河原から街へ ~いつもと変わらない風景 - 現身日和 【うつせみびより】

河原から街へ ~いつもと変わらない風景

変わらない風景-1

RICHO Caplio GX100



 いつもの河川敷。変わらない風景がそこにある。永遠ではない時間。地球の歴史の中ではほんの一瞬のようなこの時間に、私たちは生きている。
 何もなかったところに、いつか消えてしまう風景が、今目の前にある。
 一瞬の幻のような光景であっても、今確かにここに存在している。
 ネットワークという架空のような世界に刻まれたデジタルデータは、人類の寿命を超えて永遠性を持ち得るだろうか。

変わらない風景-2

 この日は少し遠くまで行ってみた。
 河川敷のグラウンドでは、小学生たちが野球やサッカーをやっている。それをベンチで見ているお母さんたち。
 娯楽もスポーツもイベントも、平和の中にあるものだということを再認識する。

変わらない風景-3

 近づいた春がまだ遠ざかるような寒さになっている。今日は小雪が舞っていた。
 今年は特に春が待ち遠しい。

変わらない風景-4

 そんな季節もあったよねと言いたいところだけど、こんなことはなかったなと思う。

変わらない風景-5

 砂利の河原が広がっているところ。
 ずっと昔の矢田川がどんな姿をしていたのか、今となっては思い出せない。こんなに整備されていなかったことは確かなのだけど。

変わらない風景-6

 橋脚の下で遊ぶ女の子たち。

変わらない風景-7

 お父さんと娘と犬とお散歩。
 菜の花が少し植えられている。

変わらない風景-8

 河原でおしゃべり中の女子たち。草の間に頭が5つ。

変わらない風景-9

 おばあちゃんはベビーカーを押してお出かけ。これが一番安定するらしい。

変わらない風景-10

 庄内川の堤防沿い。
 キャリーバッグを引いたおじさんがプラッと歩いていた。何故ここで。
 なんだかシュールな光景だった。

変わらない風景-11

 グラウンドで練習をする女子ソフトチームの女の子たち。
 元気な声が響いていた。

変わらない風景-12

 女子大の卒業式帰りかな。
 そういえば卒業シーズンということさえ忘れていた。

変わらない風景-13

 ママ友の輪。

変わらない風景-14

 香流川桜並木の蕾はまだ固い。
 予想でいくとあと10日くらいで開花となるようだけど、ここのところの寒さで少し遅れるかもしれない。

 日常の風景の見え方が少し変わった気がしている。
関連記事ページ
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2011-03-16 23:42 | from -

こんにちは

矢田川ののんびりとした景色は落ち着きますよね。
こんな時だからこそ見えてくるものとかがありますよね。
僕も身近なものを今一度振り返ってみたいと思います。
いつか散歩にも誘ってくださいね(笑)

2011-03-17 17:57 | from Darrell | Edit

ご近所を

>Darrellさん

 こんにちは。
 GX100を買ったこともあって、ここのところご近所写真が続いてます。
 今こそご近所を大切に、って気持ちもあって。
 近くで私らしい人物を見かけたら、声をかけてみてくださいね。(^^)
 人違いをしないように。(^^;

2011-03-17 23:39 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/2124-20d086a1