
名古屋城桜-1

PENTAX K-7+PENTAX FA 50mm f1.4 / DA 16-45mm f4



 どこかで夜桜も撮っておこうということで選んだのは、名古屋城だった。名古屋城の城内で桜を撮ったことがなかったので、夜桜もまとめて撮ってしまうことにした。
 この時期は夜間延長営業をしていて、夜の7時半まで開いている。当初は10日までの予定だったのが、桜が遅れたので13日まで延長になった。
 すっかり満開で、夜も暖かいので夜桜見物にもいい。花は少し散っただろうけど、雨は弱かったので一気に散り果てということにはならなかった。それでも一番いい時期は日曜くらいまでだろう。
 入城する前にまずは周囲を一周巡ってみた。石垣と桜の組み合わせも、とても日本らしい風景だ。外国人も感じるものがあったようで、写真を撮っていた。

名古屋城桜-2

 本丸の南西、能楽堂があるあたりにも桜が咲いている。その中に、とても姿のいい桜があった。低く構えて、大きく横に張り出した枝振りが見事だ。

名古屋城桜-3

 西から堀越しに見る天守閣。手前の桜がアクセントになっている。
 堀のカモたちはもう北へ渡っていってしまったようだ。

名古屋城桜-4

 東からの眺め。ちょうど桜の枝が切れている場所があった。

名古屋城桜-5

 この日は南の正門ではなく、二の丸があった東門から入ってみた。混雑しているときはこちらの方が空いている。
 東南隅櫓。
 空は焼けそうで焼けなかった。
 西南隅櫓は、現在工事中でシートに覆われていた。本丸御殿の建築中に加えて、石垣の補修工事もやっているので、城内は少しバタバタしていた。写真を撮るにも障害物が多く、立ち入り禁止になっているところもあちこちにある。

名古屋城桜-6

 沈む前に少しだけ顔を見せた夕陽が、天守閣を染める。

名古屋城桜-7

 城内は思ったよりも桜が少なく、天守閣と桜を絡めて撮るのが難しい。せっかく中まで入って桜を撮ると決めたんだからなんとか撮ろうとしたのだけど、結局いいのは撮れなかった。
 桜を撮るだけなら、城外の方がいろいろポイントがある。名城公園もけっこう本数があって、あちらは屋台が出たり、宴会が行われたりしている。

名古屋城桜-8

 定番の天守閣撮影ポイント。

名古屋城桜-9

 せっかくなので天守閣にも登っておく。
 南西方向が名古屋駅で、手前が三の丸の桜だ。

名古屋城桜-10

 暗くなったところで、ここから夜桜の時間だ。

名古屋城桜-11

 天守閣の北に一本だけ植えられているしだれ桜。

名古屋城桜-12

 どうにも夜桜撮影ポイントが見いだせないまま、天守閣の周りを二周半もしてしまった。
 で、あきらめた。もう少しまとまって咲いている場所があるといいのだけど。

名古屋城桜-13

 天守閣の南に、しだれ桜などが並んでいるところがある。ここはちょっとした宴会スペースになっている。
 名古屋城と桜は、まあこんなものかなということで、外に出た。中の桜がどうなっているのかずっと気になっていたから、とりあえず見て納得できたというのはある。

 本編に収まりきらなかった写真は、続き(More)で。
名古屋城桜-14

 三の丸の桜。本丸よりもこちらの方が桜は充実している。

名古屋城桜-15

 石垣と桜。
 夜はどの程度ライトアップされているのか。されているのなら、夜桜は外からの方が狙い目かもしれない。

名古屋城桜-16

 櫓とカラス。

名古屋城桜-17

 空の表情がドラマチックな演出になった。風雲急を告げるといった感じだ。

名古屋城桜-18

 そんなにゴミ箱いるか、と思ったシーン。

名古屋城桜-19

 桜と天守閣を絡ませて撮る。半ばやけっぱちに重ねてみた。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
コメント投稿

トラックバック