名古屋の空が黄色く霞んで桜のピンクも灰色に - 現身日和 【うつせみびより】

名古屋の空が黄色く霞んで桜のピンクも灰色に

桜並みが黄砂に霞む

Canon EOS 10D+TAMRON SP 90mm(f2.8), f5.0, 1/250s(絞り優先)


 香流川の桜並木を見ようとベランダに出てみると、街がモヤかカスミでものすごく霞んでいるではないか。なんだこりゃ。暖かい午後で霧でもないだろうし、雨模様というわけでもない。遠くの方は霞んで全然見えないし、桜並木もくすんでピンクではなく灰色になっている。一体何事だ、これ?
 理由は夕方のニュースで判明した。黄砂だという。これがウワサの黄砂というやつか。存在はもちろん知ってるけど、私の知る限り名古屋が黄砂でここまで霞んだという記憶はない。記録としてはあるんだろうけど、相当珍しいことには違いない。それにしても、ちょっと世界の死を連想させるような不気味な光景だった。死の灰が降るとこんなふうに地球に太陽が届かなくなるんだろうなと思ったのだった。

 一体、中国何してくれるんだ、と少し腹も立ったけど、中国そのものがこの黄砂にはかなり悩まされていると聞く。シーズンになると、マスクやメガネなしには表を歩けなくなるほどで、ひどいと交通機関も麻痺してしまうという。日本ではちょっと迷惑だなという程度だけど、中国ではこちらが思っている以上に深刻な問題となっているのだろう。
 そもそも黄砂とは何か? 私も詳しくは知らなかったので勉強してみた。
 タクラマカン砂漠、ゴビ砂漠、黄土高原の砂が、強風によって巻き上げられ、それが日本や韓国などにやって来る現象をそう呼ぶ。気象庁の定義では、視程が10km以下だそうだ。砂は非常に細かいので風に乗って遠くまで飛ぶことが出来る。風速40~50メートルのスピードで約4,000キロの距離を2、3日かけて飛んでくる。渡り鳥なら歓迎するけど砂は歓迎できないぞ。
 どうして3月から5月にかけてかというと、この時期は砂漠が最も乾燥してるのと、強烈な偏西風が発生するためで、夏になると雨が増えて風も弱まるため、あまり飛んでこなくなる。ゴビ砂漠は5月になると草原になることもあって。
 日本には年間100万トンから300万トンもの砂が飛んできてるといわれている。ってことは、中国はだんだん土地が低くなって、日本は年々土地が高くなっているということか? すごく微妙だけど。
 昔に比べると黄砂の量も回数も増えてきているという。その原因は、家畜の過放牧とか、土地の砂漠化とか、地球温暖化とか言われいるけど、本当のところはよく分かってないようだ。植林も進められているとはいえ、はっきりした原因が分からない以上、対策も難しいだろう。

 黄砂がもたらす影響としては、まず第一に視界が悪くなるということがある。これは交通などに影響を与える可能性がある。特に飛行機。
 他には洗濯物を汚したりとか、車が砂だらけになるとか、農作物への被害も考えられる。人体への影響としては、汚染物質が砂と一緒にくっついて飛んできたりもするあろう。
 一方では、太陽をさえぎることで温暖化をやわらげたり、炭酸カルシウムで酸性雨を中和したりという作用もあるという。ただしこれは一過性のものだから、あまり過大評価はしない方がいい。トータルでは断然マイナスが大きいのだから。
 日本でも日本海側を中心に、だんだん被害が大きくなりつつあるようだ。春の使者だなんてのんきに言ってはいられなくなってきた。中国なんとかしろよーとも思うけど、日本側としてもその原因究明と対策に力を貸した方がいいだろう。このまま悪くなっていけば、そのうち黄砂注意報や黄砂警報なんてのが発令される日が来るかもしれない。今でこそ花粉情報なんてのが当たり前に天気予報で発表されてるけど、昔はそんなものなかったのだから(昭和62年が始まり)。
 そういえば最近、光化学スモッグ注意報ってなくなった。小学生の頃だったか、サイレンが鳴ると運動場で遊んでいても教室へ入らなくてはいけなかったような記憶がある。公害ということがそもそもあまり言われなくなった。日本の空も昔に比べたらきれいになっているのかもしれない。

 今日は黄砂でせっかくの花見を台無しにされてしまったという人もいたんじゃないだろうか。楽しいお弁当タイムも、黄砂入りのジャリジャリでは和気あいあいムードに水を差す。もうこれ以上飛んでくるなよ、と願うしかない。できることなら巨大な扇風機で中国に送り返したい気分だ。日本海側の人は、総出で巨大うちわであおぐとかして(無茶な注文)。
 いつか、黄砂問題と花粉症問題はなんらかの解決を見いだして欲しいと思う。春が何も思いわずらうことのない素敵な季節であるために。


関連記事ページ
コメント
非公開コメント

お早うございます

黄砂。。。

太陽が月のように見えると、その映像等も観ました。

本日も黄砂が多いみたいですねぇ。。。

影響など、その言いたい気持ち凄く分かります。





2006-04-09 10:10 | from †Tiara†

年に一度なら

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 黄砂はこのへんではかなり珍しいで、嬉しい気持ちがある反面、ちょっとやっかいでもあります。なんだか、家の中も砂っぽいような。(^^;
 しかし、よくも4,000キロも飛んでくるもんですね。海にも落ちず。
 太陽はホント、月のようにぼんやりしてました。
 とりあえず一回写真も撮ったんで、今シーズンはこれで終わりにして欲しいです(笑)。
 年に一回くらいなら風物詩としていいかもしれない。季節を知る手がかりとして。

2006-04-10 02:34 | from オオタ | Edit

黄砂

ここ二三日の黄砂は広範囲ですね、
しかし人体には影響がないのでしょうか、花粉症ならぬ砂粉症みたいなものに?
遠くから眺める桜の景観が落ちてしまいました。

2006-04-10 10:30 | from | Edit

そんな当たり年はいらない

★彦さん

 はじめまして、こんにちは。
 名古屋に住んでると黄砂って、ほとんど他人事だったんだけど、いざ自分のところがそうなってみると、こりゃたまらんって感じです。(^^;
 眺めも悪くなるし、なんだか街全体が砂っぽいし。(>_<)
 特に桜終盤の週末ってのは勘弁して欲しかったです。
 今日、明日の雨で落ち着くと思うけど、もう飛んできてくれるなー、と言いたい。
 でも、今年は当たり年なんだとか?

2006-04-11 04:05 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/210-58806919