大須観音の節分会に行って拾えた豆は一粒

イベント(Event)
大須節分会


 今日2月3日は節分。節分といえば豆まき。豆まきといえば……、どこでやってるんだろう?
 調べたら、けっこうあちこちでやっている。どこにしようか考えて、大須観音にした。
 愛知の尾張四観音と呼ばれる、笠寺観音荒子観音甚目寺観音龍泉寺でも毎年行われているようだ。豆まきイベントというのは参加したことがなくて、これまであまり興味もなかったので、よく知らなかった。テレビのニュースで力士や芸能人が豆をまいている姿を見るくらいだった。
 かつて名古屋城の守り神として東西南北4つの観音寺を建てたのが尾張四観音で、今年の恵方は南南東ということで、甚目寺が恵方観音だった。
 大須観音を加えて五観音としないのは、大須観音は自らを中心恵方としたからのようだ。うちは真ん中でちょっと別格といいたかったのかもしれない。
 今年になって突然行こうと思い立ったのは、ちょっとした個人的な理由もあり、一度豆まき風景の写真を撮りたいというのもあった。
 大須観音の境内に着いてみると、えらいことになっている。なんだこのお祭り騒ぎは。いや、お祭りには違いないのだけど、平日だし、まさかあんなに賑わっているとは思ってなかった。みなさん、すごい熱気だ。豆まきって、そんなに盛り上がるイベントだったのか。知らなかった。



大須観音豆まき

 特設壇上から豆をまいているのは、一般の人たちだ。特に資格が必要だとか選ばれた人々というわけではない。3,000円で豆を買うと、壇上から豆まきができるようになっている。
 上から殿様気分で豆をまく人と、まかれた豆に群がり争い奪い合う庶民たち。わずか3,000円でこの差はなんだ。掛川花鳥園でエサを買って鳥にあげて喜んでいたけど、このとき初めて花鳥園の鳥の気持ちが分かった気がした。鳥たちも、なんでもいいから早くエサよこせとか思ってるんだろうなきっと。
 金を払わずで豆をひろう側に甘んじるか、3,000円払って楽しむか、決めるのは自分だ。どうせなら、3,000円を10円玉に両替してばらまいた方が気分がよさそうだけど、豆まきはそういうことではない。



大須観音豆拾いの人々

 せっかくここまで来たからには豆の一粒でもひろって帰ろうと、もう少し前に出たものの、カメラ片手に飛んでくる豆をもう片方の手でキャッチするなんてのは至難の業で、結局一つも掴むことができずに退散することになった。そもそも最初から周りの迫力に負けてしまっていた。
 帽子とか紙袋とか、みなさんいろいろ持参していたけど、小さめの段ボールが一番よさそうに見えた。口が広いから入りやすいし安定感がある。行き帰りはたためばいい。本気で臨むなら、結婚式の引き出物が入っていた大きな紙袋とかを頭に縛り付けておくという手もある。



大須節分宝船行列

 大須観音節分会は、豆まきの他に節分宝船行列というのも行われる。七福神などが乗った宝船が商店街を練り歩く。
 ここでもまたすごい人だかりになっていた。



万松寺節分会

 違うところでも人が集まっていたので、とりあえずのぞいてみる。
 こちらでも七福神に扮した人たちが祈祷を受けていた。
 万松寺の裏手あたりだったと思うのだけど、これが万松寺だったのかどうか、よく分からなかった。



万松寺豆まき

 祈祷を終えた七福神たちが突然こちらを振り返り豆をまきはじめた。なんなんだこれはと戸惑いつつ、成り行き上参加する形になったてしまった。しかし、やっぱり素手で捕まえるのは無理だった。撮影と豆拾いは両立しないことを思い知る。
 豆まきが終わって人々が去ったあと、室内に落ちていた豆をひろってみた。これも福のかけらといえるだろうか。



大須宝船行列

 宝船行列も撮ってみる。ここでも人の波にもみくちゃになる。



大須宝船行列神輿

 先回りして宝船行列を待ち構えて撮った。七福神は乗っていなかったような気がする。
 還暦の会、古希の会、ミス観音、寺社総奉行が乗っているとあったから、時間帯によって顔ぶれが違っていたのかもしれない。



大須ミス観音

 ミス観音……じゃないと思う。



大須節分会

 このあと宝船行列は大須観音に入っていった。そこで行われる福の神による鬼追いの儀式というのが、節分会のクライマックスになるようだ。
 それを見ていくか、別のところへ移動するか迷って、移動する方を選んだ。豆がまだ一粒しか拾えていない状態で帰るわけにはいかなかった。
 夕方から城山八幡宮でも豆まきが行われるということで、そちらに参加することにした。お寺は私にとってちょっとアウェイ感がある。ホームはやはり神社だ。



成田山萬福院

 途中に成田山萬福院があった。ここでも豆まきがあることは知っていた。けど、時間がなかったので通過する。

 城山八幡宮編につづく。

【アクセス】
 ・地下鉄鶴舞線大須観音駅から徒歩約2分。
 ・駐車場 なし(有料あり)
 ・拝観時間 終日

 大須観音webサイト
 大須観音 節分会
 
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • JCT予習中
    2011/02/05 00:17
    こんばんは。
    節分の風景は平日昼間なので、こういう時に出かけられるオオタさんが
    うらやましいです。
    それにしても、たかが豆まきで拾う人がこんな状態とは…
    菓子撒きや餅撒きならわからなくもないんですが。

    JCTの予習で名古屋南JCTをアップしました。
    あまり撮るものが無い時期なので東名阪と名高速のJCTを偵察に行って来ます。
  • 豆まき健在
    2011/02/05 01:35
    >mihopapaさん

     こんにちは。
     平日の豆まきがあんなに盛り上がるものだとは知らなかったです。
     豆まきって、もうすたれた風習のように思っていたけど、場所によってはまだまだ健在なのでした。
     大須の商店街も正月くらい賑わってました。

     何かジャンクション見つかりましたか?
     高針は楽しみですね。
     超広角、買ってしまうだろうなぁ。そしたら撮りにいきましょう。
コメント投稿

トラックバック