ホントはいいヤツだったんだね、コウモリくん - 現身日和 【うつせみびより】

ホントはいいヤツだったんだね、コウモリくん

コウモリがヒラヒラ

FUJIFILM FinePix S1 Pro+NIKKOR 70-300mm (f4-5.6D), f6.7, 1/110s(絞り優先)


 春になって目覚めるのは花や北国の動物ばかりじゃない。コウモリも同じように冬眠から目覚めて空に戻ってくる。少し気が早いこいつは、まだ肌寒い日の夕方前に一匹でヒラヒラ飛び回っていた。
 おそらくアブラコウモリだろう。別名イエコウモリ。日本の街中で見かけるコウモリの大半は、このアブラコウモリだ。しかし、コウモリを侮ってはいけない。日本にいるのは一種類か、せいぜい2、3種類だと思っている人が多いと思うけど、実際には30種類以上もいる。私も最初は驚いた。そんなにもコウモリっているもんなんだ。暗がりの中を飛んでいて黒っぽい体をしてるから、一般人で種類まで見分けられる人は少ないと思うけど。
 世界には1000種類からいるそうだ。世界はコウモリだらけだったという衝撃の事実。世界のほ乳類が約4,000種類だから、その中の4分の1をコウモリが占めていることになる。
 そう、コウモリはほ乳類だ。赤ちゃんで生んで、母乳で子供を育てている。そして、唯一の空を飛べるほ乳類でもある。ムササビなんかもほ乳類だけど、あれは空を滑空してるだけで自分の意志では飛べない。
 そんな意外性の生き物コウモリについて今日は少し勉強してみよう。

 大きく分けると、大型コウモリと小型コウモリに分けられる。日本にいるのは小型のものだけで、例外的に小笠原諸島や琉球列島にのみ大型コウモリが生息している。あとは熱帯だ。こいつらはいろんな種類がいて、派手な格好をしたものや、動物の血を吸うものなど、バラエティーに富んでいる。
 一方小型のものはたいて地味な姿をしている。夜行性だから、その方が都合がいいのだろう。街にいるアブラコウモリはコウモリの中で例外的に人家やその近くに棲んでいる。他のものはだいたい山の木の洞や洞窟にいる。
 アブラコウモリの体長は5センチ前後。翼を広げると20センチくらいになるから、飛んでいるときは大きく見えるけど実際はとても小さい。体重も5gくらいしかない。1円玉5枚分だ。
 翼に羽はない。鳥とは根本的に作りが違っている。まず、翼は腕と足に付いているように見えて全然違う。細い指が伸びていて、その間に膜が張ったようになっている。水かきがびよ~んと伸びたようなものだ。5本指の間に張った膜が後ろ足につながって、更にシッポにまでつながる。親指だけ翼からちょろっと出ていて、これをどこかに引っかけてぶら下がったりすることもできる。
 とにかく飛ぶことに特化した体なので、立ち上がったり、歩いたりすることはできない。道ばたをコウモリがヒョコヒョコ歩いていたなんて光景を見たことがある人はいないはずだ。何らかの理由で地面に降りてしまった場合は、這うことになる。立ち上がれないから寝るときも立って寝ることができず、足でぶら下がった格好で寝ることになる。これがコウモリにとっては一番楽な姿勢だからだ。

 活動はもっぱら夜。夕方くらいになると起き出してきて、メシを探して飛び回る。コウモリは虫を食べて生きている。これも知らないと意外に思うかもしれない。外国のものはそれぞれいろんなものを食べているようだけど、日本にいるのは虫専門だ。主に蚊とかハエとかを食べる。実はコウモリは不気味に思われがちだけど、ツバメ同様益鳥なのだ。昼間担当のツバメはあんなにも愛されているのに、夜担当のコウモリが報われないのはなんとも気の毒な話だ。やはり見た目が大事ということか。でも、人間にとって悪いことは何もしない。蚊やハエを捕ってくれるありがたい鳥としてもっと大事にされてもいい。カラスなんかとはまったく違う。
 とても大食いで、蚊なら一日500匹は食べる。ということは、もしコウモリがいなくなったら蚊の数がものすごいことになるだろう。コウモリ様々といえよう。蚊が大の苦手な私は特に、コウモリには感謝しなくてはならない。
 よく知られているように超音波を出してぶつからずに飛んだり虫を捕まえたりしている。たくさんの群れの中でも自分の子供を見分けられるのは、超音波で意志を疎通させているからだと言われている。目はあまりよくはないけど、明るいうちはそれなりに見えているようだ。
 3月下旬、冬眠から目覚めたアブラコウモリは、6月の終わりくらいに2~3匹の子供を産む。たいていのコウモリは一回に1匹なのにアブラコウモリは多い。子供の生き残る確率が低いからというのもあるだろう。
 最低気温が10度くらいになる11月になると、民家の屋根裏や木の洞、都会ではビルの隙間などで冬眠に入る。15度を超える春になると目覚める。
 寿命はオスで2~3年、メスで5年くらい。けっこうはかない。

