フォトコンのこと ---もっといい写真が撮れるように

フォトコン・写真(Photo Contest)
フォトコン-1

PENTAX K-7+PENTAX DA 16-45mm f4 他



 久しぶりに「デジタルカメラマガジン」のフォトコンで選ばれた。上の写真がそれで、佳作だった。
 選者は今月から中井精也さんに代わって、選ばれる写真の傾向も去年の野町和嘉氏とはかなり変わったように思う。去年は一度、紙面添削コーナーに取り上げられただけで、結局一度も通らなかった。
 フォトコンに選ばれるために写真を撮っているわけではない、というのは言い訳でしかない。もっといい写真を撮れるようになりたいと向上心を持っているのなら、フォトコンに選ばれないと話が始まらない。選ばれた上で、こんなものはたいしたことじゃないと言うことはできる。
 応募総数は4,000枚弱あったようで、今月から少しシステムが変わって、予選通過作品が発表されるようになった。予選通過作品は443枚で、一割強ということになる。ひとり10枚までと決まっていて、今回は4枚が予選通過だった。
 選ばれたといっても佳作なので、大きなことは言えない。佳作はこれまでに何度かあるけど、入選と佳作との間には高い壁があることを感じている。入選が合格とするならば、佳作は補欠合格のようなものだ。
 とはいえ、4,000点から選ばれた23点の中に入ったことは素直に喜んでいいと思う。予選通過の400点以上の作品を見ると、どれを選んでも間違いではなく、上手い人は多い。あの中から自分が23点選ばなくてはならないと考えると、気が遠くなりそうだ。いくらプロの写真家とはいえ、最終的には自分の好みということになるのは仕方がない。同じ雑誌でも、毎年傾向が変わる。
 それにしても、予選通過4枚の中で、一枚目の写真が通ったのは、ちょっと意外だった。確かにここぞという一瞬を捉えてはいるけど、内容としてはさほど意味のある写真とは思っていない。少なくとも、自分が目指している方向の写真とは違う。

フォトコン-2

 選評の中で色かぶりうんぬんという話があって、私もそれは気になっていた。ホワイトバランスをオートで撮ったらああいう色かぶりになって、RAW現像のときにいろいろいじって変えてみたのだけど、イエロー系が合っているような気がしてああいう仕上げになった。
 実はその後、別の仕上げにして外国の写真にサイトに投稿していた(フォトコンの結果が出る前)。そこでは落ちたのだけど、上の写真がそれだ。かなり思い切ったスタイリッシュ仕上げにしている。これはこれでいいと思うけど、2枚目の写真でフォトコンに応募していたら選ばれていたかどうか分からない。
 外国のサイトというのは、1x.comというところで、ここの壁の高さは、国内雑誌のフォトコンどころではない。フォトコンで選ばれた作品も、あっけなく落とされる。落ちるのが当たり前なので、逆に励みになる。

フォトコン-3

 予選通過した作品としなかった作品も紹介しておくことにする。
 これはお気に入りの一枚で、予選通過の4枚の中では一番可能性があると思っていた。
 ただ、他人の作品を写真に撮っても自分の作品にはならないわけで、この写真は作品以前のものと言えるかもしれない。

フォトコン-4

 これも自分では好きな一枚で、撮りたい写真の方向性としては自分の気持ちにぴったりくる作品だ。
 中井精也さんが選者ということで、これを選んでくれたらすごく嬉しかったのだけど、ドラマ性という点ではもう一歩足りないことを自覚している。写真だけでは二人の関係性や状況が分かりづらい。
 登場人物が制服姿の女子高生と男子高校生で、女の子が小さく手を振っている、みたいな場面なら最高だ。斉藤由貴の「卒業」の世界になる。
「反対のホームに立つ二人 時の電車がいま 引き裂いた」

フォトコン-5

 予選通過はここまで。
 これもパッと見て印象的な作品ではあるけど、じっくり見ると面白みがない。なんのドラマもないし、主張もテーマもない。しかるべき人物が、しかるべき位置に配置されていたら、もう少しいい作品になっただろうか。
 他の作品の選評の中で、中井精也さんは何度か、粘ることと完璧に仕上げることという点をアドバイスしている。
 ここぞと決めた場面では、人物なり被写体なりがパーフェクトな状況になるまで待つ。風景なら雲の形と位置まで完璧になるまで待つ。
 それは最近、つくづく感じていることで、土門拳も同じようなことを言っている。
「器用に、冴えた感覚で、鮮やかにスナップすることを考える必要はない。鈍重に、粘り強く被写体をカメラで追いかけなければいけない。」と。
 スナップというのは確かに一瞬を捉えるものではあるけど、最高の一瞬のためには粘って待つことや、通い詰めることが必要になる。自分にはそういう部分が決定的に欠けていると感じている。

