スプリングエフェメラルの彼女たち、また来年会いましょう - 現身日和 【うつせみびより】

スプリングエフェメラルの彼女たち、また来年会いましょう

キクザキイチゲの群生

Canon EOS D30+TAMRON SP 90mm(f2.8), f3.5, 1/250s(絞り優先)


 飯盛山にカタクリを見に行ったとき、一緒に咲いていたキクザキイチゲ。ブログに載せようと思っていて、すっかり忘れていた。飯盛山へ行ったのは3月27日だから、もう2週間前になるのか。桜だ黄砂だなどと浮かれていたら、もうそんなに時が流れてしまっていたか。この調子でいくと、そろそろ年賀状の準備を始めないといけないかもしれない(それは気が早いだろう)。
 キクザキイチゲが咲く季節としては3月から4月ということだから、今行ってもまだ咲いているのだろうか。写真のこの状態でピークなのか、その前なのか後なのか、さっぱり分からない。場所はすぐに分かると思う。飯盛山を登り始めたすぐのところで、群生してるのはここ一ヶ所だから。それゆえ、みんな同じ場所から同じ角度で撮るしかなく、ネットでよく似た写真を見かけることになる。私も素直に、同じように撮った(READ MOREにアップ写真をもう一枚)。
 でも、ここのキクザキイチゲはちょうどいい感じにかたまって咲いている。近すぎず、遠すぎず、斜面になっていて画面に変化を生むし、木のアクセントなどもある。飯盛山のキクザキイチゲはフォトジェニックだ。みんな、カタクリを撮ったついでに撮っていく。ついで扱いにキクザキさんとしては納得いかないなぁと思っているかもしれないけど。

 キクザキイチゲを漢字で書くと菊咲一華。「一華」というのはイチリンソウ属の花の呼び名のひとつで、「菊咲」は花が菊に似てるところから名づけられた。菊の仲間ではない。
 別名がたくさんあって、ちょっとややこしい。キクザキイチゲソウ(菊咲一華草)、キクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)、ルリイチゲソウ(瑠璃一華草)など。イチリンソウはまた別の花だから、紛らわしいし、なんで白花なのにルリかというと、瑠璃色のキクザキイチゲもあるからだ。一般的にはキクザキイチゲで通っている。
 ややこしいといえば、アズマイチゲ(東一華)というのもあって、花と葉がよく似ている。アズマの方が葉っぱがくたっと元気がない感じで、キクザキイチゲの葉のような深い切れ込みもない。あと、アズマの方の花柄には毛がないのに対してキクザキには毛がある。毛がなくてくたびれたそのまんま東と覚えておけば間違えることはないだろう!

 比較的寒いところが好きなようで、北海道と、本州では近畿より北にしか生えてない。四国、中国、九州地方の人は見たことがないのだろうか。はっきりとした境界線があるのかないのか、どのあたりが境になっているのかはちょっと興味深いところだ。
 山地の落葉樹林に生える多年草で、高さは10センチから20センチくらい。カタクリの近くに咲いていることが多いけど、それほど珍しいものではないので、山に入っていけば自力で見つけることはそんなに難しくないだろう。いくらキクザキイチゲが群生していても、それだけで観光客を集めるだけの力はない。
 白い花のように見えているのはガク片で、花びらではない。10枚から13枚くらいあって、この数でイチリンソウやニリンソウとは区別ができる。
 白が一般的だと思うけど、紫や青、ピンクなどの変種も多いという。瑠璃色のキクザキイチゲは、ぜひ一度見てみたい。ブルーデージーが好きだから、瑠璃色キクザキも気に入るはずだ。
 日光が好きで、曇っているとふてくされて花を開かない。雨の日や夜も眠りっぱなし。ちょっと気難しい女の子のようなところがある。

 春先に花を咲かせる他の仲間同様、キクザキさんもスプリングエフェメラルのひとつだ。少し暖かくなると早々と花を咲かせ、春の終わりには実をつけて、初夏には葉も茎も枯れ、次の雪解けまでの長い眠りに入る。
 セツブンソウ、フクジュソウ、セリバオウレン、カタクリ、ミスミソウ、アズマイチゲたち。彼女たちは、短距離リレーのようにバトンを次々と受け渡して、咲き急ぎ、姿を消していく。それが毎年繰り返されている。ずっと昔から。
 今年はまた、その花リレーの半分くらいを見逃してしまった。でも、それが来年に向けて私の命をつないでくれるようにも思う。見られなかった心残りが生きる原動力になる。
 桜も終わりが近づき、季節は春から初夏へ。次の年の初春という季節にまた立てるように、しっかり生きていこう。
 飯盛山の花たち、また来年、会いにゆきます。


関連記事ページ
キクザキイチゲのアップ


 キクザキイチゲをアップで見ると、こんな感じ。
コメント
非公開コメント

こんにちは!

素敵な写真と文章を読ませて頂きましたぁ!

勝手にリンクを晴らせて頂きましたが・・
ご迷惑ならおっしゃって下さい。

2006-04-12 10:54 | from NAGAMI | Edit

こんばんは♪

キクザキイチゲv-344
私は、大好きです♪

じつは明日に、upしようとしていたのでしたw

さぁて。。。どうしようかと思っています^^

(あっ!変な意味ではないですので、気にしないで下さいね?w)


ポチッ♪と応援v-22

2006-04-12 18:53 | from †Tiara†

ようこそ、ここへクックック

★NAGAMIさん

 はじめまして、こんにちは。
 ようこそいらっしゃいませ。(^^)
 いつでも気軽に立ち寄ってくださいね。

 リンクしていだけるのでしたらありがとうございます。全然迷惑じゃないです(笑)。

 毎日長めに書いてるけど、よかったらまた遊びに来てください。私の方からも遊びに行かせていただきますので。(^^)

2006-04-13 03:01 | from オオタ | Edit

キクザキさん、っていそう

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 †Tiara†さんもキクザキイチゲ好きだったんですか。清楚で凛としていてきれいな花ですね。私はこの前初めて見たのでした。
 チャンスがあれば瑠璃もぜひ見たい。
 †Tiara†さん味付けのキクザキイチゲも楽しみにしてますね。

 キクザキイチゲって、ちょっと人の名前みたいって思う。
 菊崎市毛さん。そして、どうしても市毛良枝の顔が思い浮かんでしまう(笑)。

2006-04-13 03:06 | from オオタ | Edit

出遅れちゃった・・

この花、可憐で素敵~☆
て思ってたのに、コメント入れるの忘れてました。
白がクッキリ清楚で綺麗に撮れてますね・・

飯盛山・・メモメモ...φ(._.*)と・・
名古屋はまだ一度も行ったことがないけど、行ってみたいな~

2006-04-13 16:53 | from miyu | Edit

名古屋へいらっしゃいませ

★miyuさん

 こんにちは。
 出遅れても大丈夫です。ずっと昔の日記でも何かあれば書いてくださいね。(^^)
 出遅れといえば、私もmiyuさんにムラサキケマンを教えようと思ったのに、K-Hyodoさんに先を越されてしまったー(笑)。
 あれによく似たジロボウエンゴサクや、ヤマエンゴサクもあるんで、気をつけてください。

 いつか名古屋にも遊びにきてくださいね。飯盛山は春先がオススメです。これは名古屋の中心からけっこう離れてるんだけど。(^^;
 カタクリの群生も夢のようだし、キクザチイチゲの白も凛々しいですから。
 歩きに自信があれば、海上の森もいいですよ。ひとりで森に入ったら迷子になるけど(笑)。

2006-04-14 02:42 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/213-9022aef4