 これを読んで、少しはコウモリについて好きになってもらえただろうか。なかなかどころかすごくいいやつなので、私からもコウモリくんたちをよろしくとお願いしたい。
 現在、コウモリは世界のあらゆる場所で生きている。いないのは南極と北極だけと言われているほどだ。日本のように特に意味もなく不吉がられているところもあるだろうし、普通の扱いを受けているところもあるだろう。中国では、蝙蝠の読みが幸福(紅蝠)と同じということで、幸せをもたらす縁起のいい生き物として大切に扱われているそうだ。日本も昔はそうだったらしい。どうも、西洋の吸血鬼なんかとイメージがごっちゃになってしまっているのだろう。実際は、人間を積極的に襲って血を吸うようなコウモリは世界にもいない。
 発見された化石から、コウモリは他のほ乳類と同じく今から5,000万年前くらいには今のような姿に進化していたと言われる。それから今までずっと、虫を食い続けてきた(それだけじゃないけど)。人類にとっては農作物を荒らす虫を食べてくれる生き物として昔から役に立ってきた。触れ合う機会はハトやカラスなんかと比べて圧倒的に少ないけど、身近な隣人として感謝すべき存在と言えるだろう。
 今後はコウモリを見たら、いつもごくろうさん、ありがとう、とひと声かけることにしよう。ただし、あくまでも心の中でだ。口に出して言っているところを人に見られたら、こいつコウモリと会話できるのかよ! と危ない人に思われる恐れがあるから。


関連記事ページ
コメント
非公開コメント

こんにちは♪

蝙蝠さんって、童話等でも悪者扱いされている存在ですが、意外と可愛い顔をしていると私は思っております^^

どういう生き物も意味して存在しているのだと、つくづく感じております。

2006-04-07 11:01 | from †Tiara†

リンク感謝♪

リンクを貼ってくださったのですね☆ありがとうございます★
最近もうひとつブログを増やしてしまい、HPの手直しもしていて
ごぶさたしてしまいました。
学生の頃、帰り道のとなりに墓地があって、見上げるとよく
コウモリが飛んでいました。くるくると不思議な飛び方をしますよね。
目立たないけれど、意外にたくさん存在していて、役に立っていて。。
ここに来ると、とても勉強になります~

2006-04-07 17:25 | from 水蓮 | Edit

いつだったか部屋の中に飛び込んできて眩しかったのかメチャクチャに飛び回られた事があります・・・こうもり君
おとなしく壁にはりついたところを捕まえて。。。食ったヾ(ーー )ォィ じゃなくて逃がしてあげましたけど。
小さくてなんかプルプル震えてて骨骨って感じだったなぁ。
結構沢山夕方に飛び回ってますよね。

2006-04-07 21:56 | from spiny

あえて使いたいコウモリ傘

★†Tiara†さん

 こんにちは。
 蝙蝠って漢字で書くと、蝙蝠傘を思い出します。
 最近、言わなくなりましたね。(^^;
 ねえ、今日、コウモリ傘持ってきた? なんて会話も聞きません(笑)。
 そもそも黒の折りたたみ傘とか持ってる人もあまりいないですしね。
 でも、だからこそ、今あえて使って欲しいぞ、女子高生とかに。

 無駄に生きてる生き物ってたぶんいないし、もしいたとしてもそれは地球の余裕を感じさせるという意味で素敵なことだと思うなぁ。

2006-04-08 02:53 | from オオタ | Edit

コウモリを部屋に放し飼いしたい

★水蓮さん

 こんにちは。
 リンクのこと、報告しに行くのを忘れてました。はは。と笑って誤魔化す。(^^;
 こちらこそ、どうもありがとうございました。よろしくお願いします。(^^)

 新しいブログやHPも順調ですか?
 私もHPはあるんだけど、最近はほとんどブログだけの更新となってます。(^^;

 コウモリは身近にいるわりには接点がほとんどないから、意外と疎遠だったりするんですよね。
 ただ、一軒家に住んでる人だと、屋根裏とかで見たことがあるっていう人もいるのかな?
 コウモリが一晩で100匹も虫を食べてるとは知りませんでした。そんなに役に立っていたなんて。
 今度からはコウモリを見たら、私の血を吸おうと狙ってる蚊をやっつけてくださいとお願いしなくちゃ。夏は好きだけど、蚊だけが苦手なのです。

2006-04-08 02:58 | from オオタ | Edit

アイにコウモリを

★spinyさん

 こんにちは。
 コウモリ、知らない間にぐっと増えてましたね。今日夕方、川沿いの桜を見に行ってたら、たくさん飛んでました。ヒラヒラと。
 これまではちょっと避けたい気持ちがあったんだけど、よく知ってからは親しみがわきましたよ。なんなら、肩にとまらせてあげてもいいくらいです(笑)。
 肩にコウモリを乗せた男が電車に乗ってきたら笑いますね。いや、みんな逃げるかな?