フォトコン-6

 ここからは予選通過しなかった作品。
 建物のライトと人々のぼんやりしたシルエットが、なんとなく面白くていいかなと思った一枚。
 でも、なんとなく面白いだけでは作品とは呼べない。

フォトコン-7

 冬の川の中でバドミントンをする女子高生というシーンは、最高にシュールで面白い。せっかくこんな千載一遇ともいえる場面に行き当たったのに、それを活かしきれなかったことが惜しまれる。
 思いがけないシーンに出会ったとき、瞬間的にイメージを固めて、撮りきるためには経験に裏打ちされた技術が必要だ。
 写真のいいところは、持って生まれた才能がすべてじゃないというところだ。絵を描くことや、楽器を演奏するのとは違う。誰でもシャッターを押せば写真は撮れる。歳を取っても、経験を積むことで上手くなれる。自分も、今年よりも来年の方がずっと上手くなっている自信がある。

フォトコン-8

 去年撮った一枚で、ずっと心の隅に引っかかっていた。
 モノクロのノイジー仕上げで、カラーよりも良くなった。
 なんとか日の目を見させてあげたい写真で、これからも自分の中で引っかかる一枚なんじゃないかと思う。
 過去に撮った自分の写真を掘り返してみると、思いがけず力のある写真が眠っていることがある。写真のセレクト力というのも、大切なものの一つだ。

フォトコン-9

 撮ったときは、すごい、カッコイイ、やったと思った一枚なのに、時間が経つと急速に自分の中で力をなくしてしまった。そういうことはけっこうある。逆に、撮ったときはなんでもなかったのに、時間が経ってから良さに気づくという場合もある。

フォトコン-10

 平凡な一枚だけど、ちょっといい気がした。でも、やっぱり普通すぎた。
 被写体の選び方や、周辺の入れ方など、全体的に雑すぎる。

フォトコン-11

 水の映り込みは、自分の中のテーマの一つとして持っている。
 秋色を写したこの一枚は、個人的には思い入れがあっても、客観的に見たら何が言いたいのかよく分からない。

 少し前、ようやくちょっと撮れるようになってきたと思った。今はまた撮れない感じになってきている。撮るべき写真はこうでなくてはという思いが、自身を縛り付けてしまっていて自由に撮れない。もう少しで撮れそうな感じなのに撮れなくてもどかしい。のど元まで言葉が出かかっていて出てこないときに似ている。ここを抜ければもう一段ステップアップできそうな予感があるのだけど。
 自分が撮りたい写真を撮ることが一番大事。それはそうだ。ただ、人に見てもらうことを前提に撮っている以上、見てくれる人にとって何らかのプラスになる写真である必要はあると思う。
 フォトコンもそうで、虚栄心を満たすためみたいなことではなく、自分の撮った写真に力があるのかないのかを問うためにやるようにしたい。自分の写真をプロの写真家が見てくれるのだ、失礼のないものを、自信を持って提出しなければならない。
 選ばれなければ、もっといい写真が撮れるように勉強、努力すればいい。やる以上は本気で全力を尽くすことが、自分自身に対する誠意でもある。
 写真を撮っているみなさん、これからももっといい写真が撮れるよう、一緒に頑張りましょう。
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • フォトコンは遠い世界
    2011/02/22 00:39
    こんばんは。
    個人的には2枚目のブルーのほうがいいと思ったのですが、専門家の視点とは違うようで。

    う~ん、自分の写真はまだ記録写真の域を脱していないと思ってます。
    撮る前にイメージが出来ていて、それに見合った準備などが出来ているのか、といったら
    零点ですね。
    >見てくれる人にとって何らかのプラスになる写真
    こういう課題を突きつけられると「見て、見て~」の写真を撮っている、という気がして
    ならない。「こんなん出ましたけど~」写真から脱却するのはちょっと大変か…
  • 2011/02/22 07:31
    >フォトコンに選ばれるために写真を撮っているわけではない、というのは言い訳でしかない

    まったく同感です

    自分は「月刊カメラマン」をもう30年愛読し、何度かフォトコンにチャレンジしていますが、すべて落選・・・ゆいいつ2回だけ、「あともうすこしがんばれ」コーナーに名前が出ただけ、しかもそれは、子供が小さい時のモデルが良かった、という要素でしたOTL

  • 管理人のみ閲覧できます
    2011/02/22 07:37
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 難しいのですね!?
    2011/02/22 19:13
    こんばんは! おやじです。 ヾ(^-^;)
     最近は、表記のブログでやってます~!?

    自己満足の世界と思い、
    フォトコンへの意識はないのですが~^^

    撮ったときは、すごい、カッコイイ、やったと思った一枚・・・
    --->>>私もブログ投稿時はイイのですが、アップして、再度見直すと嫌になるばかりです。 だから、事あって、過去ブログの履歴丸ごと削除
    が出来たような気がします~!?

    じっくり見ると面白みがない。・・・
    --->>> 我が写真の場合、その通りです・・・。(´~`ヾ)
    でも、オオタさんの写真は、凡人の私には云われるまでは解りませんが~^^; 云われるように、心に問いかけるなにかと云われても~?
    ・・・・・・早くオオタさんの域に辿りつければいいのでしょうが、、、、無理っぽいです。

    「器用に、冴えた感覚で、鮮やかにスナップすることを考える必要はない。鈍重に、粘り強く被写体をカメラで追いかけなければいけない。」・・・・・
    --->>>粘り強く追いかける~、性格的に適当なところで手を打つことが多いのですが、出来るだけ頑張ってみたいです。
    風景なら雲の形と位置まで完璧になるまで待つ。--->>>記憶の隅において写真を撮るようにしてみたいです。

    オオタさん、ありがとうございます。
    これからもいろいろ教えてくださいネ!
  • うーむ、、
    2011/02/23 00:34
    こんばんは。
    フォトコンは厳しい世界なのでしょうね・・・。
    自分は風景写真の他にもかなり特殊な分野の写真を撮っているのですが、ようやく自分のイメージが見つかりだした感じです。今年からは作品を積極的にコンテスト等に送っていこうと思っている次第です。
  • 励みに
    2011/02/23 01:07
    >mihopapaさん

     こんにちは。
     フォトコンは何が選ばれるか、今ひとつ分かりません。
     選ばれた作品を見ても、ピンと来ないことが多いし。
     でも、挑戦してみると、いろいろ発見もあるし、勉強にもなるんで、mihopapaさんもやってみてください。
     落ち続けるとへこむけど、自分の写真について考え直すことにもなるから。

     ルーセントアベニューはオススメです。被写体がたくさんあって楽しいです。
     ただ、人目が気になる。(^^;
     チャンスがあれば一緒に行きましょうか。二人なら一人よりは大丈夫かも。
  • 意識が変われば
    2011/02/23 01:10
    >ただときさん

     こんにちは。
     私も一時期はフォトコンなんて、って思ってたんだけど、そうはいってもやっぱり選ばれないとと思い直して、それ以来撮る意識がだいぶ変わりました。
     運も必要だけど、運を呼び込むためには通い詰めたり、待ち続けたりしなければならないということも分かってきたし。
     まあ、普段撮ってる写真は、作品ということを考えて撮ってるわけではないんですけどね。

     もう一つの件、見てきたら報告させていただきますね。
  • 撮り続ければ
    2011/02/23 01:14
    >ゆらり~さん

     こんにちは。
     誰だろうと思ったら、おやじさんでしたか。(^^)

     写真は難しく考えると難しく思えるし、単純に考えれば簡単にも思えるし。
     時期によっても気持ちは揺れますね。
     撮れるような気がするときもあれば、スランプみたいに撮れなくなることもあって。
     それでも、撮り続けていれば何か見えてくるものもあるのかなぁと思ってます。
     デジカメだから、現像代もかからないし。
     フォトコンどうこうより、自分が本当にいいと納得できればそれでいいのかな。
     自己満足とかではなく、自信を持って提出できる写真であれば。
  • 得意分野で
    2011/02/23 01:18
    >Darrellさん

     こんにちは。
     フォトコンに通りやすい写真を撮ってる人と、そうじゃない人というのがあるのかもしれないですね。
     一般受けと玄人受けは少し違っているようにも思います。
     フォトコンは一度、二度と選ばれるとやっぱり嬉しいし、励みにもなるので、ぜひ続けてみてくださいね。
     自分の撮りたいものがあれば、それは絶対的な強みになるから、撮り続けるべきだと思います。
     雑食ってあまりよくないって、自分でも自覚してます。(^^;
     私も、人がいる風景をもっと突き詰めて撮っていかなくては。
  • 何したいの?
    2011/02/25 23:54
    こんばんは

    タイトルにあるように「何が(を)撮りたいか」分からない。
    ただ闇雲にシャッターを押し、毎回殆どを削除する。目的が定まってないから。

    とはカッコつけて言ってみたものの、実はブログ用に撮りたいだけであり(^^;。
    でもそれとて人に見てもらいたいに変わりは無く・・・。
    自分で好きなようにやりゃいいじゃん、確かにそうなんですが。
    まあ続けない事には向上心はありませんから闇雲に続けてますけど・・・。
  • 撮っていけば
    2011/02/26 01:29
    >⑦さん

     こんにちは。
     昔は写真というと、旅行へ行ったときとか、イベントとかで撮る記念写真でしたよね。
     家族や友達とプリントを見て楽しくだけでよかった。
     今は写真というものが少し変わって、なんだか難しく考えるようになってしまってます。
     フォトコンはひとつの目標として、普段は自分の興味があるものを撮っていけばいいのかなぁと、思ってます。
     写真は撮ってれば上手くなっていきますしね。
コメント投稿

トラックバック