 spinyさんちにコウモリが乱入したことがあったんですか。それはうらやましい(笑)。
 私のところにも飛び込んでくれないから。そしたらじっくり写真が撮れるのに。
 たぶん、近くで見たらネズミっぽいんじゃないかと思うんだけど、どうだろう。
 アイもさすがにコウモリは捕まえられないだろうなぁ。

2006-04-08 03:04 | from オオタ | Edit

オオタ様

 オオタ様

こうもり、、一時(夏)家の桜の木と、黒木という沖縄によくある木に
毎日のように来ました。それも、いつも同じごろの時間に。

甥っ子と、手の届く所の桜の枝に止まるのです。
電灯で照らすとまぶしそうにして
体を動かして枝の後ろに隠れます。

毎日、甥っ子の夏休みに
一緒に観察するのが好きでした。
最初、発見した時は
もう、手の届く所にいるので
とてもとても興奮しました!!顔が見えるのです。
野性なのに!

いつも、最初は、夜中3時ごろに
ばたばた!と、鳥だとずっと思っていたんですけど
ずいぶん大きな鳥だと思っていたら

9時ごろ、同じ音がして、ばたばたと羽の音
それが、こうもりだったと知ったのです。
それからは、その音がすると、外に出て。

甥っ子も、私も、こうもりが大好きになりました。
顔も見えるくらいの距離にいつもいるのです。
静かにしてると、こうもりって、意外と、いろいろ動くんです。

今は、もう来ない。夏になったら、また戻ってくるかな~!

だから、オオタ様が、このこうもりの記事を書いてくれて
とても嬉しかった!!!オオタ様、ありがとう!!

また、あのこうもりさん達に会いたい。
いつも、2匹一緒でした。

 

2006-04-09 00:38 | from ルナレインボー | Edit

なかなか触れ合えないコウモリさん

★ルナレインボーさん

 こんにちは。
 コウモリとの心温まるストーリーありがとうございます。(^^)
 沖縄だから、こっちにいるアブラコウモリとは別の種類なんでしょうね。
 かなり大きかったみたいだから、大型のコウモリかな。堂々とした態度といい、かなりの大物と見ました。
 手が触れられるくらい近くで、顔も見られたとは、いいですねー。私も見たい。
 やっぱりぶら下がってましたか?

 コウモリって、扱いが微妙というか、野鳥のようでほ乳類なんですよね。でも、野生動物として、とったり飼ったりしたら法律違反になってしまう。(^^;
 野鳥ブログではコウモリはめったに登場しないし(笑)。
 そもそも野鳥じゃないから。
 私もまたコウモリ撮ってみますね。顔も撮ってみたいな。どんな顔してるのか。
 ルナレインボーさんのところにもまだ戻ってきてくれるといいですね。そのときはぜひブログで紹介してくださいね。夏の楽しみがひとつ増えました。(^^)

2006-04-09 03:06 | from オオタ | Edit

コウモリの育てかた

こんばんは↑ヽ(*^ひ^*)ノ
突然ですがコウモリのことで質問しにきましたぁ↑↑
すみませんが迷惑じゃなかったら教えてください_(._.)_ってことで→ひょんなことで弱って小さいコウモリを3匹飼うことになりましたぁ♪でも飼い方がまったくわからなくて飼い方を教えてくれませんかぁ??(×п×`)ゞ

2006-07-20 20:54 | from (`∀´)

未知の生き物

★(`∀´) さん

 こんにちは。
 コウモリを飼うことになってしまったんですか。それは大変です。(^^;
 野鳥だから基本的に飼うのはまずいらしんだけど、来てしまったものはなんとか育てたいところですよね。
 ただ、私も拾ったハトを巣立ちさせたことはあるけど、コウモリはさすがに飼ったことがないのでよく分かりません。(^^;
 子供だと犬用か猫用のミルクをあげるらしいんだけど、大人だとやっぱり生き餌でしょうか。野生では蚊とかハエとか食べてるらしいからそのあたりか、コオロギみたいな虫類か。
 最初に餌付けするのが一番難しいところですね。
 犬猫用の缶詰はダメらしいんですよ。スンクスとかいう動物用の缶詰がいいというんだけど、そんなものはそのへんのホームセンターでは売ってないですもんね。
 とりあえず、動物病院に相談してみるのがよさそうです。もしくはペットショップか。
 なんとか育つといいですね。役に立てずに申し訳ないです。(>_<)
 頑張ってくださいー。(^^)

2006-07-21 03:16 | from オオタ | Edit

トラックバック

https://utusemibiyori.com/tb.php/208-98542f12